56419558_294221061471065_3962972138104820392_n[1]
ベストセラー「Think clearly」に「謙虚さを心がけよう」という章に、あなたの成功は自ら手に入れたものでない、という提言があります。
少し紹介します。

「運は生まれつきのものだが、成功は努力して手に入れるものだ」
一般的にそう言われている。これは、あなたの人生にも当てはまるだろうか?これまでの人生を振り返って検討してみよう。
まず、あなたの「人生の成功度」に点数をつけてみてほしい。

あなたの人生の成功度(  %)
youth-570881_a960_720-1-e1531432954207[1]
次に、あなたが手に入れた成功のうち、あなたが努力し、働いて手に入れた個人的な成果の占める割合と、あなたがかかわれない要因や偶然がもたらした成果が占める割合の配分を考え、それを書き留めてほしい。
あなたが努力して手に入れた成果・・・・・・(   %)
あなたがかかわれない偶然がもたらした成果・・・・(   %)

周囲の人にこの質問をしてみたところ、もっとも多かったのは「個人的な成果が60%前後、偶然による成果が40%前後」という答えだった。あなたもおそらく同じような数字を書いたのではないだろうか?
180604-dream-1[1]
もう一つ、質問。
「あなたたちのうちどちらか一人はアメリカ(日本でも)で、もう一人はバングラデシュで育つことになります」
アメリカ(日本)で生まれたほうの子が、生まれた場所に恵まれたおかげで獲得できる収入は、その子の将来的な収入のうち、どのくらいの割合を占めているだろうか?
アメリカ(日本)で生まれた子が、生まれた場所のおかげで獲得できる収入・・・・将来的な収入のうちの(  )%

ウォーレン・パフェットは、生まれたときに運命づけられるこうした格差のことを「卵巣の宝くじ」と呼んでいる。
0aeed2ca8a30f9caae9e319e4d483a48-300x169[1]この質問をすると、ほとんどの人は「80%前後」と答えた。私もそう答えると思います。

つまり私たちは「私たちの収入のかなりの部分は、恵まれた国に育ったおかげで手に入った」と思っている。先進国に生まれることは、それほどまでに経済的に優位をもたらすものなのです。
そう考えると、「生まれた場所」が私たちの社会的な成功の大きな要因になっていることが、明らかではないでしょうか。
70億人の中の1億人、日本で生まれただけで幸せなのです!