-e1513503129531[1]
「医者が教える食事術」がベストセラーになっています。
仕事柄、セミナー講師(人材育成)をしていますので疲れてマッサージ(週2回)を受けることが多いのですが、施術師さんから綺麗な肌をしていますね、とよく言われます。(年齢のわりにはですが)笑 

そんな時、「朝はヨーグルトにアサイー、ハチミツ、果物をたっぷり入れて20年以上食べています」「オリーブオイルやナッツもよく食べます」と答えています。^^
「医者が教える食事術」に体に良い食べ物が紹介されていましたので掲載します。
11211814_5bf521fd3ebab[1]
1・オリーブオイル・・・・パンやパスタなどの糖質にオリーブオイルを加えることで、血糖値の上昇を抑えられる。

2・ナッツ・・・・ビタミン、ミネラル、食物繊維など体にいい成分が詰まっています。

3・ワイン・・・・ポリフェノールたっぷりの赤ワインは、強い抗酸化作用を持っています。(老化防止・長寿に効果あり)
4・チョコレート・・・・カカオ70%以上ならポリフェノール満載!
2203_1[1]
5・大豆・・・・大豆は完ぺきな食べ物。豆腐、納豆です。

6・チーズ・・・・良質のたんぱく質。牛乳より良い。

7・ブルーベリー・・・・疲れ目、視力回復効果、老化防止

8・コーヒー・・・・挽きたてのブラックなら十分な健康食品

9・酢・・・・血糖値を下げ、疲労回復に役立つ万能食材

10・生もの・・・・魚や野菜は熱を加えず、できるだけ生で食べる。

bluebe01-s[1]
その他に、ヨーグルト、果物、良質のバター、豆乳、天然酵母のパン、卵などです。
また朝、昼、夜の食事配分は「3:5:2」が理想とありました。
ちょっと難しいですが、意識したいと思います。