flower102[1]
ツツジが満開で美しいですね。今の季節が大好きです。歳を取れば取るほど、自然の綺麗さに感動してしまいます。^^
さて、昨日の大阪のバル業態の新人セミナーで、礼儀正しさについて講義をしました。

少し前のブログに「期待される新人になるための10か条」を掲載しました。見ていただいた方がいつもより多かったので、その中の「礼儀正しい挨拶をせよ」の原稿を掲載します。
6c11c08e5c81f0b3d7e3ec810bc2ad9d-300x200[1]
挨拶は良い人間関係の第一歩です。特に新人時代の挨拶は、先手必勝でいきたいもの。相手が上司でも取引先でも、パートアルバイトでも、君のほうから率先して「おはようございます!」と明るく挨拶することです。

呼ばれたら「ハイ」と明快に返事。椅子に腰かけていたら、すぐに立って相手のところまで行くこと。たったこれだけで君の評価が上がるといっても過言ではありません。店舗の出入り業者の方に対しても、こちらが客だというような横柄な態度をすべきではありません。新人はいずれの場合でも評判が良くなければならないのです。
新入社員入社式挨拶例文01[1]
人間は感情に左右されやすい動物だからこそ、苦手意識のある人には自ら進んで挨拶をしておくべきです。私は20代前半のころ「声の大きさ」と「ハイの明るい返事」だけで、店長に昇進させてもらったようなものだと思っています。
礼儀正しい挨拶が、ビジネスマンの第一歩なのです。

新人の基本
1・目上の人が入ってきたら起立せよ
2・すべての人に礼儀正しく接せよ
3・約束した以上の仕事をせよ
4・上司の話はメモを取りながら聞け
5・仕事は自分から買って出よ
20170401-00069408-roupeiro-000-5-view[1]
6・小さなことでも最後までやり遂げよ
7・自分の専門分野について絶えず学び続けよ
8・質問をせよ
9・人脈を築きあげよ
10・上司に叱られたら感謝せよ
11・自分の意見を述べる習慣を身につけよ
12・常に新しいやり方を考えよ


挨拶は相手に「感じがいい」「あたりがやわらかそうだ」「誠実そうだ」などのイメージを与えるように心がけよう!!