2016年12月

整理収納10個のエッセンス(年末大掃除)

15c04603[1]
いよいよ今年も、押し迫ってきましたね。今年は例年にないほど忙しい日々が続き、200回のセミナーを開催させていただきました。
ありがとうございました。
また来年も1月からも3社の新しいクライアントが増えます。全力で頑張りたいと思います。

28日29日30日と自宅の掃除、書斎の整理に正月の買い物、ゆっくり読書でもと思っていましたが、なかなか難しい状況です。^^
私の家に親戚が集まり食事をしたり、温泉に行ったり、孫と遊んだりするので準備が大変です。

書斎を整理するのに、ビジネス本を200冊・専門誌を200冊処分しました。片づけコンサルタントの近藤麻里恵さんは、本や洋服やCDを捨てる時に、「ありがとう」と言って捨てるそうです。
(大学の授業や店長セミナーでも、よく話をしました)

私も最近は「ありがとう」と言ってスーツやシャツや本を処分するようにしています。何か気持ちがすっきりします。やってみてください。^^
f5efec2c-s[1]
昨年末も紹介しましたが、近藤さんは「人生がときめく片づけの魔法」で、120万部のベストセラーになり、全米でも大ベストセラーになり、世界で最も影響力のある100人にも選ばれました。日本人では村上春樹さんと2人だけです。

何度も言って来ましたが、1つのことで一流になることの凄さですね。
こんまり流の「整理収納10個のエッセンス」を紹介します。
20a0a498-s[1]
(1)「ときめき」を基準に残すものを選ぶ。
(2)「片付け祭り」の開催日を決めて一気に。
(3)収納を考えるのは最後。
(4)場所ごとではなく、モノ別で片付ける。
(5)モノの定位置を決めること。

(6)新しいモノを手に入れたら、新たに定位置を決める。
(7)書類は全捨てが基本。
(8)衣類→本類→書類→小物類→思い出品という順で片付ける。
(9)持っている物は全て床に広げる。
(10)思い出の品はダンボールに収納してしまった時点で、死んでしまっている。
bb3bd5a4-s[1]

今年も残り少なくなりました。1年間ブログを読んでいただきありがとうございました。累計で21万人を突破しました。
友人・知人・クライアント先の幹部・社長から、「あのブログは良かったです」とか「元気をもらいました」などのお礼の言葉やメールをいただきました。数社の社長は、私のブログを毎回全社員に送信していただいています。
ありがとうございます。
fj_wi01[1]
今年も大変お世話になりました。
来年も皆さんにとって幸多き素晴らしい年でありますように!




部下を幸せにする25か条(店長研修)

011
今年最後の仕事は、名古屋の一番軒グループでした。
私のセミナーでは、実力店長になるためにはどう行動するか?スタッフとのコミュニケーションをうまく取るにはどうするか?従業員満足度を向上させるには?などの講義が多いのですが、今日の資料で配布した「部下を幸せにするための25か条」を紹介します。

人は幸せになりたいから働く
どうすれば部下が喜んで能力を最大限に発揮し、可能な限り最高の仕事をしてくれるのか?
どうすれば部下があなたと会社に忠誠を尽くし、全力を尽くして課題に取り組んでくれるのか?
large[1]
どうすれば部下が協力し合い、よりよく、より速く、より少ないコストで仕事をする方法を絶えず模索してくれるのか?
その答えは簡単である。彼らに幸せを感じさせることだ。
マネジメントとモチベーションの分野では、部下に幸せを感じさせることが究極の目標なのだ。
市橋画像 (1)
部下を幸せにするための25ヶ条

1 部下に微笑む
2 部下に質問する
3 部下の話を聞く
4 部下に礼儀正しく接する
5 部下に「ありがとう」と言う
6 部下に何でも知らせる
7 部下に改善を奨励する
8 部下をボランティアのように扱う
9 部下が得意客だと想像する
10 部下に十分な報酬を支払う
38-contents-image-01-1024x683[1]
11 部下をほめる
12 部下との調和を重んじる
13 部下を頻繁に称賛する
14 部下を批判しない
15 部下の成功を祝う
16 部下に関心を寄せる
07135003926[1]
17 部下のメンターになる
18 部下に自由を与える
19 部下を守る
20 部下をわが子のようにいたわる

21 部下にとって明朗快活な人になる
22 部下をもち上げる
23 部下の仕事内容を明確にする
photo6[1]24 部下にフィードバックをする
25 上司に接するように部下に接する

マネージャーとして成功するためには2つの簡単なルールがある
1.あなたがよくなれば、あなたの人生もよくなる 
2.あなたがよくなれば、あなたの部下もよくなる 

長久手市「住みよさランキング」全国2位!

IMG_1636[1]
クリスマス会を長男の家で行いました。ジージ(私)は、プログラムではマジックになっていたので、ヴィレッジヴァンガードの手品を買って少し練習して、大成功でした!!

一枚のハンカチから2枚目が出てくる手品とコップを通り抜けるコインです。初孫の美羽ちゃんは、とても驚いていましたね。ちょっと尊敬のまなざしでした。(笑)
写真のケーキは美羽ちゃんが作った自慢の手作りケーキです。
可愛いですね。^^このサンタのユニホームで、最近オープンしたイオン長久手に行って来ました。お店のお姉さんは「カワイイ!!」の連続でした。
IMG_1649[2]
右の写真は、長男とお嫁さんが作ったパエリアとロティサリーチキンです。あとロブスターも出てきました。長男はイタリアンのマリノにいたことがあるので、料理は得意です。次男はパティシエで料理人ですが、クリスマスはハードスケジュールなのです。

長久手は隣町ですが、街の発展はめざましいものがあります。東洋経済新報社が発表した「住みよさランキング2016」で、長久手市が全国2位にランクインしました。791市町村でこのランクは凄いですね。

これは全国の都市を対象に、安心度、利便度、快適度、富裕度、住居水準充実度という5区分の15指標で評価されているのですが、「住みよさランキング」は毎年発表されており、長久手市は2013年6位、2014年4位。
そして2016年、全国2位となりました。
ikea-nagakute2[1]人口流入の影響で店舗などの出店も盛んで、大学も4校(周辺で11校)あるため学生も多く住んでいます。市民の平均年齢は37.7歳で全国1位の若さ、人口増加率は11.9%で県内1位・全国11位。市としての若さもさることながら住む人々も若く、とにかく“若さあふれる市”という印象です。(来年イケアもオープンします)

また、大学が多いエリアとあってしゃれたカフェやスイーツの店なども多く、地元の情報誌などで特集を組まれています。私のクライアント先も、このエリアに出店を考えています。専門用語でサバーバンエリアですね。
retina_original[1]
長久手イオンは、飲食ゾーンが充実しています。行列の店舗は「いきなりステーキ」と「ローストビーフ丼屋」でした。
イオンの飲食テナントの傾向としては、チーズタルト、グルメバーガー、天ぷら専門店、SABAR(とろサバ専門店)、海鮮料理、イタリアン、食べ放題ビュッフェ、ステーキ専門店といったところです。
とろサバ専門店の「SABAR」がイオンに出店したのは驚きですね。超専門店の時代です。

アルバイトが辞めない店長の習慣(飲食店経営)

12151343_58521f659710d[1]
飲食店経営1月号が発売されました。実力店長の連載は「まるは食堂」で、1カ月前のブログでも紹介しましたが、年商12億の日本一の食堂です。
人柄が素晴らしい、やさしい支配人でした。

もう一本、「アルバイトが辞めない店長の習慣」の特集でも3ページ掲載されました。10人のコンサルが原稿を書いていますが、私が巻頭の原稿です。20年の連載のベテランだから神経を使っていただいたのでしょうか?(笑)

スタッフの「自己重要感」を満たしている実力店長が習慣にしていること、の原稿を少し紹介します。

デール・カーネギーは著書「人を動かす」の中で、人を動かすにはその人の「重要人物たらんとする欲求」つまり「自己重要感」を満たすことが必要だと述べている。自分は価値ある存在である、店長に認められている、この店で必要とされている、自分は日々成長できていると、実感できることが大切なのだ。
 
店長は、スタッフの自己重要感を満たすことを常に意識しなければならない。そのためにどんなことをすべきだろうか。実力店長たちはどのように行動しているだろう。
img_513d47f250cfa[1]
★成長を実感できる、毎月の「個人目標設定」を!
 
ドトールコーヒーと焼肉きんぐの売上トップの店では、スタッフが50人以上在籍しているのに辞める人がほとんどいない。
ドトールの店長室にはスタッフ全員の個人目標が掲示され、それを各スタッフがきちんと実践している。

たとえばアルバイトリーダーは「コーヒー豆テイクアウト、60kg売り切る」「新人のAさんのトレーニングに力を入れる」「笑顔をみんなに広める」などと記入。その日の達成率も発表する。先輩スタッフも後輩の目標を掌握し、サポートする。スタッフの頑張りを応援する店長の姿勢を受け継いでいるのだ。
 
焼肉きんぐの実力店長は、新人スタッフの初日に「先輩スタッフは君のためにマニュアルを読み返して勉強している。君の居場所はここにあります。期待しています」と話す。

こんなふうに言われたら、どんな新人でも頑張ろうと思うはずだ。このような自己重要感を日々スタッフに与え続けるこの店長は、全員から非常に信頼されている。その影響を受け「店長のようになりたい」と考えて、6人が物語コーポレーションに入社した。

★太陽のように明るく前向きな店長に!
 リーダーシップとは、太陽のような明るさだと私は思っている。明るく前向きな店長のもとには人が集まり、笑顔いっぱいの店になる。
 大かまど飯・寅福の店長は、人を幸せにするパワーを持った実力店長だ。常にP/A全員に陽気に声をかける。スタンドミーティングで一人ひとりの話をしっかり聞く。シフトを上がる人には「お疲れさま、ありがとう。今日はどうだった?」と優しく尋ねる。

毎日毎日、笑顔でこれを行う。部下にほほえむ。ありがとうと言う。ほめる。関心を寄せる。明るく接する。それらを確実に行うことで、チームワーク抜群の店になっていくのだ。「店長は太陽であるべきです。明るい笑顔でみんなを元気にする、みんなにエネルギーを分け与えられる、そんな人間になりたいと思います」と語る店長である。
phptrx2ES_5678e18b1cd1e[1] 
店長にとって一番大切なのは愛情。店が大好き、スタッフが大好き、会社が大好きで、愛情に満ちあふれた店長のまわりには、辞めたいと思うスタッフはいない。愛情を込めて彼らと向き合い、理解し、好きになり、ほめて自信を与え、自主性を促そう。あなたと共に長く働くことを誇りに思ってくれるスタッフを、一人でも多く育てていただきたい。

偶然は準備のできてない者を助けない(座右の銘)

004
今日の店長セミナーで、「自分のモチベーションの上げ方」の話をした時、「将来の自分、10年後の自分を想像してみよう」と解説し、こんな言葉を投げ掛けました。

「過去の自分が選択したことを、将来の自分はどれほど感謝しているだろうか?あるいは後悔しているだろうか?」これは、ベストセラー「スタンフォードの自分を変える教室」の意志力の章を参考にしたものです。これを聞かれたある部長が「私の座右の銘にします」と感想レポートに書いてくれました。
a513b5aa[1]
最近の日経にも、井村屋会長の浅田剛夫氏の座右の銘が紹介されていました。
「偶然は準備のできていない者を助けない」、コツコツと準備を重ねてきて、ある時ボタッと落ちてくるもので、飽きない努力の積み重ねです。
何事も正しい準備の先に目的達成への道が開けるものであり、偶然に見える成功も多くの努力と準備の先に生まれるものですね。

「運」も訓読みすれば、運ぶですね。偶然の産物ではなく、自ら運ぶものです。そのための準備力が目標達成には重要な要素だと思います。
店長セミナーでも「店長の仕事は準備業」といつも話しています。
img_solution_cafe01[1]
店長の準備とは、優秀なパート・アルバイトの採用→規律・躾・教育訓練→コミュニケーション・モチベーション・カウンセリング等です。
(声かけ3倍ですね)
特に重要なのが、スタッフの教育です。

座右の銘に戻りますが京セラの稲盛和夫氏の名言を紹介しておきます。

1・思いが人生を形作ります。現在の自らの状況は、その人が思い続けてきた結果です。現状に満足していなくても、それはその人の思いの集積なのです。
26[1]
2・僕は航空業界について何も知らない素人です。僕が持ってきたのは2つだけです。ひとつはフィロソフィー(哲学)、もうひとつは部門別採算制度です。

3・リーダーの行為、態度、姿勢は、それが善であれ悪であれ、本人一人にとどまらず、集団全体に野火のように拡散する。集団、それはリーダーを映す鏡なのである。

4・人間死ぬとき、地位も、名誉も、財産も持っていけない。あの世へ持っていけるのは自分の魂だけなんです。魂が生まれたときに比べ、どれくらい美しくなったかということが、最も重要と考えるようになりました
勉強目標[1]5・情熱は、成功の源となるものだ。成功させようとする意思や熱意、そして情熱が強ければ強いほど、成功への確率は高い。強い思い、情熱とは、寝ても覚めても、二十四時間、そのことを考えている状態だ。

そうですね。あの世へ持っていけるのは、磨かれた美しい自分の魂ですね。頑張りましょう!

プレミアムハンバーガー伸び率1位(23.3%)

sp_main_vsl02[1]日経MJで「2016年ヒット商品番付」が発表されました。ランキングは、
東                    西
横綱  ポケモンGO         横綱  君の名は
大関  シン・ゴジラ         大関  A
大関張出 ピコ太郎         大関張出  リオ五輪
関脇  日産セレナ          関脇   PSVR
小結  大谷翔平           小結   広島
前頭  トランプ現象         前頭   小池百合子改革
同   低価格消費          同    インスタ映え消費
55033162f36c9c4c1a3cce8478bddee0[1] 
低価格消費とは、しまむら、100円ショップで掘り出し物探しが人気。格安スマホや外食の低価格メニューが支持を集めているということです。

マクドナルドの平日昼間限定400円バリューランチや、吉野家の豚丼330円ですね。豚丼は8カ月で2700万食を販売しました。
インスタ映え消費とは、ローストビーフ丼やオシャレな雑貨など、「インスタグラム」で共有したくなる写真映えする商品がヒットしているということ。
レッドロックローストビーフ丼[1]
看板メニューとは提供されてた瞬間、お客様からワー!と歓声が上がる商品のことですね。SNSでどんどんフェイスブックやツイッターで友人・知人に飛ばしてもらうことが最大の販売促進です。

自宅近くに長久手イオンが、オープンしましたがフードコートで一番の行列が「ローストビーフ丼の専門店」と「いきなりステーキ」でした。また最近の傾向として、天ぷら定食の専門店も多く見られるようになりました。
140921satom_nannohi005_cs1e1_480x[1]
市場成長率の高い外食業態としては、
1・プレミアムハンバーガー 23.3%
2・天丼・天ぷら        21,3%
3・とんかつ・かつ丼     17.2%

4・ステーキ・ハンバーグ  11.6%
5・すき焼き・しゃぶしゃぶ  10.8%
6・クイックパスタ・ピザ    10.0%
39641257[1]
私の最近のクライアント先で、2社グルメバーガー専門店がありますが、社長いわく出店依頼がかなり増えているようです。フランチャイズ展開も行っていきます。

フランチャイズ展開で重要なことは、いかにブランディングができるか、時流にうまく乗っていけるかです。低価格化と高級路線化と2極化しています。どちらにしても「価値」バリューが高いということですね。



アサヒビール 仕事十則 管理職十則

81TyxJFbrZL[1]
新幹線での移動中、ホテル、セミナー講義前のカフェで、「最強の経営者」小説 樋口廣太郎を読み始めました。高杉良の最後の企業小説ともいわれています。

住友銀行副頭取から「夕日ビール」と揶揄(やゆ)されていたアサヒビールに転じた樋口氏は、社長就任前に顧問となった直後から動き始めます。
社長就任後、古いビールの廃棄や、発酵タンクへの思い切った設備投資を周囲の反対を押し切って断行するなどリーダーシップを発揮します。

そして、社会現象を巻き起こす大ヒット商品となり、現在もアサヒビールを代表するブランド「スーパードライ」の発売にゴーサインを出し、シェア拡大を続けていきました。
s_002y[1] 
瞬間湯沸かし器を自認していたという樋口氏は、部下に厳しく接する一方で、社員や取引先への繊細な気配りも欠かさないなど、「コクもキレもある」人物像が著者の丹念な取材で多面的に描かれています。
 
社員が困っている点を取り除けばおのずと上昇していくという「熱気球論」を唱えて社員の士気高揚を図り、闘う集団に変えてゆく。
ビジネスの教科書にも採用されるほどの大成功を招いた「強運の人」という側面に加え、たしかな経営手腕と人間力が詳細なエピソードとともに紹介されています。
img_9e273a7ad054459bfecc1f11f93e06eb161576[1]
樋口廣太郎社長の仕事十則・管理職十則を紹介します。
仕事十則

1・基本に忠実たれ。基本とは困難に直面したとき、志を高く持ち、初心を貫くこと。常に他人に対する思いやりの心を忘れないこと。
2・口先やアタマの中で商売をするな。心で商売せよ。
3・生きた金は使え。死に金を使うな。
4・約束は守れ。守れないことは約束するな。
5・できることとできないこととをハッキリさせ、YES/NOを明確にせよ。
dv2170001[1]
6・期限のつかない仕事は「仕事」ではない。
7・他人の悪口を言うな。悪口が始まったら耳休みをせよ。
8・毎日の仕事をこなしていくとき、「今、何をすることが一番大事か」ということを常に考えよ。

9・最後までやりぬけるか否かは、最後の一歩をどう克服するかにかかっている。これは集中力をどれだけ発揮できるかによって決まる。
10・ふたりで同じ仕事をするな。お互いに、相手がやってくれると思うから「抜け」ができる。ひとりであれば緊張感が高まり、集中力が生まれて、よい仕事ができる。

管理職十則
f7d09067-s[1]
1・組織を活性化しようと思ったら、その職場で困っていることを、ひとつずつ潰していけばよい。人間は、本来浮かび上がろうと努力しているものだから、アタマの上でつかえているものを取り除いてやれば自ずと浮上するものだ。
2・職位とは仕事のための呼称であり、役割分担を明確にするためにあるものだと考えれば、管理とは何かがキチンとでてくる。

3・「先例がない」「だからやる」のが管理職ではないか。
4・部下の管理はやさしい。むしろ、上級者を管理することに意を用いるべきである。
5・リーダーシップとは部下を管理することではない。発想を豊かに持ち、部下の能力を存分に引き出すことである。
_SX330_BO1,204,203,200_[1]
6・「YES」とは部下だけで返事をしてもよいが、「NO」の返事を顧客に出すときは、上司として知っていなければならない。
7・人間を個人として認めれば、若い社員が喜んで働ける環境が自ずとできてくる。

8・若い人はわれわれ自身の鏡であり、若い人がもし動かないならば、それはわれわれが悪いからだと思わなければならない。
9・若い人の話を聞くには、喜んで批判を受ける雅量(※)が必要である。
10・結局、職場とは人間としての切磋琢磨の場であり、練成のための道場である。
  ※ 雅量・・・おおらかで、人をよく受け入れる性質。度量が大きいこと。

ファンになっていいですか?(好印象を高める)

9c9fb88c[1]
高級焼肉チェーンの店長セミナーでした。先週(関西・中京)も今週(東京)も5日連続セミナーです。でも年末年始は、クライアント先が忙しいので充電できるのが今から楽しみです。^^

今日のセミナーでも先週も「毎月の先生の講義をとても楽しみにしています」「飲食店経営で連載されている本物の田中先生の授業を1年間も受けることができて幸せです」「全国の実力店長の成功事例で、本当に刺激を受けています。僕も取材されるような店長になります!」と感想レポートに書いていただけます。ありがたいですね。
Z130812-Vitari-517[1]
私も若い頃(ミスタードーナツ時代)いろんな講義を受けメンター(師匠)にしていた先生がいました。チェーンストアの渥美俊一先生もその1人ですが、300人の受講生がいて必死でメモを取り目を輝かせて受講していた私を指さして渥美先生が「君はどこのチェーンから来ているの?」と、聞いていただいた時は、飛び上がるように嬉しかったことを今でも覚えています。もうほとんどファンの心境でした。
o0640048013523775586[1]
この前紹介した「超一流の雑談力」に「ファンになっていいですか?」でハートを打ち抜く!の章がありますので少し紹介します。
心理学の言葉で、「初頭効果」、「親近効果」というものがあります。「初頭効果」というのは、出会い頭の印象が記憶に残りやすいというもの。一方の「親近効果」というのは、終わりの印象が記憶に残りやすいというものです。
具体的にはどのようにするかというと、「相手をメンターにする」という方法です。つまり「今日はいろいろと教えてくださってありがとうございました。本当に目からウロコで勉強になりました。ぜひ私の人生の師として、引き続き教えを請うていきたいです・・・・」と、こんな気持ちを相手に伝えていくのです。
31mhCMzZdYL[1]
伝えるべきポイントとしては、
●相手の言ったことで、何に感動したのかを具体的に伝える
●そのことについて、また教えてほしいという意志を伝える
そして最後に「〇〇さんのファンになっていいですか?」


このように伝えることができると、相手に強い印象を残すことができるでしょう。人間には、相手から伝えられた気持ちを鏡写しのように返そうとする「返納性の法則」というもがあります。

つまり、伝えられた好意は好意で返してあげたい。そんなふうに思うのです。特に、なかなか会えない人に出会えたときなど、「このチャンスを逃がしてはいけない!」という勝負どころで使っていただきたい方法です。
あなたのファンになっていいですか?




ワインの啓蒙活動で5年連続売上伸長中!(実力店長)

IMG_0509
ダイヤモンドダイニングの「ワインホールグラマー銀座店」の女性実力店長の原稿が出来上がりましたので、少し紹介します。
とてもユニークで、メンタルの強い実力店長でした。最後にいつも店長の夢を伺うのですが、その夢は「日本人のワインを飲む人口(5%)を、ビール人口(60%)よりも増やすのが夢!」と語ってくれました。
(このワインに賭ける情熱が素晴らしいですね!!)^^

プロポーズの演出から結婚式の二次会まで
s_00b5[1]
 ある男性客から、お付き合いしている女性の誕生祝いの後でプロポーズしたいという、一連の演出依頼が入った。お任せくださいと店長は快諾した。
定番の素敵なバースデー祝いが終わった後、ガラスのキャンドルスタンドを両手に持ったスタッフ5人が、真っ暗な店内を厳かに歩き、そっとそれをお客様のテーブルに置いた。

キャンドル30本のゆらめきが幻想的な雰囲気を醸し出す。他のお客様も、何が起こるのかしらと固唾をのんで見守っている。そして男性は彼女に指輪を差し出し、「結婚してください」とプロポーズしたのだ。彼女の目から涙があふれてぽろぽろとこぼれ落ちた。そこに立ち会った全ての人が幸せを感じた一瞬だった。
IMG_0529 
このカップルはこのときの演出に感動し、結婚式の二次会もこの店で開催。100人のゲストの前で新郎は「スタッフの皆さんによるすばらしい演出でプロポーズでき、結婚に至りました」とお礼の言葉を述べてくださった。店長として最高にうれしい瞬間だった。
 
この店ではアニバーサリーのお客様(本人)に、スタッフや他のお客様からもわかる目印として、光るブレスレットを着けていただいている。いろいろな人から「おめでとうございます」と祝福されるのだ。また、お帰りの際に階段を上る途中でも、さらに1階に着いてからも、スタッフが「ハッピーバースデー!」などと言いながらたくさんのクラッカーを鳴らす。
IMG_0522
そしてみんなで笑顔で手を振ってお見送りする。最後の最後まで続くサプライズいっぱいのお見送りは、まさに感動モノ。この店は、ダイヤモンドダイニングの中でもいちばんクラッカーを鳴らす店なのだ。

「スタッフ全員ワイン大好き」が店の強み

大野店長は料理の品質には特にこだわっていて、気になることがあれば料理長に対しても「ステーキ、ちょっと焼き過ぎでは?」「作り直したら何分かかりますか?」とダメ出しをする。すると料理長はすぐに作り直しをする。(いいですね)
39641257[1]
店の強みを問うと、大野店長は「スタッフ全員が大のワイン好きであること」だと即答。もたついていた新人(社員)がワインエキスパートの資格を取るまでになったり、ソムリエの勉強をするアルバイトスタッフが増えたり、「ワインセラー買いました」とアルバイトが報告してきたり…。
全員が本当にワイン好きで、お客様にもおいしく飲んでいただきたいと思っている。その気持ちがお客様にも伝わっているのだ。
s_00b2[1] 
スタッフはみんな、お客様の名前よりも先に好みのワインを覚えてしまうという。顔とワインが一致するのである。(すばらしい!)
日本人のワインを飲む人口(現在5%)を、ビール人口(60%)よりも増やすのが大野店長の夢。「これを叶えるために毎日啓蒙活動してます!」と語ってくれた。
ワインに賭けるこの情熱が、5年連続売上伸張をもたらしているんですね。神ってます、大野店長!

1回の「偶然」のチャンスを次の「必然」に変える(たねや)

1f23971f-s[1]
金曜日は、名古屋文理大学の授業です。フードビジネス学科の3年生ですが、質問を授業レポートに記入してもらうと、就活や将来の不安が多いですね。講師として学生の背中を押すのも仕事です。

この学科の就職先は、食品メーカー・外食チェーン・スーパー・ホテルなどが多いのです。今日は、彦根の「たねや」さんの「おもてなし」の話をしました。少し紹介します。

1回の偶然のチャンスを次の必然に変える!
manabi3[1]
滋賀県の和菓子屋「たねや」さんの話です。観光専門コンサルタントの西川丈次さんが、台風が近づいていて激しい雨の日、ぜんざいを食べ休憩した後、タクシーをお願いしました。

会計を済ませた後、
「どうぞ店内でおかけになって、ゆっくりとなさってください。タクシーが来ましたら、私、〇〇がお声を掛けさせていただきます」これは、私が責任を持って対応しますという姿勢の表れです。
78a99d33-s[1]
店を出てタクシーに向かう時に、傘を開こうとしたら、「どうぞその傘はそのままで、私どもの傘にお入りください」と、傘をさしかけてくれました。
タクシーを呼んでもらう時に告げた行き先は、近江八幡駅でした。
これから電車に乗られる方の傘を濡らしては、電車の中の扱いが大変だろう。そんな想いからの行動ではないでしょうか。

そしてその販売員さんが運転手に言われた言葉。
「ドライバーさん、大切なお客様です。駅まで安全運転でお願いします」
私たちは、男3人は、たくさんの買い物をした訳ではありません。ぜんざいを食べに、たまたま立ち寄っただけの客です。その我々を「大切なお客様」と呼んでくださったのです。
d1cf8da6-s[1]
駅に着いて支払いをしようとすると、最後の衝撃。
「たねやさんからいただいていますので」・・・・・信じられませんでした。
「何かの間違いです。私共はぜんざいを食べただけの客なので、どうか受け取ってください。たねやさんにお返しください」と言っても、
「困ります。たねやさんから私がお叱りを受けますので」と受け取ってくれません。

去っていくタクシーを見送りながら、ただ呆然としていました。レシートがあったので、すぐ電話をかけました。
b15c3470-s[1]
「何かの間違いだと思うのですが・・・・」すると、「いいえ、間違いではなく、わざわざこんなお足元の悪い中をお越しくださいましたので、私どものほんの気持ちです。またのお越しをお待ち申し上げております」
完全にやられました。これが地元の人たちから「たねやさん」と「さん」付けで呼ばれる企業の「おもてなし」なのです。
お客様からいただいた1回の「偶然のチャンス」を次の「必然」に変える。このサービスは伝説のサービスとして広く知られるようになりました。

私も彦根までドライブすると、たねやさんに立ち寄ります。一度訪ねてみてください。





livedoor プロフィール

田中司朗

book
QRコード
QRコード
TagCloud