f53b1a72[1]
今日のカフェチェーンの店長セミナーで、スタッフとの人間関係で悩む店長から「自分のことをもっと分かってもらえるには、どうしたらよいでしょうか?」と質問がありました。

人間関係の質問はやはり多いですね。コミュニケーションは、ビジネス人生において、もっとも重要なスキルだと思います。
相手に自分を分かってもらえるかどうかは、あなたの日頃の行い次第ですね。店長自身が模範になっているかどうか?店長の人格から自然と流れ出てくるものです。
c461f003[1]
7つの習慣に「信頼口座」という章があります。数年前のブログでも掲載しましたが、もう一度紹介します。
「たとえば私があなたに対して礼儀正しく接し、親切にし、いつも約束を守れば信頼口座の残高が増える。残高が多くなるほど、あなたは私を信頼してくれるから、私は必要な時にいつでも、あなたの信頼を頼ることができる。
a9e17e6a[1]
何か失敗をしても、私に対するあなたの信頼レベルが高ければ、つまり信頼残高が高ければ、それを引き出して補うことができる。
私の言葉に足らないところがあっても、あなたは私の言いたいことを察してくれるだろう。
たった一言で仲たがいする心配はない。信頼口座の貯えが多ければ多いほど、コミュニケーションは簡単に、すぐに効果的になる。
011919dd[1]
しかし、私があなたに日頃から無礼をはたらいたり、見下したり、あなたの話の途中で口を挟んだり、否定したり、無視したり、気まぐれな態度をとったり、あなたの信頼を裏切ったり、おどしたり、あなたを私の意のままにしようとしたりすれば、信頼のレベルは下がる一方であり、そのうち私の信頼口座は残高不足になってしまう。
そしてあなたとの関係は融通がきかなくなる。」

いかがでしょうか?
あなたはスタッフに対する信頼残高を増やす努力をしているでしょうか?