2016年08月

人生に遅すぎることはない!(カーネル・サンダース)

d0140745_18271742[1]
今日の居酒屋チェーンの店長セミナーで、「人生に遅すぎることはない!」の話をKFCのカーネル・サンダースの人生を例に解説しました。
数年前のブログにも紹介しましたが、新しい情報も追加しています。

「人生は遅いことはあっても、遅すぎることはない」

ケンタッキー・フライドチキンのカーネル・サンダースは、父が6歳で亡くなり、母が工場で働きながら3人の子どもを育てました。家計を支えるため、サンダースは10歳から農場に働きに出て、14歳で学校を辞めています。最終学歴は、小学校卒(6年修了)です。

15歳で母の再婚相手に暴力を振るわれ、家出して年齢をごまかし軍隊に入ります。一兵卒として海軍に所属しますが、1年で除隊します。その後、農場勤務、市電車掌、判事助手、保険外交員・・・と40種類以上の職業を経験しました。
KFC_signs_-_Old_and_New[1]
30代後半に、知人の石油会社の支配人の薦めで初起業!
タイヤのセールスマン時代に出会った石油会社の人の縁で、「自分の将来は自分で決めよう」という思いから、ガソリンスタンドの経営者になりました。

そして6席ながらガソリンスタンドの一角に「サンダース・カフェ」も開業、カーネルは、ガソリンスタンドの支配人、調理係、レジ係の全てを担当したそうです。後に州の料理への貢献が認められ、ケンタッキー知事から「ケンタッキー・カーネル」の名誉称号を授かりました。この時で既にカーネルは45歳です。
jpg_megavina_F7xHnFZK[1]
息子の死、ガソリンスタンドの倒産、火災等、幾つもの災難がありました。
その頃に完成したのが、現在も世界中の店舗で秘伝となっている11種類のスパイスのオリジナル・レシピです。しかし、負債が多く店舗経営から一度身を引きます。一文無しになったカーネルは既に65歳。

そうは言いながらフライドチキンの技術で直ぐに這い上がります。車で各地を回りFCを募集して復活します!70歳になりフライドチキンのノウハウを車1台で全米中(1000店舗)を走り回り、レストランの厨房などで実演し、FC契約を結ぶ営業活動の旅に出ます。これが大成功!
YUMB_00_KFC_large[1]
チキン1本にいくらというFC契約を結び、73歳の時には600店舗を抱える大企業になりました。素晴らしい大器晩成です。90歳で亡くなるまでに、全世界に6000店舗のKFCが出来上がりました。

人はやりたいことがあっても、なぜか一歩が踏み出せません。そのことに「自分はダメだ」と思う人もいるでしょうが、私はこう思います。
kfc-saketenpo[1]
「一歩踏み出せないのは、今の自分に必要ないからです。本当に必要になったら自然に足が動きます。やりたくなったときが必要なときなのです」どうしても、やりたいことがあれば、そしてそれにあなた自身がやる価値があると思えば、はじめるのに遅すぎることはないですね。

カーネルサンダースは、65歳からKFCを立ち上げたのですから、定年退職してからでも遅くないということです。^^
将来の夢のために考え方に少しだけ工夫を加えて、今からでも準備を始めることですね。

人と人をつなぐ行事(実力店長取材)

IMG_1364
実力店長の取材に、名古屋では誰もが知っている「やぶ屋グループ」の今池本店に行って来ました。今池本店の原稿(強み)を少し紹介します。

「やぶ屋今池本店は、やぶやグループ(横瀬武夫代表)が経営する七輪焼肉が名物の居酒屋。
グループ全体で16店舗を展開している。人材育成に力を注いでいる企業でもあり、『失敗を恐れて何もしない者より、たとえ失敗しても行動した者を評価する』ことを大切にしている。(いいですね!)

チームワークと一体感
IMG_1371
今池本店における従業員のコミュニケーション量はかなり多い。店長からスタッフへの声がけが多い上、グループLINEも有効活用。例えば新人がLINEで自己紹介すると、すぐに全スタッフから『よろしくお願いします』と返信がある。

シフトスケジュールを店長が送信すれば、やはり全員から1時間以内に『ありがとうございます』の返信。こまめなやりとりが一体感を高め、チームワーク向上へとつながっていくのだ。

定着率の高さ=店長の「感謝力」

学生アルバイトの定着率がほぼ100%という今池本店。
驚異的な数字の理由は何だろう。徳峰店長の答えは次の通り。
‥皇垢らのコミュニケーションが多い(声掛け3倍)
店長からの「ありがとう」が多い(全スタッフへの感謝)
お客様から「ありがとう」と言われる接客(新人教育)
s_0011[1] 
は、お客様に喜ばれ、また来ていただくための接客教育だ。笑顔で気配り・心配りに満ちたサービスをすれば、必ずお客様に喜ばれる。喜ばれれば仕事がますます楽しくなり、仕事のすばらしさが実感できるようにな
る。

その頑張りに対し、いつも店長から「ありがとう」と感謝されて、スタッフは『この店のため、この店長のためにもっと頑張ろう』と思う。こうして定着率が高まっていくのだ。

人と人をつなぐ行事

この店では、食事会や誕生日会を毎月実施している。誕生日会では全員から小額ずつ集めて本人にプレゼントを贈る。もらった人は次の誕生日会の幹事を担当。次の人とコミュニケートしながら、喜んでもらえるプレゼントを考える。新人にとっても人間関係を築く場となる。
IMG_1367 
またやぶやグループでは毎年、海外旅行を実施している。本人負担50%だが、アルバイトも積み立てをして参加する。旅行先での食費は全て会社負担なので、個人出費は少ない。

この店も学生アルバイト6人がグアム旅行に参加した。学生が仕事を通して、初めて海外旅行を経験する人も少なくないという。さすが義理と人情を大切にする会社だけあって、あったかさに満ちている。」

この原稿は飲食店経営10月号(9月20日発売)に掲載されます。

感謝には2つの感謝がある(1秒で気がきく人)

_SX344_BO1,204,203,200_[1]
ヒューマンマネジメントのセミナー準備のために、元客室乗務員でマナー講師の松澤萬紀さんのベストセラー「1秒で気がきく人がうまくいく」を読みました。今月のおすすめ本です。★★★★

その中の「感謝には2つの感謝がある」に、私も思い当たることがあったので紹介します。
それは「結果の感謝」と「過程に感謝」です。松澤さんがお酒をプレセントしたとき、「これは珍しいお酒だね。ありがとう」とお礼を言われるのが、「お酒に対するありがとう」の結果に感謝です。
o133420001298301945569[1]
ほとんどの人は、この感謝ですが、一人だけ「ありがとう」のあとに、「松澤さん、このお酒のビンは、持って帰ってくるの重かったでしょう」と言われたのです。
松澤さんは本当に重かったので、救われた気がしたようです。

この方は、買って持ってきてくれた「過程」の大変さを想像して、共感し、ねぎらいの言葉をかけてくださったのです。
多くの人が、「結果」のみ、「ありがとう」を言います。でも、その結果に至るまでの「過程」にも感謝を向けることが出来れば、もっと広く、もっと深く、もっとあたたかく、相手の心を豊かにできる気がしますね。

これを「過程の感謝」+「結果の感謝」=「本物の感謝」と松澤さんは言います。
_SX348_BO1,204,203,200_[1]
松澤さんの研修の後、「忙しい時期に、こんな研修を開かないでください。人事部の皆さんも、もう少し時期を考えてください」と書かれた人もいたようです。 (人間性の差・・・・ですね。)

私の店長セミナーでも、「素晴らしい研修ありがとうございました」や「大変勉強になりました。たくさんの成功事例を店舗で使わせていただきます」と感想レポートに書かれます。

極めて少ないですが、結果の感謝のほかに、
「たくさんの準備をされたと思います」
「このようなセミナーを田中さんに依頼された社長に感謝します」
「名古屋から遠いところ私たちのために、暑い中ありがとうございました」
「これまでの田中先生の経験、どれだけの取材や多くの勉強をされたことか、本当にありがとうございました」と、感謝される店長さんがいらっしゃいます。
150120_0127_ana-640-200x300[1]
これが「過程の感謝」ですね。私もとても嬉しく感じます。ここまで言える人は1〜2%の店長さんです。
このEQの高さに私自身が勉強になるぐらいです。

感謝の気持ちを伝える前に、「その結果に至るまでの過程」を想像するクセがある人は、素晴らしいですね。
「過程の感謝」と「結果の感謝」の2つの感謝が「本物の感謝」。
松澤先生、ありがとうございました!!







店長が従業員を愛することが一番大切!

IMG_0011
パステルイタリアーナの名古屋の店長セミナーでした。月曜日は東京のパステルさんの店長セミナーでしたが、台風の影響で大雨でした。
セミナーが終了して帰ろうとした時、私の窓口の教育担当の方が、真っ白いタオルをさしだして「先生、雨で大変ですから、これを使ってください」とやさしく手渡してくださいました。

さすが教育担当の社員さんです。素晴らしいホスピタリティに感動してしまいました。
ありがとうございました。
IMG_0025
さて、今日はサービスとホスピタリティの違いについて、解説しました。
「サービスとは、万人に均一に施されるもの、ホスピタリティとは、個々のお客様のニーズに合わせて対応を変化させるものである」ですね。

ザ・ウインザーホテル洞爺の窪山哲雄社長(伝説のホテルマン)は、サービス哲学という本の中で、ホスピタリティをこのように語っています。
IMG_0058
「従業員がトップと同じ高い志を持ってお客様に接するためには、何が必要であるだろうか?それは企業(店長)が、従業員を愛するということである。愛された人間は必ず人を愛する。これは従業員も同じで、企業(店長)に愛された従業員は必ずお客様を愛するようになる。

企業(店長)が発した従業員への愛はすべてお客様への愛へと向かうのである。
これがホスピタリティ業における鉄則である。きれいごとを言っているのでない。企業(店長)がどのくらい従業員に愛情を注いでいるのかが、鏡のように映し出されるのがホスピタリティ業なのである」
いい言葉ですね。

店長のパート・アルバイトさんへの深い愛情でチームワークが醸成され、結果として優れたサービスが出来るのです。
yjimageUBTABC9B
世界の山ちゃんの山本会長が亡くなられました。このブログでも何度も紹介させていただきました。私の携帯のLINEに、山ちゃんのニュースが新聞や雑誌に掲載される度に、山本会長からメールをいただきました。
今年は、ヤマリンピックも手羽先グランプリも、参加させていただき笑顔で迎えていただきました。

私が長男を連れてご挨拶に伺ったとき、会長は「後継者いいですね。うらやましいです」といわれました。ご子息は、まだ中学生なのですね。

名古屋と東京の山ちゃんの店長研修を2年間お手伝いさせていただきました。ありがとうございました。
真面目で礼儀・礼節を重んじる素晴らしい経営者でした。
名古屋を代表する外食企業の名経営者でした。
山本会長の笑顔が大好きでした。

59歳、若すぎます。もっと海外に出店されたかったと思います。ご子息を社長にされたかったと思います。山本会長が育てられた幹部・従業員は、会長の志を受け継ぎ「世界の山ちゃん」を益々発展させられると思います。
安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。ありがとうございました。


FC加盟のメリットは!(店長・SV研修)

IMG_1383
ラーメンチェーンの店長・SVセミナーでした。フランチャイズ本部のメリット・デメリット、加盟店のメリット・デメリットの講義をしました。
ラーメンチェーンのトップも熱心に参加されていますが、興味を持たれた箇所が以下の内容です。
米国の中小企業庁発表のデータです。
米国で創業されたビズネスの40%が1年以内に挫折
米国で創業されたビジネスの75%が5年以内に倒産
IMG_1415
しかし FC加盟店で、1年以内に商売をやめたFCオーナーは5%以下 というデータです。

これは日本でも同じような内容ですが、いかにFCビジネスの成功率が高いか分かるデータですね。新規事業で創業したビジネスの75%が5年以内倒産。10年生き残る可能性は10%程度です。それほど成功率は低いのです。

加盟金・ロイヤリティーを支払ってでもFCに加盟する方が安全だということです。大前研一は、「50代からの選択」という本の中で、「定年後の起業を夢見る人が案外多い。だが僕は勧めない。退職金を資本金につぎ込んで始めた会社が成功する確率は、1000に3つぐらいのもの。まず成功する確率はない」と語っています。
img_step4[1]
お世話になっている元すかいらーく会長でヴィアホールディングスの横川会長は、私に「飲食のプロでも新規飲食ビジネスの成功の確率は20〜30%程度。3割バッターは凄いのです」といわれました。

それではFC加盟店のメリットは、
1・本部の指導・援助のもとに未経験でも開業が可能
2・比較的小資本で開業でき、失敗のリスクが少ない
3・チェーンの知名度があり、その信用を利用できる
4・チェーンのノウハウで競争でき連帯感を持てる
dsc02158_l[1]
5・出店立地について、実績に基づき調査してくれる
6・本部が販促活動を企画するため営業に専念できる
7・スーパーバイザーから定期的に経営指導を受けられる
8・総合的に安定した利益の確保と経営の永続が可能

ただ、FCビジネスもライフサイクルがありますから、20年30年と好調が続くFC本部は少ないですね。
本部の人材が豊富で、変化への対応・進化し続けるFC企業が生き残ると思います。

世界に衝撃を与えた4人の侍!(400mリレー)

f716ba23[1]
400メートルリレーは、興奮しました。最高でした。
家族全員で、「ケンブリッジ!イケーーーーー!!」と叫んでいました。^^
10秒を切るメンバーはまだいない、100m記録を全員合わせても7位のレベル。でも日本史上最高のメンバーはやってくれました。
なぜ日本人がと世界も驚いた銀メダルです。ありがとう!!

ネットや新聞記事には、
「4人の若武者が日本の魂、情熱、プライドを込めた渾身のバトンリレーが、世界に衝撃を与えた。ボルト率いるジャマイカに迫り、陸上大国米国を封じきる。自己ベストで100メートルの9秒台は誰もいない。そんなチームがついに世界の2位まで上り詰めた。
20160820113627[1]
歩幅をミリ単位で計りながらの徹底した反復練習は、緻密で真面目な日本人の得意分野でもあった。パス時には幅1メートル25センチのレーンに2人が重なるため小柄な体形も有利に働いた。リレーは自分だけでなく仲間の人生もバトンでつなぐ。責任感が強く、個よりも連帯を重んじる日本人気質にも合っていた。大会前に何度も合宿をすることで、強い結束力も生まれた。

桐生は「練習からバトンのミスはほぼゼロになった。この距離で渡すとどうなるとか、先輩たちのデータがあったから」と先人たちが築きあげてきた歴史に感謝。あのボルトも「日本はチームワークが素晴らしい。彼らはバトンの扱いが上手い。チームメートを信頼している」と認めた。
20160820113008[1]
「最後はもう覚えてない。今までで一番、あっという間の100メートルだった」(ケンブリッジ)

切り込み隊長を任された山県が、ロケットスタートから上位で食らいつくと、2走の飯塚は各国の主力が集う区間で互角の走りを披露。第3走者の桐生が高速でコーナーを駆け、トップでアンカーのケンブリッジにバトンを繋ぐ。ケンブリッジは直線半ばまでジャマイカのアンカー、ボルトとバトンが接触するほど肩を並べて競り合った。最後は突き放されたが、猛追してきた米国(失格)、カナダの追撃をしのぎ、そのままゴールを駆け抜けた。「2・JAPAN」の文字を確認すると、ケンブリッジは緑のバトンを空に突き上げ、猛スピードで駆け寄ってきた桐生とガッチリ抱き合った。
m_mainichi-20160820k0000e050223000c[1]
希望は膨らむ。優勝したジャマイカは、エースのボルトが今大会を最後に五輪を去る。4年後の東京五輪。この4人がさらなる進化を遂げていれば、頂点を狙える可能性は十分にある。「4年後はもっといい色のメダルを獲りたいし、獲れると思う」と桐生はいう。日本人が短距離種目で世界の頂点に立つ−。昨日までは口にしても笑われていただけの夢物語は、4人の侍によって、手の届く確かなサクセスストーリーへと紡ぎ直された。」

ロケットスタートをきった山形は、「人生でこんなことができるか」とつぶやいたと言います。個よりも連帯を重んじる日本人。緻密な日本人だからこそ、できたのだと思います。おめでとうーー。ありがとう!!




200円カレーの衝撃(原価率研究所)

ブログ 2033
高級和牛専門店の店長セミナーでした。3日連続で聞かれた質問ですが、「コンサルタントになられた動機は何でしょうか?」です。よく聞かれる質問です。数年前のブログでも掲載しましたが、

1・30歳の時、人生30年計画のセミナーを受講して、書き上げた内容は20年後コンサルになって全国を走り回っていると目標設定しました。40歳で独立しましたが。^^
Z130812-Vitari-517[1]
2・100人以上のコンサルの先生のセミナーを受講して、人材教育で人に刺激(夢とロマン)を与える仕事がしたいと思うようになったこと。

3・私の上司や先輩がコンサルで成功したため、私でもできるのではないかと挑戦したこと。
等ですね。  (写真はクライアント先の「うる虎ダイニング」さんの和牛の船盛りです。いいですね!)

さて、200円カレーのニュースを日経MJで掲載されていたので紹介します。
00[1]
一杯200円(税込み)のカレーで急成長している企業があります。その名も「原価率研究所」です。素晴らしい会社名ですね。^^
新潟からスタートして、都内にも出店しました。2年前に1号店をオープンして現在10店舗ですが、将来の目標はフランチャイズで1000店舗、上場です。素晴らしい!!30代の若者3人が起業しました。

5坪から10坪の店で、居抜き出店で家賃が3万〜5万の場所で成功しています。カウンター8席でテイクアウト比率は80%ですから、1日10万円も売れるときがあります。なんとワンオペです。(一人で営業です)。
DSCN3788-546x409[1]
カレーは、ごはん300グラムとルウ300グラムで鶏肉も入って食べごたえがあって、税込み200円なのです。これでなんと、原価率25%〜30%ですから驚きですね。

200円ですから余分なサービスはありません。水なし、ティッシュなし、エアコンなし。ただし飲み物の自動販売機があって100円です。カレー皿は、蓋つきのプラスチック容器、皿洗いの必要がないので、水道代はほぼゼロです。^^
20160218235806ca4[1]
飲食店でありながら、スーパーやコンビニより安いカレー専門店を作ってくれました。味は普通を追求しています。
成功のポイントは、1杯200円を実現するための、徹底したコストカットと単純化したオペレーションですね。このような若い革新的な経営者が出てくると飲食業界は活性化します。頑張れ原価率研究所!!

ご来店の背景を知る(店長研修)

ブログ 1508
今週は、東京の高級焼肉チェーン・ラーメンチェーン・餃子居酒屋チェーン・カフェチェーンと店長セミナーが続きます。セミナー講師として前から受講者を見ているだけで、誰が優秀な店長か一目で分かるものです。

1・一言も聞き漏らすまいと集中している
2・メモをたくさん書き続けている
3・笑顔でうなずいて聞いてくれる
4・目が輝いている
5・的確な質問がある
ブログ 1702
聞く姿勢の素晴らしい人は、EQ(心の知能指数)が高い人ですね。あまりにも熱心だとこちらから声を掛けたくなります。尊敬してしまいますね。
休憩時間に積極的に質問してくる店長がいますが、優秀な店長です。
そういう人が何人もいました。
また部下が話す内容をメモを取る姿勢がある店長は、素晴らしい人だと思います。スタッフから見ても嬉しいですね。

今日は「ご来店の背景を知る」という話をしました。
客単価の高い店になると、店長が全席を回って「今日は数ある飲食店の中から私どもをお選びいただいて、ありがとうございます。店長の田中と申します。精一杯務めさせていただきたいので、何かの際はお気軽にお聞かせください」と言って顔を見せることができれば、お客様は安心感を持たれますね。

また、お客様が困った時には、誰に相談すればいいのか把握することができ、「あなたを大切にお迎えしたいと」というお店の姿勢を示すことができます。
bd19face-s[1]
1年前に紹介した、元カシータの柳沼さんの著書(サービスの向こう側)に、「ご来店の背景を知る」という内容がありました。

「ご挨拶+少しの会話」ができることがとても重要になります。実際に御挨拶に伺う際には、話に詰まらないように、あらかじめ誰とでもお話ができるような話題をいくつか用意していました。

お食事のこと、今日の主旨のこと、自分たちのお店について、お困りのことはないか、天気のこと、その日のニュース、事前に分かり得た情報などですが、これだけあれば、話題に困ることはありません。
そうして、少し会話をさせていただく中で重要なのは「ご来店の背景を知る」ということでした。
08658e52[1]
もしかしたら、いつもお世話になっている方のご紹介かも知れない。
もしかしたら、遠方からわざわざお越しいただいたのかも知れない。
もしかしたら、たくさんの思いが詰まったご予約かも知れない。
これだけの気持ちで全スタッフがサービスすれば、感動を与えられる店になると思います。



笑顔は人を幸せにする(日本茶カフェ)

396e220c[1]
三重県松坂市へ、お盆の墓参りで帰省してきました。松坂といっても市内から30分の田舎です。^^
でも故郷の山河は美しいですね。松阪牛の生産地でもあります。長男の私の実家に親戚が集まり食事をしますが、鳥料理を食べに行くことが多いですね。

岐阜の郷土料理に鶏ちゃん焼がありますが、松坂にも鳥料理があります。味噌で味付けした若鶏を、ガスロースターで焼いて食べるのですが、子供の頃から食べ慣れているものは旨いですね。^^
松坂牛は高いですから、普段は鳥料理を食べていました。^^

故郷の松阪市飯南町に、いつも行く日本茶カフェがあります。伊勢茶がこの辺りでは有名なので、伊勢茶の和カフェ「深緑茶房」という店です。真夏なので、抹茶のデザートを美味しくいただきました。
13320209_617473568403746_2039969271_n[1]
家族でカウンターに座ったのですが、一人の女性スタッフの笑顔がとても素敵でした。いつも微笑んでいて、お茶の説明をする時も会話をする時も、本当に満面の笑みなのです。笑顔、挨拶、仕事の丁寧さ、ものすごく感じがいいのです。

素晴らしい笑顔に人柄がにじみ出ていて、性格もとても優しい感じなのです。本当に幸せな気持ちになりました。これほど記憶に残るスタッフに、滅多に出会うことはありません。
IMG_2781[1]
笑顔は人を幸せにしますね。このようなとても感じがいい人になるには、どうすればいいのでしょうか?

ある調査によると、「感じがいい人」の特徴は、
「笑顔」が35、3%ともっとも多く、「挨拶をする」が24、3%、「丁寧に接する」5.1%と続いています。つまり「感じがいい」という印象を与えるには、「いつも笑顔で、挨拶をし、丁寧に接する」ことが大切なのです。

また、笑顔には「3つの笑顔」があるといわれます。
1・自然と出る笑顔・・・・・・おいしい食事をしているとき、好きな人に会ったとき、楽しい会話をしているときなどに、自然にでる笑顔

2・損得でつくられた笑顔・・・・・・買わせようという思いが透けて見える接客用の笑顔。良く思われようという下心を感じさせる笑顔など、つくりものの笑顔です。
2012071900140072b[1]
3・相手の心を救う笑顔・・・・・・・相手のためにつくる笑顔。相手の気持ちを心地よくするための笑顔。人間性がにじみ出ている笑顔ですね。

笑顔には、人の心を明るく、やさしく、おだやかにする力があります。そのことを気づかされた和カフェのスタッフの最高の笑顔でした。
笑顔には、見る人を幸せな気分にする不思議な力がありますね。





人生を好転させる第一歩を!

s_0002[1]
取引先の紹介で、FC本部を構築したいという企業に挨拶に行って来ました。またHPを見られた飲食チェーンのトップからの依頼も含めて、今週と来週で5社のクライアント先が増えそうです。大丈夫でしょうか?^^

私でお役に立てるなら、できるだけ期待に応えられるように頑張りたいと思います。ありがたいですね。20年前独立したときの初めてのクライアント先が、「カフェド・クリエ」の立ち上げのコンサルでした。今でも本当に嬉しかったことを覚えています。
137546cb17dd7d94[1]
今日のクライアント先も30代の経営者で、この写真のようなメニューを取り扱っています。現在10店舗でFC展開が始まるとビッグチェーンになりそうなイメージです。
どんな大チェーンでも、1000店舗を超える企業でも始めは小さな店からスタートしています。

まずは第一歩ですね。
教育コーチの神谷和弘さんの「まずは第一歩を!」のメルマガを紹介します。

自分を改革して状況を好転させ、人生を豊かにしていくには結局は次の3つのポイントを押さえておくことが重要です。
baca078dd915376190e03302ecf4b3a1[1]
1 まずは第一歩を踏み出して、行動をおこす
2 行動をおこしたら、その行動を継続し、加速度をつけていく
3 目の前に立ちはだかる抵抗勢力を最少化する

例えば、F1レースを考えてください。
ドライバーは、スタートのシグナルと同時にアクセルを踏んで初速をつける次にギアをトップにシフトチェンジして、車を一気に最高速度にもっていくそして、レースなかばで失速しないように、空気抵抗やタイヤの摩耗に最大限の注意を払いながら走行します。

簡単にまとめると「初期行動力」「持続力」「危機回避力」と言えるでしょう。
そして、一端走り始めてしまえば、周囲に心動かされている暇などなくひたすら手足を動かすのみです。
ですから肝心なのは「まず第一歩」です。
スタートの直前は緊張もするし不安もあります。
2013-8-8_Hiro_1[1]
ですから、「まず第一歩を踏み出す」という瞬間を大切にしましょう。

周囲には「夢を語っているばかりで何も行動をおこさない人」はいませんか?
「オレは将来、芸能人になる」とか「英語力を活かして、海外で研究者になる」などと言いながら、 夢の実現に向けて努力している様子がまったく見られない人も必ずいます。
まず「なんとなく億劫」「踏み出す勇気がもてない」「やってもきっと無駄だろう」という危慎感を払拭しましょう。

ゼロから1への距離は、1から1000までの距離より遠い!まずは、人生を好転させる第一歩を!!
livedoor プロフィール

田中司朗

book
QRコード
QRコード
TagCloud