20230929-09291305-sph-000-4-view
ネットニュースで池江璃花子選手と中国のエース・張雨霏選手との「美しすぎる抱擁」が掲載されていて感動しましたので紹介します。

中国でも広がる感動 地元メディア「美しすぎる抱擁」「強者が強者を称える」

杭州アジア大会は29日、競泳女子50メートルバタフライ決勝で池江璃花子が銅メダルを獲得した。
メダルセレモニーの後、25秒10の大会新記録で優勝し、大会6冠を達成した中国のエース・張雨霏と涙ながらに抱擁。長年、ライバルであり友人として切磋琢磨してきた2人は、池江が白血病から復帰した後も張は常に励ましてきた。この場面は日本のみならず、地元・中国でも感動を呼んでいる。

中国メディア「浙江日報」は「ともに表彰台に。張雨霏と池江、涙の抱擁」と見出しを打って報道。「表彰式の後、コーチ陣の前に立った池江はたまらず涙を流した。それを目にした張雨霏も涙が我慢できない。観客も心を動かされ、抱き合う2人に次々と拍手を送った」と情景を伝えた。

20230927-OHT1I51367-T
この時、会場の大型モニターにはちょうど池江が病魔に打ち勝つ様子、張雨霏など選手たちが池江にエールを送る映像が流されていたという。記事の筆者も「私もまた2人に拍手を送りたい」と称えた。

「美しすぎる抱擁」と伝えた「潮新聞」は「池江の物語は、誰もが知っているはずだ。天才少女から白血病罹患へ、病魔克服からプールへの復帰という物語を」と改めて池江の歩みをクローズアップ。「張雨霏と池江の友情についても、みな初耳ではないだろう。2人はライバルであり、また友人だ」。

池江が復帰後、張は大会で常に池江にエールを送り、時に「be the best of yourself」と書いた手のひらをカメラに向けてメッセージを送り、時にプール脇で抱擁し合ったことを伝えた。

20210403-OHT1I51041-L
その上で「今回の杭州アジア大会で、張雨霏は池江が持っていた大会記録を次々破ったが、プールを上がれば2人の間にあるのは最もシンプルな友情だった」と大会6冠を達成した中国のエースと池江の関係性を強調。

「今日の表彰式で、張は笑みを浮かべうれしそうに観客の声援に応えていたのだが、池江の姿を目にするや、たちまち涙が抑えられなくなった。振り返って見つけた池江と2人で抱き合い、ついには一体どちらがどちらを慰めているのか分からなくなっていた」と描写した。

目の当たりにした光景に、記事の筆者も胸を打たれた様子だ。「私たちはともすると、試合の場は激しい闘いの場だ、競技スポーツは勝つことこそが重要だと考えがちだが、この2人の抱擁は私たちに、試合の場にはほかにも金メダルを超えた美しいものがたくさんあることを教えてくれる」と勝ち負けだけじゃなく、国境やスポーツの域を越えた友情があるとし、「池江がプールにいることに感謝したいし、アジア大会の会場に互いに称え合う2人がいることに感謝したい」とつづった。

20230930-00359021-theanswer-000-1-view
「強者が強者を称える。張雨霏と池江、表彰式を終え、抱き合って涙」と見出しを打った「ジーボーバ」は「表彰式の後、張雨霏と池江は抱き合い、涙を流した。池江はジャカルタアジア大会で金メダルを6つ獲得し、張雨霏は杭州アジア大会で金メダルを6つ獲得した。トップレベルのスポーツ選手の、互いを称え合う姿には、心を動かされずにはいられない」とやはり好意的に伝えていた。

大会中には、張雨霏が池江について「彼女がプールにいるだけで奇跡なんです。それは私たちの誰にとっても励ましなのです」などと想いを語っていたが、そうした敬意と友情が感じられる2人の抱擁に大きな感動が広がった。