image0 (1)
鶏笑(浦和本店)の実力店長の取材をして、原稿が出来上がりましたので少し紹介します。

鶏笑は、株式会社NIS(名越清幸 代表)が経営するテイクアウトのからあげ専門店で、現在250店舗。週に2〜3店舗のペースで全国にオープンしている、注目の急成長チェーンだ。

コロナ禍でも売上好調、3つの要因

1.圧倒的な商品力
 2017年に日本唐揚協会主宰の「からあげグランプリ」で最高金賞を獲得していることからもわかるように、鶏笑には卓越した商品力がある。

index_menu02_pic
国産‥‥国産若鶏を100%使用。
熱冷‥‥熱々はもちろん冷ましてもジューシーな旨味。
タレ‥‥秘伝のタレは中津のこだわり長時間熟成。
せ殘‥‥良質な鶏肉の旨味を引き出す絶妙なにんにく量。
この4つが、鶏笑が自信を持って提供するからあげのこだわりだ。

image2
2.リピーター増加
 コロナ前の売上は月商250万円ほどだったが、コロナ禍以降はテイクアウト需要が増え、300万円に伸長した。客層は、昼はビジネスマンが多く、夕方は主婦層やファミリー客がメインとなる。ランチは鶏笑弁当(チキン南蛮・ムネ・モモ)が売上の3割近くを占め、リピーターが増え続けている。

3.元気な接客とスピーディな提供
 昼は主婦のスタッフが多く、明るく元気な接客で常連客に喜ばれている。からあげは注文が入ってから揚げるが、5分〜10分程度で提供できる。
 最近、骨なしモモをご注文のお客様に骨なしムネ1個のサービス券を出して食べていただいた。とてもおいしかったとのことで、そのお客様はムネのファンになったという。鶏笑の骨なしムネは一番人気なのだ!

スタッフの定着率が高い理由

image1 (1)
 鶏笑浦和本店はオープンして4年になるが、スタッフの定着率は90%以上だ。学生の卒業以外で辞める人はいない。つまり、基本的に誰も辞めないということだ。その理由として、森本店長は次の3つを挙げた。
,らあげ専門店なので、オペレーションがシンプル
■弌殖舛匹Δ恵腓良く、チームワーク抜群
E皇垢関西人で冗談が多く、笑いが絶えない
 アルバイト離職者に就業期間を尋ねたある調査によると、22%(5人に1人)が入社1ヶ月未満に離職し、55%(2人に1人)が半年以内に辞めている。この調査結果と比較すると素晴らしい定着率だと言える。
 私の実務時代の話だが、定着率の高い店には次のような共通点があった。

shop_img001
<定着率が高い店の共通点>
●店全体の空気が良い
●人間関係が良好でチームワークが良い
●新人スタッフの教育係がいる
●スタッフ中心のミーティングが定期的に行われている
●月に1回程度、面談の機会がある
●スタッフを表彰する制度がある
●店長がスタッフを認めている(ほめる、励ます)
●店長自らプライベートな話をする
 プライベートな話は、スタッフと店長との心の距離感を縮めてくれる。スタッフに寄り添うための重要なポイントだ。あなたの店のスタッフの定着率はいかがだろうか? もし定着率が低い場合、上記の項目をいくつ満たせているだろうか?