7aa83c78
物語コーポレーション様のオンラインズームセミナーでした。
コロナ禍のため、春のセミナーは中止になりましたが、秋のセミナーはズームセミナーで実施していただきました。ありがとうございます!

テーマは基本に戻って、「スタッフの採用・定着・育成」です。その中で、「店長は脇役・スタッフが主役」の話をしましたので、少し紹介します。

組織において主役は誰だろう?

E789A9E8AA9EE38388E38383E38395E3829A
多くの場合、圧倒的多数を占める部下ではなく、わずかな人数の経営陣が主役となってしまっています。
経営陣が注目を浴び、経営陣が賞賛される。組織の中では、その経営陣の命を受けた上司が重要な仕事を抱え込み、部下には補助的な役割しか与えらません。
しかし、「この仕事の主役は自分だ」という意識がないかぎり、部下は育たちません。

02right01
人は誰でも、
1 できるようになりたい、
2 ほめられたい、
3 周囲から認められたい、
という欲求を持っています。

すなわち、自分が主役になりたいのです。
だから、部下の意識を上司の脇役から仕事の主役へと変える必要があります。

5f9f9836
そのためには3つのことが大切です。
1つ目は部下に自信をつけさせることです。
ではどうしたら自信がつくだろうか?
それは勝ち癖をつけさせることです。できるだけたくさん小さな成功の体験をさせることです。
しかし、部下に成功体験をさせるからといって、上司がすぐ手を出したり、かわりにやってしまうのでは意味がありません。部下にチャレンジさせ、自分自身の成功体験をつくらせるのです。

e708e2bd
2つ目は、
良いことがあったら部下の功績とし、悪いことがあったら、上司が責任をとることです。
実際は良いことがあると自分の手柄とし、悪いことがあると部下に責任を押しつける上司が意外と多いようです。
これでは部下からの信頼は得られません。むしろ上司は脇役でいいのである。
部下が育ち、部下がイキイキと仕事をし、組織目標が達成されれば、それは最終的には上司の功績となります。

上司の最大の職務は、部下の仕事をやりやすくすること、その環境をつくり出すことである。自らは黒子に徹し、部下を前面に押し出し、部下を主役にすることができたら、あなたは一流の上司といっていいでしょう。

1b80af6a
3つ目は
部下の成功を心から喜べることです。
部下の成功は、つまるところ上司である自分自身の成功です。したがって、わが事として喜べることが大切です。いつまでも自分が主役でいたいという上司は、ときには部下の足を引っ張ったり、ときには嫉妬したりします。
昔からできる上司よりも、少しできない上司についたほうが、部下が育つといわれるのは、主役になれる機会が多いからです。

店長は脇役のサポート役・スタッフが主役の店づくりが必要ですね。