8d1751282c28386ee2cb954d5453ea48
今日と昨日の店長セミナーで東京ディズニーリゾートの感動の手紙を読み上げましたが、もう一つ「いつまでも宝物」が手元にあり涙が溢れましたので紹介します。

ある日、インフォメーションにひとりの男性が暗い顔でやってきました。
「あの...落し物をしてしまって」
「どういったものでしょうか?」
「サイン帳です。子どもがミッキーとかミニーちゃんのサインが欲しいって

園内のいろんなところを回って書いてもらったものです。あと少しでキャラクター全員のサインがそろうところだったのですが...」
インフォメーションにはサイン帳は届いていませんでした。

3750b_1332_229f185b_ad535011
心当たりの場所にもかたっぱしから電話をかけてみましたがどこも届いていないという返事でした。
「ご滞在はいつまででしょうか?」
「2泊3日のツアーに参加しているので2日後のお昼には帰ることになっています」

「ではこの後もう少し探してみますので、お帰りの前にもう一度こちらにお立ち寄りくださいますか?それまでには見つけられると思いますので」
そのキャストはサイン帳の特徴を詳しく聞き、男性を送り出しました。

男性が帰った後さらにいくつかの小さいセクションに電話をしました。サイン帳のことを伝え、さらにほかのキャストにも声をかけてもらって大勢で一斉にパーク内を探しました。ところがどうしても見つかりませんでした。

img_lead
キャラクターのサインがあるサイン帳だから誰かがそれを拾ったときにうれしくて持って帰ったのかもしれません。
2日後、この間の男性がインフォメーションに現れました。
「どうでしたか?」
たぶん見つからなかっただろう、という口ぶりでした。

キャストは残念そうに答えました。
「大変申し訳ございません。全力で探したのですがサイン帳を見つけることはできませんでした。しかしお客様...」一冊のノートが差し出されました。
「どうぞ代わりにこちらのサイン帳をお持ち帰りください」

渡されたノートを開いてみると、そこにはなんとキャラクターのサインが書かれていました。
しかも、キャラクター全員分のサインがちゃんとそろっていたのです。
キャストは落としたサイン帳と同じものをお店で見つけてきていろんなエリアを回りキャラクターたちにサインを書いてもらったと説明しました。
男性は顔をくしゃくしゃにして喜び、何度も何度もお礼を言って帰りました。

DSC08965
この話はこれで終わりではありません
後日1通の手紙が届きました。

先日はサイン帳の件本当にありがとうございました。
実は連れてきていた息子は脳腫瘍をわずらっていていつ大事に至るかわからないような状態でした。
息子は物心ついた時から、ディズニーのことが大好きでした。

「パパ、いつか絶対ディズニーランドに連れていってね」と毎日のように言っていました。
私はそうだね、行こうねと答えながらでももしかしたら約束を果たせないかもしれないと不安に思っていました

64408-9-9e1d0caf9b4747502eb641da219714e8-1774x998
命は、あと数日で終わってしまうかもしれない。だからせめていまのうちに喜ばせてあげたいと思い無理を承知でディズニーランドに連れて行きました

その息子が、夢にまで見ていた大切なサイン帳を落としてしまったのです。
息子の落ち込みようは見ていて苦しくなるほどでした。
しかし、あなたが用意してくだっさたサイン帳を渡した時の息子の顔が忘れられません。

「あったんだね!パパありがとね!」本当に、本当に幸せそうな顔でした。
ほんの数日前、息子はこの世を去りました。
ずっと、サイン帳をながめていました。

1914_2-2
「ディズニーランド楽しかったね。また行こうね」と言い続けていました。
眠りにつくときも、サイン帳を抱えたままでした。
もしあなたがあのとき、サイン帳を用意してくれなかったら
息子はあんなにも安らかな眠りにはつけなかったと思います。

息子はディズニーランドの星になったんだと思います。
あなたのおかげです。本当にありがとうございました。

手紙を読んだキャストは、その場で泣き崩れました。