61heOum8AiL._SX343_BO1,204,203,200_[1]
星野リゾートトマムに3世代で行って来ましたと、このブログで画像を紹介しましたが、星野リゾートの星野桂路社長語録が素晴らしいので掲載します。

★「フラットな組織」が重要。言いたいことを、言いたい人に言える。そんな環境でこそ、正しい議論が生まれる。

★「こうでなければならない」と思い込むことで、様々な可能性やチャンス、成長のきっかけを逃してしまう恐れがある。既成概念を一度取り外してみると、想像以上に素晴らしい経験や豊富なチャンス、様々な出会いが得られるかもしれません。

★多少の時間はかかっても、信念を曲げずに仕事を続けることは必ず自分の血肉になり、成長につながる。
QUhCeGM-1200[1]
★乗り越えるべきハードルが高いからこそ、実現したときの喜びは人一倍大きい。

★ほどよい緊張関係が、現場を活性化させる。

★社内だけで議論していると、意見が偏ることがある。そういうときは、外部の人の意見を聞くと、いかに自分たちが固定観念の中に閉じこもっていたかがわかるもの。

★誤解を恐れずに言えば、我々はお客様の言いなりになるつもりはありません。真の顧客満足が、必ずしも顧客ニーズから生まれるとは限らないからです。
img_9ebe96d5af736d99af81dc3d78893501130374[1]
★自分たちのこだわりを押しつけていくからこそ、他とは差別化されるし、コモディティ化されない商品やサービスになっていく。
時間は有限ですから「やらないことを決める」。これが成果をあげるコツ。

★経営をしていて常に気をつけていることがあるんです。それは、「会社とか世の中の調子がいいときには、常に最悪なことを考える」ということ。

★飛び抜けた何かがあれば施設を再生できる。

★私たちはつい、うまくいっていることは現状維持を好みがちです。そうではなく、「何かを変えなくてはいけない」という危機感をつねに持つことで、固定観念を捨てられるのではないかと思います。
星野リゾート3[1]
★誰しも、いつか会社を辞めるときが必ずやってきます。「この会社で働いて、自分のためになった」と思ってもらえる会社にしたい。これは我々の組織に対する一番の思いです。

★私が最も重視しているのは、一人一人のスタッフに「自分の意見が会社の意思決定に影響を与えている」「経営に参画している」と感じてもらうことだ。会議での決定事項に共感を引き出せたら、決定事項についての実行力も格段に高くなる。