c1d03459
今日の焼肉チェーンの店長セミナーで、「お迎え3歩、見送り7歩」の話をしました。

小宮コンサルタンツの秘書の井出元子さんが、以下のように解説しています。
お客さまをお迎えするときは、三歩前に進み出て中に招き入れ、お見送りするときは、七歩外に出てお送りする。お客さまを思う気持ちを表した言葉だそうです。
この言葉、お迎えよりお見送りの方が、四歩多いですよね。

Fotolia_33750403_XS
お迎えは、「ようこそお越しくださいました」という歓迎、感謝の気持ちを込めて。そしてお見送りの時は、いらしていただいたことへの感謝と、お客さまのお帰りの無事を願って。

「今日は楽しかったです」「またお会いしたいですね」そんな気持ちも含まれて、お迎えより四歩多くなるのでしょうか。人との出会いとともに、お別れの瞬間がとても大切だということも、この言葉は教えてくれます。

ご来社のお客さまをどこまでお見送りされるかは、会社によって決まっているかと思います。オフィスの玄関まで、オフィスフロアのエレベーター前まで、ビルの前まで、等々。お客さまの背中が見えなくなるまでお見送りすることができないとしても、「見送り七歩」の気持ちをどのように込めたらよいのか。

-1-e1549504114156
来て下さった事への感謝の言葉をかけ、お辞儀をし、名残を惜しむ気持ちで、お帰りの無事を祈ってお見送りする。すべてがお別れをする瞬間に凝縮しています。

この言葉は、以前ある方に教えていただきました。アポイントの途中で降りだした雨の中、お帰りになるこの方に傘をお貸しした時、「“出迎え三歩 見送り七歩”の心はこれですね」と教えていただきました。

お帰りのご無事を思えば、傘のことやお忘れ物を気にかけることもできますし、遠路いらして地理に不慣れなお客さまに、次のご用事の場所や、電車の乗換をご案内することもできます。お帰りの飛行機の時間をお訊ねして、帰路をお調べしてお渡ししたこともあります。

cd00bc38
来客対応が続く日など、つい「はい、次」という気持ちになることもありますよね。お辞儀しながら、次の段取りを考えたり、早く応接室を片付けなければと焦ったり。

でも、そんな気持ちは伝わりますよね。自分が帰るのを待っていたかのような空気、挨拶を済ませた途端、ドアがバタンと閉まったり、ふと振り返ったらサッサといなくなってしまっていたら、せっかく気持ちよく終えた訪問の後味が、いっきに冷ややかなものに変わってしまいます。

お見送りは終わりではなく、次にまた来ていただける始まり。また来たいと思っていただけるよう、心を見送り七歩で伝えたいものです。