ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。


*注
プロフィールについては、設定を変更できないので、2015年5月1日現在で以下の通りです。

日本歯周病学会  退会
日本障害者歯科学会  退会
八南歯科医師会稲城支部長  任期満了
稲城市歯科医会会長     任期満了

日本臨床歯科CAD/CAM 学会 所属
有床義歯学会      所属

共通言語を大切に

DSC_0772一昨日の日曜日は、うちの二人の歯科衛生士とともに、実習研修に参加してきました。

実は、私は2回目。
なので、実習はサポートに回るだけでしたが、一番の目的はスタッフに実習前の講義を聞いて欲しかったんですね〜。

私だけが聞いて理解していても、診療室のシステムとしてはなかなか上手くいくものではありません。
私の意図をスタッフが正確に理解し、診療に反映してくれるためには、同じ研修を受けなければなかなか伝わらないものなんです。
そして、共通言語を持つ。

いわゆる「股聴き」では、間に立った人間の独自の解釈というフィルターがかかってしまうんですね。

そして昨日一日。
スタッフの動きを見ていると、先週とは全然違います。

折角の休日に、文句も言わずに研修に参加してくれるスタッフには、改めて感謝ですね〜。

何度も繰り返すことの大切さ

waveone_gold_img_01ここのところ、立て続けに同じ写真を使っていますが、これは Wave One Gold という根の治療に使う機材。

根の治療に使う機材は本当に多種多様で、今までにも多くの機材を使ってきましたが、現在のところ私のベストはこれかな?というモノです。

ただ、実際はこれ一本で全てまかなうというものではなく、サイズで4種類、長さで2種類、付随して使う他の機材が4種類と、取り揃え、在庫管理するだけでも一苦労(これは根の治療の機材全てに言えるのですが)なんですが、それでも相当シンプルになりました。

なによりも、以前では数回通院が必要だった処置がほとんど一回でできるということと、なかなか綺麗に処置できなかったところも実に簡単。

これとマイクロスコープとの組み合わせで、「一回の処置時間」「治療終了までの期間」「治療内容の確実性」が飛躍的に向上しましたが、反面これを導入していなかったらと考えるとゾッとします。

とは言え、ちょっとしたコツで機材をさらに生かすことができるのも、全ての道具を使う仕事の共通点。
また、気づかないうちに自己流になる危険もあるので、研修で習い、確認することは大切です。

さらに以前、ある先輩に言われた「同じ話を何度も聞くのは大切」という言葉を実感しています。

それは、自分の理解力が変化するので、同じ話でも注意するところ、気づくところが違うんですね。
一度聞いたからもういいやというではないのです。

先日早退して受講した研修でも気づかされることがあり、これまた行ってよかったな〜と実感しています。

早退のお知らせ

waveone_gold_img_01予約が取りにくい中、大変申し訳ありませんが、本日の診療は5時半に終了します。

なので、4時半以降の急患の方も本日は対応できません。

理由は、研修会に参加のため。

本当は、休診日に参加したいのですが、なぜか今日参加する研修会はいつも水曜日の夜。
実は、昨年も一回参加したのですが、急患の方を受け入れたところ遅刻してしまい、最初の方を聞き逃してしまいました。
今日も同じ内容というわけではないのですが、やはり最初からキチンと聞きたいので、あえて早退することにしました(通常だと、どうしてもギリギリなので)。

今年もすでに予定している研修会が10を超え(いえ、もう20に届こうかと・・・)ているという状態で、相変わらずという感じですが、早退するのは今のところ今日だけです。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

最新のモノを選ぶ基準

waveone_gold_img_01おそらく、診療室のレイアウトの為せるイメージのせいと思いますが、「先生のところって、最新の治療って感じですね」と患者さんに良く言われます。

まあ、良いイメージを持っていただいてくださっているのでしょうから、それはそれで嬉しいことですが、実は最新のものを導入するかどうかには明確な基準があります。

それは、

削る器械、クリーニングする器材など、患者さんのお口の中に残らないもので、設計基準に納得できるものは最新のものをできるだけ導入。

反対にセメント類、根の治療時に用いる薬剤、詰め物・被せ物(最近でいえばセラミックやジルコニアなど)など患者さんのお口の中に残るモノについては、その臨床評価が安定するまで(数年かかろうとも)導入しません。

最新のモノの良さは認めますが、実績が無いモノは「信頼」できず、長期的な不安があるからです。

なんでも「最新」が良いわけではないと考えています。

ちなみに今日の写真は「根の治療」時に使うバー(ドリルと言えばわかりやすいでしょうか?)。

控えめに言っても「画期的」なこの道具のおかげでどれだけ診療が楽に(早く・確実になったという意味で)なり、予後の不安が減ったことか。

こういうモノは、大歓迎ですね(高価なのが難点ですが・・・)






読んでみて欲しい一冊

513qtN6lweL._SX324_BO1,204,203,200_






















以前からそのお名前と活動は知っていた長谷川先生の著書。

実は、長谷川先生の医院の近所に知り合いの歯科医師が開業しているので、「変わった認知症専門医」の存在は彼から3年ほど前に聞いていました。
で、それ以来ブログを時々読んでいたので、今度の新著は速攻で購入。

う〜ん、素晴らしい。
本当は、歯科医師が書くべき内容でしょうが、おそらく歯科医師でない人(医師ですが)が書いているから説得力があるのかもしれません。

スタッフ全員の分も購入し、課題図書にしました。

待合室に置いておきますので、ぜひご一読ください。

ちなみにうちは、「良い歯科医院の条件」6つのうち、5つが合致していたので、ちょっとそれも嬉しかったりして・・・・(^^;

待合室案内

DSC03638ちょっとわかりにくい写真ですが、うちに通院経験がある方ならお解りいただける(と思われる)、待合室のフォトフレーム。

患者さんに知って欲しいうちの診療の案内を掲示しているものです。

診療方針や、注意事項。
診療の種類や自費診療の案内などを一定時間でコマ送りでお伝えしています。


この年末年始のお休みに、内容を全面リニューアルしました。

以前に見直したのはいつ?というくらい久しぶりなので、実はすでに止めてしまったしまった治療内容が表示されたり、今一番おススメしたい内容が入っていなかったりと、少し前からかなり気になっていました。


今回、新たに作製して、自分の診療方針や内容が随分変わって来ているんだな〜と、改めて実感しました。
ちなみに、こういうことは苦手にしているのですが、外注してしまうと大抵自分の望んでいるものはできてきません。
面倒でも(苦手でも)自分で作らなければと思って頑張ってみました。


とは言え、見直してみるとまだ足りないところが・・・。

これからも、ちょこちょこ更新しますので、見て下さると嬉しいです。

でも、器材だけではありません

DSC03551昨日、器材に関する投稿をしましたが、実は治療を受けた患者さんに
「先生、これって初めて見たけどこういう新しい器械ってつかいこなすのも大変なんでしょ?」
と、一昨日言われました。

実はその通りで、新しい器材は導入だけでなく研修やトレーニングも必要です。

マイクロスコープでいえば、泊りがけの合宿(?)研修を2回受けていますし、それ以外にも研修会に参加しています。
また、さらなるレベルアップを図るために、すでに研修会の申し込みも・・・。

そして、こういう研修に終わりはありません。

でも、その結果が患者さんの予後に直接繋がります。


およそ真面目な学生でなかった私が毎年研修会に参加しつづけるのは、ある種の快感を知ってしまったからかもしれません。


器材の進歩のおかげです

DSC03551今までにも何度か投稿していますが、一昨年より診療にマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を取り入れています。

正直、世界が変わりました。
今まで手探りでやっていたところが、見える。
これだけで、まったく結果が違います。

新年の最初の予約は、どうしても年末に不安を抱える処置をした方が多くなります。
その中でも「一度うちで治療したけれども、結果が芳しくない」という方。
そういう方々(いや、そんなに多くないですが)が昨日・一昨日と数人受診なさったのですが、われながら驚くほど結果が良くてホッとしました。

もちろん、マイクロスコープだけの場合と、それ以外に昨年春から取り入れた新器材との組み合わせという場合もあるのですが、以前の器材だけであればとてもこんな結果は得られなかったと実感しています。

相当額の投資になりましたし、投資に見合う新たな「保険請求」が増えるとか「自費診療」ができるわけではないので、見方によっては「自己満足」とも言えるかもしれません。

でも、なによりも仕事の結果が良いというのは、患者さんにとっては全てです。

少々勇気がいる導入でしたが、年初から「入れて良かったな〜」と、ちょっとうれしいスタートになりました。

livedoor プロフィール

fdo964

Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ