77086f12-s[1]
マルチFC企業(他業態)の店長セミナーでした。
4種の人材の講義はよく話しますが、もう一度紹介します。
会社には、スキルとマインドの高低により、大きく分けて「人財・人材・人在・人罪」の4種の「人ザイ」がいます。

人財・・・・・仕事のスキルも優れており、会社の理念も十分理解しているプロのビジネスパーソンです。この中の5%はとりわけ有能で、人間力も高く、成長力もあり、会社への貢献度がずば抜けているプロ中のプロです。彼らをトップ5%の人財と呼びます。
76c62cf4-s[1]
人材・・・・・スキルはそれほど高くないですが、会社の理念をしっかり理解している社員です。志の高い社員に比較的多く、スキルや人間力がもっと磨かれれば、人財へと成長し会社に大いに貢献できる可能性を秘めています。

人在・・・・・スキルは高いけれども、会社の理念に対する理解度は低く、自己成長へのモチベーションが低い人です。勤続年数も長いため仕事はできますが、愛社精神が希薄なので会社への貢献度が低く、給料の高い会社であれば転職も厭いません。
0b8a442a-s[1]
人罪・・・・・スキルもマインドも成長意欲もなく、会社への貢献度がゼロの人です。いわゆる「赤字社員」「給料泥棒」で会社にいること自体が「罪」になります。^^
どこの会社も勤まらないので、転職を繰り返す傾向にあります。

このブログを読まれている店長・管理職の方は、どの「人ザイ」でしょうか?私のブログを読まれているということは、勉強熱心な人材以上の店長だと思います。^^
89536eea-s[1]
どのポジションにいても、志を持ち、スキルとマインドを磨いて成長すれば、「トップ5%の人財」になることが可能です。

トップ5%の人財になれば、見える景色が格段に違ってくると思います。
(仕事の教科書 参考加筆)