20000000000000004913_0000042597_5
氏神様や自宅の神棚に手を合わせるときに、最近では「ありがとうございます。今の幸せに感謝いたします」と何度も合唱するようになって来ました。
若い頃は「仕事がうまくいきますように。金運がアップしますように!」(笑)ばかりでしたが、歳を重ねると「ありがとうございます」しかないですね。

さて、脳科学者「瀧靖之」先生の「幸せな人は長生きする」を紹介します。私の大先輩で80歳85歳でも元気に社長業・コンサル業をされている方々にも言えることでしたので共感しました。

最近の研究で明らかになってきたことがあります。
それは、「幸せな人は長生きする」ということです。

fc2701b9
これまでの医学は、人の内面を研究対象として扱ってこなかった歴史がありますが、近年は人の内面に研究分野をどんどん広げています。

その中の一つに「幸せ」があります。幸せを医学の世界では「主観的幸福度」と呼びます。「主観的」というのがポイントです。ささやかであっても自身が「幸せ」と感じることが大事なのです。

主観的幸福度が高いということは、健康にリスクを与えるストレスレベルが低いということです。ストレスレベルが低いと、動脈硬化症や、高脂血症、糖尿病などの発症リスクが下がるのです。結果的に寿命が延びる。このようなことが分かってきました。

ですから、やはり「人生は楽しい」「自分は幸せだ」と感じることは、健康や寿命に影響するということです。

00eb4b17
人の内面について、ほかにも次のような研究結果があります。
子どもが感謝、思いやり、日々楽しいと思う気持ち、こういうものを持つと、それが自身にプラスの影響を与え、その結果主観的幸福度を高め、ストレスレベルを低下させます。

また、親のストレスレベルが低いと、子どものストレスレベルも低くなります。逆に、親のストレスレベルが高いと、子どものストレスレベルも高くなることが分かりました。
ここから「親が幸せだと子どもも幸せになる」ということが見て取れます。

私の専門分野は認知症です。認知症にならないためにはどうしたらいいかということを、これまで16万人以上の脳画像を見ながら考えてきました。すると、認知症の研究から「子どもの好奇心」の大切さが分かってきました。

dd9bf848
歳を取っても仕事に趣味にボランティアにとイキイキと活動している方というのは、小さい頃からの好奇心を維持している方が、本当に多いのです。
認知症の予防に効果があるのは、 ̄親悪▲灰潺絅縫院璽轡腑鶚趣味や好奇心の三つです。

の趣味や好奇心を持つことは、子どもの将来にわたる脳の健康にも関わってきます。でも、それだけではないのです。子どもが好奇心を持って、何か一つでも趣味を持つと、「人生が広がる」のです。

ad41c619
普通では知り合えない方と、趣味を通じて出会うことができる。世代・立場・国を超えて知り合うことができる。言ってみれば『釣りバカ日誌』のハマちゃんとスーさんのような関係になれるんです。
どんなに健康な人でも、歳を取れば脳は老化し、さまざまな能力が低下していきます。
しかし、幼い頃から好奇心が高い人ほど、歳を取ってからの脳の老化速度が遅いのです。

好奇心が旺盛な人は、歳を取ってからも人生を楽しめる人、といえるでしょう。
「(主観的幸福度が高い)幸せな人は、そうでない人と比べて10年近く長生きしやすい」という海外の研究者の報告もあります。
ですから、皆さんには最後に「好奇心には人生を変える力がある」とお伝えして終わりたいと思います。