m12803090469_1[1]
休日は、明日からの店長セミナーの準備を午前中にして、午後はスポーツジムで汗を流し、その後スタバで読書。
夜は、録画したカンブリア宮殿やプロフェショナルやWOWOWの社会派ドラマを観ました。休日をいかに充実させることができるか、重要ですね。^^

この「管理職になったら読む本」の中に、人の成長を促す経験の大切さの章がありました。
「あなたの管理職としてのキャリアを振り返って、管理職としてのあなたの能力を変化させた出来事やエピソードを少なくとも3つ思い起こしてください。そのときにどんなことが起こりましたか。またそれを通して、何を学びましたか?」
13cfaabbd296f40434bbe17164747044_s[1]
私の場合は何が私を成長させたか?考えてみました。たくさんありますが。
1・20代前半で店長になった経験(初めて人を管理する)
2・シズラーステーキハウス日本上陸1号店の店長・SVの経験(ゼロからの経験)
3.不振店対策(25店舗)プロジェクトチームリーダー(赤字店対策)
4・ラインからスタッフへの移動(仕組みづくり)
4・営業本部長(120店舗)としても経験(管理する店舗・視野の変化)
5・25年間のコンサル経験
achieve-1822503_1280-thumbnail2[1]
新しい仕事や新しいことにチャレンジすることで人は成長すると思います。この本の中の「リーダーシップを磨くために必要な11視点」を紹介します。


1・自分の役割を考える
2・目標を設定する
3・キャリア的視点からリーダーシップを磨く
4・コミュニケーション能力を磨く
5・専門能力を磨く
263eb489029308a7b1a8c9002119f7b1[1]
6・よき仕事経験を積み上げる
7・人的ネットワークを構築する
8・よき行動は習慣化する
9・自分を知る
10・人間力を磨く


一つひとつの項目が、互いに関連し合いながら、リーダーとして成長することの「肥料」になります。
リーダーは自分で自分に肥料を与えることが大切ですね。