2020年02月

人が動くリーダーシップ!(店長セミナー)

fa01090a-s[1]
名古屋のカフェチェーンの店長セミナーでした。
今日は「人が動くリーダーシップ」の講義をしました。これは、元スタバの岩田松雄社長の著書を参考にしています。数年前のブログでも紹介しました。
リーダーシップは「人間力」で決まりますね。
少し紹介します。
.リスマ性がなくてもリーダーになれる  
 「トップダウン型」でなく「支援型」を目指す

IMG_1371 (1)
⇒イ譴織蝓璽澄爾蓮謙虚である
  リーダーに求められるのは知識や威厳などではなく、謙虚で偉ぶらない態度

挫折を味わい、それを乗り越える
  挫折を乗り越えると、リーダーに必要な人間性と自信を身に着けることができる

い客様との接点(瞬間)を大事にする  
  ここに全スタッフの意識を集中させる

2a26301e-s[1]
ド垉〃な自分をコントロールする
 常に部下から見られていることを意識する

Ε好織奪佞魯蝓璽澄爾痢嵜祐崟」を見ている  
 スタッフを動かすのはリーダーの人間性

Я蠎蠅亡愎瓦鮖つことが第一歩  
  店長から関心を持って、いつも話かけること

1f2e7a52-s[1]
─1:10」を10回よりも「1:1」を1回  
  コミュニケーションの基本は「質×量」

女性スタッフは、こまめな挨拶と声掛けから始める  
  普段から気軽に言葉をかけられる雰囲気をつくっておくことが大切

「上が言うから」と言ってはいけない  
  「上が言うから」の一言でスタッフの信頼を失ってしまう

お客様よりスタッフが大事 
  店長がスタッフを大切にするからスタッフはお客様を大切にする

211eb644[1]
スタッフに権限を与える  
  任せられる仕事はスタッフに任せ、店長は店長の仕事をする

「ありがとう」をコミュニケーションのベースにする
  「ありがとう」の反対は「あたりまえ」あたりまえと思うと感謝の気持ちは生まれない

店長が「ありがとう」を言えば言うほど、お店の空気感は良くなります!!

フリーエージェント社会の到来!

73fc028a-s[1]
フリーエージェント (free agent) とは、組織に雇われない働き方をする人々ことですね。
主にインターネットを使って自宅で働き、アメリカでは労働人口の四分の一がこの働き方を選んでいます。

私自身も小さな会社を経営しているフリーエージェントですが、私の周りにもフリーランスで仕事をしている人がたくさんいます。

経営コンサルタント、英会話講師、社会保険労務士、大学の講師、ライター、飲食店デザイナー、フードコーディネーター、ウエブデザイナー、セミナー講師、プロカメラマン、セラピストなど色々あります。すべて自由業ですね。
上場企業の役員から「先生は自由な仕事でいいですね」と言われたりします。^^

「起業家」というテーマが流行った数年前から、「フリーエージェント」というテーマが流行りつつある日本。では、日本の5〜10年先と言われているアメリカのフリーエージェントは今、どんな状況なのでしょうか?
e4356039-s[1]
「フリーエージェント社会の到来」を少し紹介います。
これまで、アメリカにおける典型的な労働者は、組織に忠実に仕える「組織人間」だった。だが今日、組織に縛られない「フリーエージェント」が、新しいモデルになりつつある。

フリーエージェントは「フリーランス」「臨時社員」「ミニ起業家」の3つに分類できる。合計すると3300万人で労働者の4人に1人がフリーエージェントという計算になる。

ph_mv[1]
フリーエージェントが増えた背景には、4つの変化があった。
1・個人と組織の関係の変化・・・・・社員が会社の言う通り働き、会社が雇用や給料を保証する従来の労使関係が壊れた。
2・テクノロジー・・・・・コンピューターなどの生産手段が小型で安価になり、個人で所有できるようになった。
3・繁栄・・・・・生活が向上し、人々がやりがいを求めだした。
4・組織の短命化・・・・・企業の寿命が短くなり、人の寿命が長くなった。そのため、1つの組織に生涯務めるのが難しくなった。


フリーエージェントの台頭で社会は大きく変わる。
1・定年退職が過去のものになる。65歳を過ぎても、インターネットを駆使して働くフリーランスが増える。
778c75af-s[1]
2・「脱学校」化が進み、在宅教育の拡大や徒弟制度の復活など、フリーエージェント流の新しい教育が台頭する。

3・生活空間と仕事場が融合していく。
4・企業と外部との取引が容易になり、企業規模はミニ企業と巨大企業の二極化し、中間の規模の企業は消えていく。
5・人々のキャリアのあり方が多様化する。

自分の卓越した専門能力(スペシャリスト)に自信があれば、フリーエージェントで成功できますね。

沈没船ジョーク!(世界各国の国民性)

mainvisual[1]
今日の休日は午前中、スタバで読書、昼からwowowのコンサートやテレビを見ながら、来週のセミナーの準備、夕方から海水魚とアロワナの水替え、夜はスポーツジムです。^^
日曜の昼のテレビ番組「そこまで言って委員会」は、よく見る番組ですが、今日は世界各国の「沈没船ジョーク」を紹介していました。
この番組は名古屋・大阪から西日本の番組なので東京は放送していないと思います。

「沈没船ジョーク」これは、国民性を端的に表したジョークの1つで、意外にも当たっていると有名です。海外在住経験のあるAさんは、アメリカ人の友人とこのジョークで盛り上がったようで、西洋人から見ても非常に納得できるジョークだったようです。
boat1[1]
さて、その世界各国の国民性を表した『沈没船ジョーク』とは?
■世界各国の人々が乗った豪華客船が沈没しかかっています。しかし、乗客の数に比べて、脱出ボートの数は足りません。したがって、その船の船長は、乗客を海に飛び込ませようとしますが…。さて、船長が各国の人を飛び込ませるために放った言葉とは何でしょう?

アメリカ人に対して・・・「飛び込めばヒーローになれますよ」
ロシア人に対して・・・「海にウォッカのビンが流れていますよ」
イタリア人に対して・・・「海で美女が泳いでいますよ」

1-C-YOS721[1]
フランス人に対して・・・「決して海には飛び込まないで下さい」
イギリス人に対して・・・「紳士はこういう時に海に飛び込むものです」
ドイツ人に対して・・・「規則ですので海に飛び込んでください」
中国人に対して・・・「おいしい食材(魚)が泳いでますよ」
日本人に対して・・・「みなさんはもう飛び込みましたよ」

91cJOkneVJL._AC_SY445_[1]
韓国人に対して・・・「日本人はもう飛び込みましたよ」
北朝鮮人に対して・・・ 「今が亡命のチャンスです」
関西人に対して・・・「阪神が優勝しましたよ」

最後の関西人に放った言葉は、後になって付け加えられたものだとされていますが、それ以外は概ね各国の国民性が理解できるジョークとなっています。ちなみにこのジョーク、外国人が作ったとされていて、この話を飲み会ですると盛り上がるようですよ。是非、クイズ形式でやってみてくださいね。

いい質問が人を動かす!(新人セミナー)

1-1[1]
青森(弘前)のメガFC企業の新人セミナーでした。
物語さんの焼肉きんぐやかつや、からやま、コメダ珈琲店、エニタイムフィットネス等を東北・函館で多店舗展開されています。人材育成のサポートは、もう3年目に入ります。ありがとうございます。

今年は雪が少ないですね。写真は昨年のものです。
この弘前公園の雪桜を見たかったのですが、残念でした。^^
125791c1a116ef-773f-4bd0-8eba-50ad1f44fd3f_m[1]
さて、今日のセミナーで新人さんでも質問してくれる人がいますが、積極的な姿勢は素晴らしいですね。

「いい質問が人を動かす」の本を少し紹介すると、
●人を動かすには、命令してはいけません。質問をすることです。人をその気にさせるには質問をすることです。また人を育てるには質問することです。そして人生で勝利するには、やはり質問をすることです。

●質問されると〇弭佑掘↓答えてしまうのです。まるで強制されるように思考し、答えてしまうのです。

●私たちは質問による次の偉大な力を手にすることができます。
1187242[1]
1・思いのままに情報を得る
2・人に好かれる
3・人をその気にさせる
4・人を育てる
5・議論に強くなる
6・自分をコントロールする

この6つの力は、人生で成功するために必要な力だと思いませんか?まさに質問する力を身につけることは、人生で成功する力を身につけることに等しいと言えるでしょう。
400x300-f1-q85[1]
●会話が盛り上がるポイントを見逃すな!
会話をしていると、上滑りしているような会話が続いている中で、ある瞬間から急に会話が盛り上がるときがあります。その瞬間を「会話のティッピングポイント」と呼んでいます。

どんな時にティッピングポイントがくるのだろうか?

1・自信がある話題
2・関心がある話題
3・心地よい話題
会話のティッピングポイントは、話し手の関心があることや、話すこと自体で自尊心が満足するような話題になった時に訪れるということになります。
imasia_7194231_M[1]
●相手のティッピングポイントを見逃さないことです。それまでと明らかに話の勢いが違ってきますので、それを見逃さず、さらにその話を続けるように促していきます。
そのためには、相手の感情をとらえ、共感することです。
そうすれば、相手は気持ちよく、いつまでも話し続けてくれます。その結果、あなたは好意を獲得し、あなたの質問に気持ちよく答えてくれることになるでしょう。

スタッフの自己重要感を満たす!(店長研修)

201312_03[1]
串カツチェーンの店長セミナーでした。
パートアルバイト育成法のセミナーとスタッフ募集のディスカッションをしていただきました。
居酒屋チェーンとラーメンチェーンは、人不足で大変な状況です。スタバのようなカフェは、スタッフが集まりやすいですね。
クライアント先のタピオカミルクティーのチェーンでは、グランドオープンに200名ぐらい応募があります。大人気ですね。^^

さて、今日のセミナーで「スタッフの自己重要感を満たそう」という話をしました。
自己重要感とは何か?
imasia_7194231_M[1]
人間には、生まれながらに持っている欲求があります。その中の1つに「自己重要感」を高めることがあります。自己重要感とは「自分自身が価値ある存在である」「人より優れた部分を持っている」「人から尊敬されたい」という感情です。

自己重要感が満たされていないと劣等感を持ったり「ここに自分の居場所はない」などと感じて、そこから離れてしまうことがありますね。
相手の自己重要感を満足させるには、「真心を持って素直にほめる」ことが大事なのです。たとえば、スタッフが思った以上にうまくやってのけた場合、おっと思いますよね。
45048_photo1[1]
その驚きを素直に表現することです。
できれば、満面の笑みを浮かべて、
「すごい!」
「素晴らしい!」
「考えられない!」
と、大きな声でいうことです。

photo6[1]
そうすれば、その驚きと評価がスタッフにそのまま伝わり、「自分はすごいことをしたんだ」と気づき、自分は評価されていることを知ることになります。それこそが「自己重要感」ですね。
「真心を持って素直に言葉にしてほめる」そのことによって、人を動かすことができるのです。

驚きを素直に言葉にしてほめる。いつもより、ちょっとオーバーアクションでほめる。
それを3日間続けてみてください。それだけで、あなたの人間関係は大きく改善していくことになります。

スタバがマクドナルドを抜いた!(米国店舗数)

shutterstock_133078556[1]
今月号のフードビズ(外食専門誌)で、アメリカの外食チェーンランキングが掲載されています。
アメリカの外食業は、もちろん世界一の規模です。総額86兆円。日本が25兆円ですから、3.5倍の規模ですね。中国は68兆円ですが、伸び率が一番高いので、あと3〜4年で中国はアメリカを抜くと言われています。

このことを中国の経営者セミナーで、「もうすぐ世界一の外食マーケットになり、皆さんの未来は明るいですよ!」と話すといつも拍手が起こります。^^アメリカの人口は3億2700万人で、中国は14億人ですから、当たり前のことですね。
4yKTGYE[1]
アメリカの外食の特徴は、
|Ε董璽屮襯機璽咼垢進んでいる。
▲侫 璽好肇ジュアルが主流になっている。
デリバリー市場が膨らんでいる。
ぅ船ン市場が大きくなっている。


アメリカのベスト15位は、
1.マクドナルド   4兆2376億円  13914店
2・スターバックス  2兆2535億円  14608店

ref_l[1]
3・チックフィレ    1兆1506億円   2363店
4・サブウエイ    1兆1451億円  24798店
5・タコベル      1兆1397億円   6588店
6・バーガーキング  1兆 932億円   7330店
7・ウエンディーズ  1兆 473億円   5810店
8・ダンキンドーナツ   9665億円   9419店
9・ドミノピザ       7250億円   5876店
yd_fujii1[1]
10・パネラブレッド    6106億円   2055店
11・ピザハット      6091億円   7482店
12・チポトレ       5269億円   2452店
13・ソニックドライブイン 4891億円   2452店
14・KFC         4877億円   4074店
15・オリーブガーデン   4698億円    860店
20190227-OYT1I50068-1-1[1]
店舗数ではマクドナルドはスタバに抜かれましたが、マックの1店当たりの売上は3億320万円(年商)ですから強いですね。スタバは1億5700万円です。
チックフィレはチキンのチェーンですが、前年伸び率はナンバー1の16.7%で、年商は5億円です。凄まじい勢いです。
チキンフィレの詳細は、またの機会に紹介します。

最強のポジティブチーム

51ocef1pnLL._SX338_BO1,204,203,200_[1]
昨日の府中のバル業態、今日の渋谷の居酒屋業態の店長セミナーで、ポジティブチームの大切さの講義をしました。店長の質問の70%が人間関係で悩んでいます。^^
参考にしたのは、「最強のポジティブチーム」です。
ポイントを掲載します。

研究によれば、「ポジティブさが成功の原動力になる」すなわち楽観的な人の方が成功しやすい。

共通のビジョンと目的を活かし続け、楽天的、前向きに働けば、信念、愛、希望を持ったチームになれる。そうしたチームは、困難に直面しても、協力し合い目的を成し遂げる。
PK2019092902100036_size0[1]
時間をかけて、偉大な人間関係を築く。そのためには、メンバー同士でコミュケーションを取り、絆を深め、チームの結束を図る努力が必要である。

「私」よりも「私たち」を優先させる。自分のためではなく、お互いのために働く方が、チームとして望ましい姿になる。
9784072931080[1]
チームに「愛」と「責任」を持つ。あなたがメンバーに愛情を持っていることをはっきり伝えることだ。あなたが愛情を持っていて、メンバーたちもそれをわかっていれば、難しいことを頼み、もう一押しがやりやすくなる。

あなたの心の状態が状況を定義する。
世の中の状況があなたを定義するわけではない。状況を定義するのは、あなただ。状況が力を持っているのではなく、あなたの「心の状態」を形づくる愛や情熱、魂、目的、考え方こそが力を持っている。

誰もが偉大なチームになりたいと思っている。だが、偉大なチームになるためには、時間をかけて偉大な人間関係を築かなければならない。

70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_s[1]
グーグルの最も創造的なアイデアは、トップレベルの科学者から成るAチームではなく、Bチームから出ていることが明らかになった。
Bチームのメンバーは、社内で最も頭が切れるわけではない。つまり、成功の秘訣は優秀な頭脳でなかった。まとまりのあるチームから、自由な発想と偉大な発明が生み出されていたのだ。

チーム同士の絆があると、信頼と結束が生まれ、オープンに話ができる。メンバー同士が信頼し合うことで、1人1人が安心し、自分のアイデアに耳を傾けてもらえると感じる。そんな状況の中で、人は最高の力を発揮し、クリエイティブな仕事を成し遂げられるようになるという。

売上伸び率ナンバー1 玄品 実力女将

IMG_1621
ふぐ料理専門店の玄品(水本女将)の「売上伸び率ナンバー1」原稿が出来上がりましたので、少し紹介します。

今月は、入社6カ月にもかかわらず、大阪北新地(新店)の女将として采配を振るい、8月330万円、9月242万円、10月292万円、11月513万円、12月1012万円と売上伸び率を上げていった実力者、水本由香女将にお話を伺った。
12月の売上が11月の200%というのは、社内ナンバー1だ。

初回客が2回目に来店する率を水本女将に尋ねたところ、「ほぼ100%です」とのこと。驚愕である。通常は25〜30%なのだ。この脅威のリピート率はなぜなのか?
 
「この店は30坪40席なので、全席にご挨拶回りをします。鍋料理のお手伝いなどをしながら、お客様の会話を盛り上げています。お客様が接待のためにお呼びした方を、こちらも接待役のお客様と一緒になって接待させていただいたりします」と水本女将は語る。(さすがですね!)
IMG_1608 
こんなエピソードがある。3人対3人の、接待席の話だ。接待される側のお客様の方が早めに来店されたのだが、そのとき手みやげをお持ちであることに気付き、接待する側のお客様が来店された際にそれをお伝えして、すぐに玄品のお土産を準備させていただいたのだ。
そのお客様は「恥をかかずにすみました。女将、ありがとう!」と、たいへん感謝されたという。(こういう気遣いが大事ですね)
IMG_8391
水本女将が嬉しいと思ったことをお聞きした。
 一つは、初めて来店したお客様の話。満席のためお断りせざるを得ない状況で、「申し訳ございません。またお越しください」と言って、クーポン券をお渡しした。

後日このお客様が再び来店し、「先日は大変申し訳ありませんでした。ご来店ありがとうございます」と挨拶したところ、そのお客様は「よく覚えていてくれたね。女将が着物姿で丁寧にお客をお見送りしている様子がすごく感じよかったので、また来る気になったんだよ」と言ってくださった。それがとても嬉しかったそうだ。

IMG_8394 

もう一つは、記念日のお客様の話。玄品ではFG(ふぐ)クラブの会員にバースデーDMを送っている。奥様の誕生日にご夫婦で来店したお客様に対し、通常はお土産にポン酢をプレゼントするのだが、このときはフルーツの盛り合わせとチョコレートの誕生日プレートをサービス。奥様は「他のお店でこんなことをしていただいたことはありません。女将さんありがとう!」と、女将の手を取って喜んでくださり、女将も感動したという。

「強み」を伸ばす!

phpJoUvRq_5ae99b014aa70[1]
先週の店長セミナーで「店長として自分の強みを伸ばすべきか?弱みを克服するべきか?」という質問がありました。

「強み」を伸ばすことですね。
物事で失敗が続くとき、「自分はこの仕事に向いていないのではないか」とあきらめてしまう人と、失敗にめげすに目標に向かって努力し続ける人の違いのひとつに、自分の「強み」を把握して活かしているかどうかがあります。
406278977c4ab69fbb68b72e28230176_m-285x214[1]
経営学者のピーター・ドラッガーは次のように言っています。「何事かを成し遂げられるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない」

例えば世界のトップレベルで活躍するビジネスパーソンは、自分の強みをよく理解して仕事に活かしています。そして、困難に直面したときに強みを発揮して乗り越えます。強みを活かして働けば疲労もあまり感じないため、「こんなに楽しく働いて、こんなに報酬をもらっていいのか」と感じる人さえいます。^^
6fa9ff93-s[1]
ところが、私たち日本人は「弱み」を克服することに焦点を合わせがちですが、「強み」を伸ばすことのほうが重要です。
しかし、なかには「自分には強みがない」と思っている人もいます。でも、断言します。すべての人に「強み」はあります。ないと思っている人は、まだ気づいていないだけです。
自分の強みを知らないことは「宝の持ち腐れ」と同じで、大きな損をしています。

どうすれば自分の強みを見つけられるのでしょうか?
それは、信頼できる人から「強みコーチング」を受けることです。
自分で行うセルフコーチングという方法もありますが、私は他者からのコーチングをおすすめします。自分の強みはあまりにも当たり前で気づきにくいからです。
7e99114163a1e93cad76f8790d0d58c7_m[1]
強みコーチングでは、次の5つの質問について考えます。

1 自分にとって最も大きな達成・成功は何か?
2 自分の最も好きなところは何か?
3 何をしているときに最も楽しく感じるか?
4 どんなときに自分らしいと感じるか?
5 自分がベストの状態はどんなときか?


質問に答えることで、隠されていた新しい強みを発見できるかもしれませんし、自 分では当たり前だと考えていた資質が強みであったことに気づくかもしれません。
(神谷和弘教育コーチ メルマガ参考加筆)

夢なき者に成功なし!(吉田松陰)

6738c203[1]
今日のカフェチェーンの店長セミナーで、志・夢を持つことの重要性の講義で吉田松陰の話をしました。

数年前、童門冬二の小説「吉田松陰」を読みましたが、わずか2年の「松下村塾」で、高杉晋作・山形有朋・伊藤博文・久坂玄瑞など明治維新をリードした多くの俊傑を(100人)生み出しました。
久坂玄瑞は坂本竜馬、西郷隆盛に大きな影響を与えた人物です。

「誰でも持っている長所を引き出すのが教育である」という信念が、あれほどの人材を輩出しました。
なぜこれほど沢山の幕末維新の英傑が出たのか?
ebc2f399-s[1]
童門冬二は「その場における英才たちの人間的能力の相乗効果が発揮された」と語っています。ふつうだったら能力の足し算が関の山だが、松下村塾では「人間の掛け算」が行なわれたという。百×百=一万 この数字が強大なパワーとなって、世の中を変えていって幕府を倒し明治維新を実現させたのです。

それが出来た松下村塾と吉田松陰の力が、圧倒的に大きいのです。
司馬遼太郎の本にも出てくる有名な話に長州藩の「獅子の廊下の儀」という行事がありました。関が原に破れた毛利家では、正月の祝賀に登城した家来の代表が、藩主に向かって「今年は徳川を討ちますか」と聞く。これに対し藩主は「いや、今年はみあわせよう」と答える儀式のことをいいました。
95139f23[1]
これがなんと260回(年)も続いたのです。慶応末年になって、初めて藩主が「よし、今年は徳川を討とう」と大きくうなずき、これがきっかけとなり長州は薩摩藩と手を組んで、倒幕の軍を起こしたと伝えられいます。
薩摩藩の島津にも「関が原を忘れるな!」という行事がありました。


歴史は本当におもしろいですね。長州(毛利)・薩摩(島津)の260年間の執念が、徳川を倒したのです。
5b7496c2[1]
吉田松陰の私塾である松下村塾は、時代を変えるような高い人間力をもった人材を数多く輩出しましたが、松陰が塾生たちに繰り返し推奨していたのは次の3つでした。

1・志を立てること(立志)
2・優れた書物を読むこと(読書)
3・友を選ぶこと(択友)
心を奮い立たせるような志を持ち、人間力を高めるような本を読み、お互いの人間性を磨き合える仲間と付き合うということなのです。
Categories
livedoor プロフィール

田中司朗

book
QRコード
QRコード
TagCloud