2020年05月

在宅で見つめ直した日常(日経 何でもランキング)

shutterstock_737459251[1]
おはようございます!!
6月から、ようやくセミナーの仕事のスケジュールが入って来ました。(笑)
4月・5月はほとんど自粛(充電)で、少しクライアント先の社長との打ち合わせなどがありましたが、店長を集めてのセミナーは、まったく無くなっていました。

日経の何でもランキングに「在宅で見つめ直した日常」が掲載されていましたので紹介します。
私は、積んであったビジネス書を読んだり、書斎の掃除・整理整頓をしたり、6月以降のセミナーのテキスト作り、録画してあった映画を鑑賞したりしていました。
room-cleaning[1]スポーツジムも2カ月行ってないので、少しコロナ太りがありましたね。そのため30分のウオーキングをしています。
何でもランキング 気づいたこと
1・お金がかからない
2・自宅に不用品が多い
3・活動量が減り、食生活の見直し必要
4・家族のリスクマネジメント能力

28411958[1]
5・家族一緒の食事の楽しさ
6・衛生に気を配り風邪引かず
7・レトルトや保存食がおいしい

挑戦したこと
1・家財の断捨離・掃除
2・家の中でできる運動
3・録画や本など、眠るコンテンツの消費
4・動画配信サービスの利用

20200430_takeouturiageup_funai_main.jpg_2138588360[1]
5・飲食店のテークアウト
6・キャリアアップに向けた勉強
7・お菓子作りや料理

家族のリスクマネジメントとは、コロナウイルスとの戦いでは、家族はいわばチーム!「夫が手洗いと消毒に意外と大真面目」「感染予防の徹底に協力してくれた」と家族の姿に意外な一面を発見した体験が寄せられた。「コロナ離婚」といわれるが、共闘した配偶者を見直して絆が深まった家族も多そうだと。記事にはありました。^^

KFC売上前年比133%一人勝ち!(4月度)

kfc[1]
5月初旬のブログに、イタリアンのマリノさんの驚愕のテイクアウト売上(4月度平日28万円・土日70万円)を紹介しましたが、その後原稿を営業企画部長に送ったところ、なんとその後テイクアウトが伸び続け、原稿の売上の変更をお願いしますと連絡がありました。^^

なんと、5月度の売上の高い時は平日55万円、土日110万円なのです!!
もう一度言います。店の営業はせずに、テイクアウトとデリバリーだけの売上です。凄まじい売上ですね。(笑)

コロナが収束に向かいつつありますが、飲食はすぐには戻らず、半年間ぐらいは70%〜80%で推移すると思います。テイクアウトやデリバリーは習慣になったので、まだ伸び続けます。また日本人の給与・賞与が下がるので、低価格チェーンがまた復活しそうな感じですね。
(飲食店の損益分岐点は90%なので、ほとんどの企業は半年間は赤字になります!)
20200402-mcdonalds_full[1]
今日の日経MJに上場企業の4月度の前年売上が掲載されていましたので紹介します。
KFCの一人勝ちで133%です。これも凄いですね。
居酒屋・焼肉は営業をしていない企業があるので、▲50%〜▲90%です。

ファミレス・・・・すかいらーく▲58%  サイゼリヤ▲61%  ロイヤルホスト▲58%
         デニーズ▲57%  ジョイフル▲55%

ファストフーズ・・・・KFC133%  マクドナルド106%  モスバーガー104%
           吉野家▲4%  すき家▲12%  松屋▲22%

居酒屋・・・・鳥貴族▲96% ワタミ▲92% テンアライド▲84% コロワイド▲58%

焼肉・・・・牛角▲63%  物語コーポ▲51%  安楽亭▲51%

19173425e320b-8c5f-4aa2-91f8-4c6d0701e44a_l[1]
寿司・・・・スシロー▲44% くら寿司▲48% カッパ▲51% 元気寿司▲48%

麺・カレー・定食・・・・リンガーハット▲57%  幸楽苑▲50%  日高屋▲50%
        丸亀製麺▲45%  大戸屋▲48%  壱番屋▲26%  餃子の王将▲22%
        ドトールコーヒー▲64%  ほっともっと102% 

居酒屋店先で鮮魚販売!(コロナ対策 成功事例)

S1551058461333_1[1]
飲食店経営の先月号で紹介した「魚まみれ眞吉」の日紫喜社長が、「居酒屋店先で鮮魚販売」の内容が日経MJに掲載されています。
コロナ不況では、居酒屋さんが一番厳しい状況ですが、店先での鮮魚販売は多くなっていますね。
記事の内容を紹介します。

新型コロナ感染拡大による飲食店への打撃は日増しに悪化している。「最近ね、店先で魚屋をはじめたんですよ!」と元気な声を聞かせてくれたのが、都内で鮮魚居酒屋「魚まみれ眞吉」を5店舗経営するフィッシュウエルの日紫喜社長だ。
9e36ec8513f7fafbc3612405b20d5277[1]
魚まみれ眞吉は、日紫喜社長自ら豊洲市場に足を運び全店の魚を仕入れる。とびきり鮮度の良い魚をウリにして各店とも繁盛していた。
しかし、新型コロナ感染拡大で売上は激減。現在はランチ・ディナー営業やテイクアウト営業をしている。
さらに原宿店では店先での鮮魚販売も始めた。

「緊急事態宣言以降、豊洲に行くと魚が売れ残っていて、買い手がつかず捨てられていたんです。廃業する仲買も出るなどの噂も耳にして、少しでも力になれないかと始めました」と日紫喜社長は語る。

原宿店は店先の開口部は広く、近くにマンションなど住人が多いので商機があると判断。鮮魚販売は午前10時から午後1時ごろまで。4月末に鮮魚販売を始めたところ、近隣の住人が集まり、連日ほぼ完売。お客からは、「近くに魚屋が無いから助かる」と大好評だ。

origin_1[1]
一匹売りのマルモノは無料で三枚おろしなどにさばく。500円の加工費で焼き魚や煮魚、刺身になどにもする。加えて「日本さかな検定1級」に合格した無類の魚好き日紫喜社長によるタレント顔負けの口八丁手八丁の接客だ。

お客はこぞって店先に並ぶ魚の名前を聞き、調理方法を聞いて楽しそうに買い物をしている。まるで昭和の魚屋がやってきたかのようだ。
鮮魚販売が呼び水になり、テイクアウトの「海鮮丼1000円」「サバ焼き弁当700円」なども好評で、1日80食〜100食ほど販売する。鮮魚販売の売上も1日20万〜25万円と、ことらも好調だが、輸送費や人件費を引いたら利益はそれほど残らないという。

それでも日紫喜社長は、「自粛ムードで気持ちも沈みがちだったが、お客さんとのやりとりが楽しくて、『商売っていいなあ』と初心に返った」。
鮮魚販売は都内の緊急事態宣言が解除された時点での客足を見て、継続か終了かを判断する。ただ、「鮮魚販売+鮮魚居酒屋」のスタイルは今後の新店のヒントになっている。転んでもただでは起きない日紫喜社長のたくましさに学ぶことは多い。

JAL奇跡の校回復の秘訣(日本講演新聞)

saitouryuya1-1[1]
日本講演新聞に、稲盛和夫名誉会長の「心」出版の経緯と、JAL再生の秘訣についての講演(サンマーク出版の斎藤りゅう哉チーフプロデューサー)が掲載されていましたので、紹介します。
私の中国飲食店経営者のセミナーでも京都の京セラの講演に中国人が行きたい理由もよくわかりました。^^

私はサンマーク出版で編集の仕事を二十数年してきました。入社したのは1990年代の半ばです。
その頃は世紀末に向かって何となく世の中に不安が広がっていて、見えない世界に対する興味の高まりから一種のスピリチュアルブームが起こりました。

サンマーク出版も、当時はそういった見えない世界に関する本をよく出していました。私自身もスピリチュアルや見えない世界が好きでしたから、自分の好きなことと仕事が一致してこれまで楽しく働いてきました。

そのスピリチュアルブームも下火になってきた頃、私は日経新聞に掲載された、稲盛和夫さん(現・京セラ株式会社名誉会長)が仏門に入られるという記事を目にしたのです。
180603-the-way-how-to-live[1]
稲盛さんは当時から経営のカリスマのような存在でしたので、「そんな人が自らの心を磨くために仏門に入るなんてすごいな。この人の本を絶対出したい!」と思い、その年に私は稲盛さんの本の企画書を出しました。紆余曲折あって、その本ができるまでに7年くらいかかりました。それが2004年に出た『生き方』という本です。

おかげさまでロングセラーとなり、現在134万部を突破しています。中国では400万部、海賊版はおそらく2千万部ほど売れているそうです。夜になると露店で海賊版が売られていて、出版社もそのことを自慢げに言うのです(笑)。考えようによっては中国では合わせて2400万人の人がこの本を読んでいるということになります。


そこまで多くの方に広まると、人類の意識を変えてしまうほどの影響力を感じますし、稲盛さんの哲学に惹かれる人が多いということがわかります。
そして、2019年6月に出たのが『心。』という本です。『生き方』が出てから5年くらい経った頃、「次の本を出したい」と稲盛さんからご連絡があって、八重洲にある京セラの東京本社で打ち合わせをしました。
IMG_0042_pp-1024x683[1]
それまで、稲盛さんは会計学や経営に関する本、考え方や生き方についての本を出していたのですが、それとは全く違う内容にした上で、タイトルを「心」にしたいとのことでした。
ほかでもない稲盛さんご本人からのご提案だったので、すぐに企画が立ち上がりました。

けれどそれからまもなくして、稲盛さんは経営破綻したJALを再生するためにJALの会長に就任されることになったので、その企画は一旦お蔵入りになりました。

当時稲盛さんは、京セラの第一線から離れて、「盛和塾」という経営者のための塾や執筆活動へ活動の重心を移されていました。
JALが経営破綻して会社更生法が適用された際、プレパッケージ型という方式がとられ、業務が停止することはありませんでした。
しかし、世間からは「二次破綻はまぬがれない。誰がやってもほぼ再生はできないだろう」と言われていました。
yjimage[2]
もしここでJALの再生が失敗したら、今まで稲盛さんが言ってきたことや教えてきたことの全てが否定されてしまいます。周りの人からは「晩節(ばんせつ)を汚(けが)すことになるからやめたほうがいい」と言われたそうです。

それでも稲盛さんは、「JALが無くなると航空業界の大手は全日空だけになって、競争原理が働かなくなってしまう。それは消費者のためにならないし、何よりもJALの社員のためには意義がある仕事だから」と思い、誰もやりたがらない仕事だからこそ、自らやろうと決断したのでした。

稲盛さんは、「自分は素人だから航空業界の難しいことは分からない。自分にできることは社員の心を変えること」だと考え、最初に取り組んだのがリーダー教育でした。
JALの幹部社員を集めてセミナーを開き、稲盛さんが直接壇上に立って指導されることもありました。

そこで稲盛さんは何を語ったか。それは「人間たるもの嘘をついてはいけない」「人間たるもの正直でなければならない」そういった、小学校のときに道徳の授業で教えられるような、人間としての基礎・基本となる話でした。
yjimage[1]
最初、幹部社員から「何でこんな幼稚な話をわざわざ聞かなくちゃいけないんだ」とたくさんの反発があったそうです。しかし続けていくうちに、「自分たちは人間として大切なことができていなかったからこういう事態になったのだ」ということに思い至る人が増えて、段々と幹部社員が稲盛さんに対して心を開いていったといいます。

そして、稲盛さんの考えに共鳴する社員が増えれば増えるほど業績が上がり、改革を始めた1年目からJALは一気に劇的な回復をして優良企業になっていきます。
社員一人ひとりが、自分の都合や欲得よりも会社にとって何が大切かを考え、当事者意識を持って取り組んだ結果が利益につながり、「奇跡のV字回復」を実現できたのではないかと私は思っています。

1日10分思考の整理

DSC05541[1]
ツツジとバラが美しい季節ですね。ウオーキングしていても、ワクワクします。
愛車で走っても季節感は感じますが、歩いている方が初夏の美しさを発見できます。

さて以前、日経MJに「1日10分思考の整理」が掲載されていました。
自ら主体的な行動をするためには、定期的に立ち止まって仕事や人生について振り返るための時間を持つことが大切です。今はコロナ不況で、考える時間ができるので振り返ることができますね。
large[1]
私のセミナーでも解説しますが、7つの習慣に「タイムマネジメント」があります。
ゞ杁泙つ重要な時間(期限がある仕事)
緊急だけど重要ではない時間(効果のない会議・書類作成)
6杁泙任呂覆い重要な時間(自己啓発や新規事業)
ざ杁泙任盻斗廚任發覆せ間(SNSや暇つぶしのテレビ)


意外とほったらかしになりがちなのがの「緊急でないが重要な時間」ですね。自己啓発や新規事業に時間を割かなくても、生きていけますし、会社もすぐにつぶれるわけでもない。しかし、の領域は将来への投資なので、割かずして将来の自分の成長や事業は構築できませんね。
a5206314-s[1]
忙しくて、あまり割けられないという場合も考えられます。そんな時、まずは10分だけ確保するというのが、「1日10分の思考」です。まずは、どんな人生を送りたいのか、どんな仕事をしていきたいのか、10分間をじっくりと「思考の整理」にあてることが肝心です。

「あれもやりたい、これもやりたい」と色々とアイデアをお持ちかも知れません。そのアイデアの「何をどう進めるべきか」道筋が明確だろうかということです。何を目指し、どう進めればよいのか自問自答の習慣は「その日暮らし」の時間の使い方から卒業するキッカケとなります。

キャリア、事業展開の方法、将来のお金の不安解消などのテーマを選びます。そして10分間、書き出すことで自分を客観視し、クールな頭で整理していきます。
書き出しながら整理する手順は、〔槁検´△笋衒 9堝扱弉茲任后
行動計画のポイントは、「ハードルが低い第一歩目」を設定することにあります。


専門の書籍を読むことでも、英会話スクールの資料請求をすることでも、優れた先輩の話を聞くことでも、自己啓発セミナーにいくことでも、小さな一歩を進めることが大切ですね。
このように、「緊急ではないが重要」な将来への投資時間の質を高めるために、まずは10分間確保しましょう。
自分の仕事力や人生の質を高めていくために!!

近江商人 商売10訓 

e1e1e8ff-s[1]
江戸時代、滋賀県の琵琶湖南東に位置する近江地方に「近江商人」と呼ばれる商人たちがいました。天秤棒を担いで、地方の名産品を他の地方で販売し、帰りはその地方の名産品を買い付け地元に戻って販売するという独特の商法で、合理的な商売をしていました。

有名な「売り手よし、買い手よし、世間よし」という「三方よし」という経営理念を持ち、「天秤棒一本で千両稼ぐ」と言われ、数多くの成功者が出ていますね。
売り手、買い手の当事者だけでなく、「世間よし」という現代のCSR(企業の社会的責任)にも通じる見事なバランス感覚を持っていたのです。
8eebe783[1]
企業としては、伊藤忠商事、住友財閥、高島屋、大丸、西武グループ、東洋紡、ワコール、日本生命、武田薬品など、大企業の創業者が多いのです。
その「近江商人 商売10訓」を紹介します。

1 商売は世の為,人の為の奉仕にして,利益はその当然の報酬なり
2 店の大小よりも場所の良否,場所の良否よりも品の如何
3 売る前のお世辞より売った後の奉仕,これこそ永遠の客をつくる
4 資金の少なきを憂うなかれ,信用の足らざるを憂うべし

5 無理に売るな,客の好むものも売るな,客の為になるものを売れ
6 良きものを売るは善なり,良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
7 紙一枚でも景品はお客を喜ばせる
 つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ
8 正札を守れ,値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ

4f6c4933-s[1]
9 今日の損益を常に考えよ
 今日の損益を明らかにしないでは,寝につかぬ習慣にせよ
10 商売には好況,不況はない,いずれにしても儲けねばならぬ

「笑顔を景品にせよ」
笑顔は周りの人を幸せにする基本的スキルです。すごいギフトを考える前に、ほんの少し表情筋を動かすだけでできる笑顔というギフトを贈ることができます。

私たちは、顔や形や身長は自分では選べませんが、表情や姿勢は自分で選べます。笑顔の素敵な人は、美しい日常を送っている人だといわれます。いつも自分を輝かせるために、自分の表情と姿勢にいつも気を配りましょう!! 
(感動3.0自分らしさのつくり方 参考)

飲食店支援1億円突破(四日市クラウド さきめし券)

44d1629b-578d-4d52-8e4d-be45d317ef30[1]
中日新聞に、四日市の飲食店支援のクラウドファンティング「さきめし券」で、1億円突破が掲載されていました。現在1億2千万円です。素晴らしい取り組みですね。千葉の柏市でも4000万円突破しています。
さきめし券は4割増しサービス食事券で、4割は四日市市が負担します。これなら消費者もさきめし券を買いますね。(1万円で1万四千円分ですから!)

記事の詳細を紹介します。
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、資金繰りに窮した三重県四日市市内の飲食店を支援する「オール四日市!飲食店応援『さきめし券』プロジェクト」が好調だ。
クラウドファンディングを活用した取り組みで、支援開始日の四月二十八日に目標額の五百万円を突破。十五日時点で五千人以上が購入し、目標額の二十倍にあたる一億円を超えた。

EYHF6D-U8AAplAd[1]
四日市商店連合会の主催で、サイトに登録した飲食店の4割増しサービス券「さきめし券」を支援者に購入してもらう試み。千円なら千四百円、1万円なら1万四千円分の食事券が買える。
四日市市が割り増し分を負担し、補助金に1億五百万円を用意した。

購入者はコロナ渦収束後に、お得感のある食事を楽しめ、飲食店は将来の売上を先に獲得できる。一五日時点でサイトの登録の飲食店は約430店に上り、一店舗当たり七十五万円の支援金が集まった時点で、その店の募集は終了となる。

EYHF8q4UMAA_cpD[1]
四日市市商工課の担当者は「四割増しというサービスの割合に加え、四日市市は各地から人が集まる場所で、多種多様な飲食店が集まる土地柄でもある。『支援をしよう』という善意の輪が広がっているのではないか」と話す。

りきゅう(もんじゃ・お好み焼き)の名古屋接客とは!

IMG_1691[1]
来月号の月刊「飲食店経営」の原稿ができましたので、少し紹介します。 

りきゅうは名古屋を中心に展開するもんじゃ焼き・お好み焼き専門店。株式会社RIKYU(中村光代表)は現在9店舗(FC3店)を手掛けている。「100年企業を目指す」が同社の経営理念である。

コロナショック対策としては、テイクアウトメニューが充実している。家で作れるもんじゃ焼きとお好み焼きのキットも持ち帰りでき、好評だ。
今月は、毎年105〜110%売上を伸ばし続けているナディアパーク前店(月商700万円→1000万円)の店長であり、RIKYUのエリアマネジャーでもある江上久嗣店長にお話をお聞きした。

江上統括店長は「飲食店経営」の読者である。「実力店長シリーズで取材を受けるのが夢でした」と、開口一番に語ってくれた。(ありがたいですね)
image2 (1)
1.スピード感ある“名古屋接客”
江上統括店長(以降「統括」と表記)が考える「名古屋接客」とは、スピーディーな提供を求める名古屋人のニーズに応えるための「活気:スピード・親切心」のこと。(すみません、私もせっかちな名古屋人です…)
 
遅れて請求されることのないよう、お好み焼きは10分で(キッチンで8割作成)、もんじゃ焼きはすぐに提供する。(もんじゃ焼きはスタッフがテーブルで作る)「お好み焼き10分は、日本トップクラスだと思います」と、江上統括は言う。(すばらしい)土日ピーク時の客席回転率は5〜6回にも上る。
 
また、お客様が食事を終えたテーブル・鉄板を掃除し、次のお客様を案内して着席していただくまで「1分以内」を意識しているという。「少しでも早く、一人でも多くのお客様に、RIKYUのおいしいお好み焼きやもんじゃ焼きを召し上がっていただきたいからです」とのことだ。
IMG_7566 (1)
2.料理技術の向上
先代の社長は「お好み3年、焼きそば10年」を説く職人気質の人で、調理技術にはこだわりを持っている。キッチンはおいしいメニューを作る神聖な場所だとされており、このためキッチンで調理を行う人のほとんどが、調理技術を身につけた社員である。アルバイトスタッフも、キッチン作業に携われるようになるには1年以上かかるという。また、秘伝のおいしいオリジナルソースもRIKYUの強みだ。
 
もんじゃ焼きはテーブルでスタッフが作るのだが、鉄板の火加減が難しいため、ベテランが対応している。さすが、名古屋ナンバー1のもんじゃ焼き・お好み焼き専門店である。

3.アットホームな社風とスタッフの自主性
江上統括と中村社長は幼なじみである。社長と統括との距離が近いせいか、RIKYU全体にアットホームな空気が流れている。統括とアルバイトスタッフとの心の距離も近く、定着率が高い。
スタッフの紹介で次のスタッフが集まるので、求人費もほぼゼロだ。新人スタッフに対し、先輩スタッフが「RIKYUで頑張れば人を気遣う心や強い精神力が身に付くから、社会人になった時の、同期の人との差は大きいよ」と話しているそうだ。(すごいですね)
 
大学4年生のアルバイトリーダーが卒業する時には、次のリーダー候補がシフト管理や発注担当をやらせてくださいと、自分から申し出てくるような店なのだ。この自主性が伝統になっている。こうして次の世代へと、自然な形で責任感が受け継がれていく。

外食マネジャーのためのぶれないプライドの創り方!

IMG_4686[2]
友人の志賀内泰弘さん「プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動代表」からの紹介(プレゼント)で、元モスバーガー専務の田村茂さんの著書「外食マネジャーのためのぶれないプライドの創り方」が送られて来ました。

田村さんは、私と同世代で40年以上この飲食業界を経験されているので、この本は一気に読ませていただきました。4章の「7つのエピソードから学ぶホスピタリティ精神」は、感動し涙があふれました。わかりやすく書かれていて、心豊かに、人にやさしくなれる本です。今月のおすすめ本です。
この飲食業界の店長・SV・経営幹部の方は、ぜひ読んでいただきたいと思います。

「アルバイト学生が見せた笑顔と涙」を少し紹介します。
熊本市内のモスバーガーでアルバイトをしている男子大学生のエピソードです。
C君は毎週金曜日の夕方はほぼ入店しています。金曜日の16時頃になると決まったように強面のおじさんがドライブルーをご利用されるようになりました。なぜか不思議といつもタイミングよくC君が接客にあたります。

kv3s[1]
実は、その方が初めてご利用された時、ご注文の清算の際に、C君が「レシートはごいりようですか?」とお聞きすると、低音の野太い声で「いらん」と一言。
C君は怖い印象を受けたようですが、それでもニコニコしながら「かしこまりました」と返事をしました。

二度ほどこんなやり取りがありましたが、いずれも「レシートはいらん!」とのこと。
それ以降、このお客様にはレシートは特に渡さなくていいものと判断していました。それ以外の会話はほとんど交わしたことはありませんが、C君はいつも笑顔の接客を忘れませんでした。

それからまた半年ほど過ぎたある金曜日のやはり16時頃。
そのお客様はいつものドライブスルーではなく、いきなり店内に入って来られました。あまり顔色は良くなく、歩き方もややおぼつかない様子だったそうです。

19173425e320b-8c5f-4aa2-91f8-4c6d0701e44a_l[1]
その時も、レジ対応はタイミング良くC君。カウンターで少な目の品数をご注文されたそのお客様に、C君はいつものようにニコニコしながら応対します。
すると、その日に限って「おい!レシートをくれ!」
「は、はい!かしこまりました」

いつもは要らないとおっしゃるのにどうしたのだろうと、いぶかしく思いつつレシートを手渡しました。何か声を掛けてあげたい気持ちにかられましたが、そんな雰囲気ではありません。
C君は「レシートは珍しいな・・・」とそのお客様のことが気になりながらも夕方のピークタイムになり、あちこち動き回って仕事をしていると、いつの間にかそのお客様はお帰りになっていました。

ピークタイムが終わり、ふとダストボックス上に設置してあるアンケート回収ボックスに何か入っていることに気がつきました。
それはカウンターでC君が手渡したレシートでした。裏を見ると、たどたどしい文字でこう書かれていました。

「ワシは事情があって、もうこの店に来れんことになった。いつもあんたの笑顔がワシの支えやった。ありがとな。」
C君は涙をこらえ切れませんでした。
自分の「笑顔」がこれほど人を元気づけていたとは。笑顔のエネルギー、その大切さをあらためて感じました。
あの時声を掛けておけばよかった・・・C君は悔やみました。

CcqzXL2UMAAKS5r[1]
その時を境にそのお客様がご来店になることはありませんでした。どうされたかは想像の域を超えません。C君はそのお客様のことを追うことも調べることもあえて止めました。むしろそれが心遣いだと思いました。ただこのお客様の快癒を心からお祈りしました。

「あなたがいるから私はこの店に足を運ぶ」
マネジャー職にある人は、そうお客様から言ってもらえる「あなた」をいっぱい育てたいものです。
ブランドはそういう「あなた」の心から染み出るものです。

コメダ珈琲店の強みとは!

39672620-s[1]
このブログの管理画面に、なぜか過去のブログが上位に入ってくる時があります。
今回、2年前の「コメダ珈琲店の強み」が急浮上して来ました。なぜなのか、分かりませんが。(笑)
興味がある人が多そうなので、もう一度掲載します。

今日は大学の授業でした。喫茶・カフェチェーンの市場規模やブランドごとの強みの解説をしました。
特に名古屋ですから、コメダ珈琲店には学生も興味を持ちます。

10年前までは、コメダはモーニングの喫茶文化がある名古屋だから成功してきたと考えていました。正直、他のエリアでは難しいと思っていましたが、10年前に横浜の郊外で大成功したのを目の当たりにして、これでナショナルチェーンになると確信しました。
(現在900店舗になって来ました、海外でも成功しています)
cc3a9cf2-s[1]
その後コメダさんで3年間、店長・SV教育のお手伝いをしてきましたので、コメダの強みを理解しています。当時の社長に「大変失礼ながら、コメダさんの強みは何でしょうか?」(笑)と聞いたことがあります。
創業者が言われてきたことですが、

1・広い駐車場・ゆったりソファに座れる落ち着いた雰囲気
2・コーヒー中心のメニュー展開
3・セルフでなくテーブルサービス
4・常時厚手のおしぼり提供
5・新聞・雑誌の種類が多い
6・モーニングは、ドリンク料金でトーストとゆで卵がつく
7・たった500円で長時間くつろげる
8・明るく元気な接客
91789b3c-s[1]

これと言った強みがないように見えますが、「平均点より少しずつ良いものが、バランスよく集まっている」というのが強みなのです。^^
コーヒーも美味しくないという意見もありますが、コメダのコーヒーの飲み方はミルクと砂糖をたっぷり入れて飲むのがコメダ流です。
昔の喫茶店なのです。^^
7時から11時のモーニングで売上の40%を占めていることも驚異的です。(シニアマーケットですね!)

またコメダホールディングスの利益率が高い!!売上が259億円で経常利益が72億円。この利益率(28%)は上場企業ではナンバー1になります。なぜこれだけ利益が高いのか?
e33badb1-s[1]
FCさんにコーヒーを液体のまま物流しているからですね。セントラルキッチンで作った珈琲(原価一杯6円)をFCさんに60円で販売しています。(なんと10倍です)
FCさんは400円で販売していますから問題はありません。
この仕組みを作った創業者は凄いと思います。^^


今後3〜5年は、出店の余地がありますから成長しますが、他の喫茶チェーンが郊外に出店してきているため、その後は競争が激しくなりそうですね。
Categories
livedoor プロフィール

田中司朗

book
QRコード
QRコード
TagCloud