008
今週は物語コーポレーション様の「FCプロフェッショナルセミナー」でした。物語さんの最大FC企業に「紳士服の青山」さんがあります。
関連会社のグローブという会社ですが、焼肉きんぐとゆず庵で40店舗展開しています。なんと80億になって来ました。利益も約5億円です。
素晴らしいですね!!(上場できる売上と利益です)

今回のセミナーでは、「売上向上のKPIマネジメント」と「SWOT分析」を学んでいただきました。
そのグローブのある店長の挨拶で「グローブは田中先生の影響力が大きい会社です。田中先生のセミナーや本を読みブログを見て勉強しています。今日も新しい知識と情報が増え大変刺激になりました」と嬉しいコメントを言っていただき、古市社長からは「いつも新しい考え方や店長のマネジメント手法を田中先生から学んでいますが、先生の考え方の基本は一貫として変わっていません」とお話していただきました。
ありがとうございます!!
131cc1b6[1]
今回のセミナーの資料を少し紹介します。

もう一度行きたい店のデータ(優先順位)です。

1・料理やドリンクに店のこだわりを感じた
2・飲食代金が想定内の金額で済んだ
3・店内やトイレが清潔だった
4・利用する相手との会話が盛り上がりそうな店だから
5・料理の見た目にインパクトがあった
6・おしぼり交換など接客が行き届いていた

a0155983_1628[1]
7・次回来店時の割引券がプレゼントされた
8・スタッフと仲良くなれそうな気がした
9・記念日を祝うのに協力してくれる店だから
10・誰かを連れていくと割引やサービスが受けられる店
12・記念品をプレゼントされたから

P1[1]
13・店で開催するイベントが楽しそうだった
14・来店へのお礼状が届いたから
15・店のブログやフェイスブックをよく見ているから


再来店のヒントがたくさんありますね。特に看板メニューのインパクトが必要ですが、繁盛店の看板メニューは一品で商品構成20%以上あることが重要です。
上位5品目で商品シェア40%以上の看板メニューが揃っていると、コンセプトが明確な店になりますね。