img_9ee40286760e20dced2a4d8ae9df356816772[1]
今週の「みやざき中央新聞」(講演録記事)の社説に、アサヒビールの元会長(中條高徳さん)の太平洋戦争の真実が掲載されていたので、紹介します。

「おじいちゃん!日本とアメリカの戦争のこ教えて」
「戦争を体験した世代が己の体験を、何の粉飾もなく、ありのままに次の世代に語り継ぐことがあまりにも少なかった」と生前語っていたのはアサヒビール飲料蠍飢馗垢涼聘蟾磔さんだ。

営業本部長時代、「アサヒスーパードライ」を世に登場させ、業績不振に陥っていた会社を救った立役者である。

中條さんはビジネスマンとしての生活に終止符を打った2010年、自宅に届いた一通の手紙に心を躍らせた。父親の仕事の関係でニューヨークの高校に通っていた孫娘・景子さんからの手紙だった。
20150204[1]
「歴史の授業で今現代史をやっている」 「先生から、身内の人で戦争体験者がいたらその人の話を聞くように言われ、おじいちゃんを思い出した」

「先生も、かつて敵国だった日本の軍人の話を聞きたいと言っている」「おじいちゃん、お願い。私の質問に答えて」というものだった。質問は16項目あり、どれも歴史の先生のアドバイスを受けて作ったという。

読みながら中條さんは、かつて敵だった国の軍人の考えを高校の授業の教材にしようとするアメリカ人のしたたかさと自信、強靭さと底力を感じた。そして思った。「今からでも遅くない。語ろう。それがあの戦争を体験した私の責務だ」

こんな質問があった。「日本とアメリカの戦争をおじいちゃんはどう考えますか。日本にとって正しい戦争だったと思いますか」
中條さんは、戦争にして外交にしても国家間に生じる衝突は、どこの国も自国の国益を最優先する、と説いた。「これは常識以前の常識である」と。
171800[1]
それを前提として、明治維新以降、日本が置かれた国際的な状況を説明し、日清・日露戦争の意味、中国大陸で日中両国の軍隊が衝突した盧溝橋(ろこうきょう)事件、ABCD包囲網という経済制裁。

また、日本側は妥協案を用意して会談を何度も申し入れたが、アメリカ側は一切交渉の場に出てこなかったこと。代わりにハル国務長官が突き付けた対日要求(ハルノート)は、戦争以外に選択肢がない内容だったことを書き綴った。

その返事の最後にこう語っている。

「戦争の正邪は軽々しく判断できない。ただ一つ言えることは、日本とアメリカはやってはいけない戦争をやったということ。日本は中国大陸に戦線を拡大して誤った。アメリカは日本に戦争以外に選択肢がない状況に追い込んで誤った」

にもかかわらず、結果だけで敗者の日本が悪、勝者のアメリカが正義になった。「本当は双方の犯した過ちをきちんと認識しなければならない」と。
ff21c28daa617aff75a4887e93b71cb7-960x703[1]
中條さんの返事は膨大な枚数になり、それは後に『孫娘からの質問状 おじいちゃん 戦争のことを教えて』(小学館文庫)というタイトルで本になった。

そこには中條さんの手紙を読んだ景子さんの感想もあった。

「…興奮しました。いつも明るいおじいちゃんがどんなに真剣にこれまでの人生を歩んできたかがわかって胸が震えました。…こんなおじいちゃんを持っていること。それが私の幸せの一つです」

「今からでも遅くない。語ろう」、この決意が次の世代の心を掴み、未来に目を向けさせた。対話は過去と未来のブリッジになる。