ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。


*注
プロフィールについては、設定を変更できないので、2015年5月1日現在で以下の通りです。

日本歯周病学会  退会
日本障害者歯科学会  退会
八南歯科医師会稲城支部長  任期満了
稲城市歯科医会会長     任期満了

日本臨床歯科CAD/CAM 学会 所属
有床義歯学会      所属

平常診療時間&日

haisy_chiryo世間では、今日から連休の方が多いようですね。
さらに、そのままお盆休みで長い連休の方もいらっしゃるようですが、うちでは例年通り「お盆休み」はありません。

来週は、月曜日(山の日)と木曜日(定休診日)は休診しますが、それ以外は通常通り。

ただ、スタッフは交代でお休みしますので、急患の受け入れ枠は狭くなっています。

モニタリングをより充実

unnamed-3うちでは、抜歯や歯周病関係の手術などのいわゆる「観血処置」時には、血圧・心拍数・酸素飽和濃度・心電図波形のモニタリングを採っています。

平成8年からそうしているのですが、これはあるお医者さんから

「歯科治療って、全部外科処置だよね?その上、麻酔を頻繁に使うのになぜモニタリングしないの?」

と訊かれたことがあったから。

それまでは、患者さんへのアンケートで高血圧やその他の疾患があるという方の処置前に血圧を測る程度でした。

モニタリングの器械は40万円以上しますから、そうそう気軽に購入できるシロモノではありませでしたし、あまりそういう意識がなかったんですね。
それに当時は、モニタリングしながら処置する歯科医院は少なく、セッティングしていると患者さんから「却って緊張する」などと言われたりしていました(今でも言われますが)。

しかし、実際に使っていると隠れた高血圧を発見したり、術中の患者さんの体調の変化に気づけたりと「使っていて良かった」ということがあります(そうそう頻繁ではありませんが)。

そうすると、私も使うと安心。


なので、新型コロナウイルスの影響というわけでもありませんが、この8月から高血圧性疾患や糖尿病、てんかんや血管系の基礎疾患のある患者さんには、観血処置だけでなく、一般的な歯科処置時にもなるべくモニタリングしようと簡易型の器械を数台導入しました(これなら安価なので)。

今までやっていなかったことを始めると不安に思う患者さんもいらっしゃいますが、安心のためご協力をお願いいたします。




話題のポピドンヨード

bukubuku_ugaiイソジンによる新型コロナウイルス対策が話題になっていますが、賛否両論。
ある意味、大騒ぎになっていますが、個人的には下記の記事が私としても同意できる内容と感じています。

「ポピドンヨードによるうがいは新型コロナを改善させる」は本当か?医師が解説

注意点としては、
予防のために日常的にしないこと。
安全の為、長期間継続的に行わないこと。
でしょうか?

なんらかの症状がある、もしくは感染のリスクが高い時に1日4回最大限で4日間のうがいという意見もあります。

ただ、記事中にもありますが、口腔内を清潔に保つことが基本ですね。

歯医者だから言っているわけではなく、お医者さんたちのブログなどを読んでも皆さん書いてらっしゃいます。


足を運んで、

antenna_memo_man感染者の数がどんどん増え、終わりの見えない新型コロナウイルス問題(個人的には、終わりは無いと感じていますが)。

いろいろ出歩かない方が良いのかもしれませんが、そんなことばかりは言っていられません。

実は、昨日の日曜日は、歯科専門書籍を扱うお店に行ってきました。

新しい書籍の案内はどんどん来るのですが、安価とは言えない専門書ですから、そうそう安易に購入はできません。
できれば、実際に内容を確かめてから購入したいので、定期的にそのお店には足を運んでいます。
が、今回の騒動で定期的の期間が開いてしまったので、人が少なそうな時間を狙って行っってきました。
幸い(?)お客は私一人。

ネットの情報やオンラインセミナーも以前に比べれば信頼性も高まり、レベルアップしているのは理解していますが、書籍の重みは別。

それに、立ち読みだけでも多くの示唆が得られるのが、専門店訪問の利点。

もちろん、購入書籍もありますが、それ以上の学びを得られる専門店が存続してくれることを、切に願います。

スタッフの視点

diet_futoru_man入れ歯を新しく作ったり、修理したりして、それがちゃんと使えているのかどうか知ることは、意外に難しいものです。

10年ほど前に、東京都摂食嚥下指導医の認定を受けた際の研修でも、患者さんの言う「噛める」と歯科医師の診るべき「噛める」の違いをどう埋めるか随分と悩みました。

キチンと噛めていなければ、たくさん食べている様に見えても痩せてしまいます。

実は、少しでも「噛める」ことを客観的に評価できないかと、4月に測定器具を導入しました。

施設基準の認定が6月末にようやく届いたので、これから積極的に使う予定なのですが、先日測定した患者さんの結果からスタッフが思ってもいなかった提案をしてくれました。

私としては、本当に意外、でも納得の視点。
う〜ん、私一人では思いつかなかったでしょうね。

こういう提案ができるスタッフがいてくれるというのは、本当にうれしいものです。

リアルタイムの効用

81HmOBm7efL._AC_SL1500_うちの患者さんやスタッフには公言していますが、実は私は糖尿病です。

もともと中学生の頃から空腹時に低血糖症状が出、そんな時にチョコなどを食べると症状が治ることを経験的に知っていました。

なので、糖尿病の勉強をした時に「あ〜、自分はこれだったのかな?」と感じました。

ただ、血糖値を測るのはお医者さんの検診を受診した時くらい。

Hba1c で高めと言われてから低糖質の食事や、食べる順番などにも気を配ってきましたが、残念ながら年々数値は悪化傾向でした。

考えてみれば、それも当然で、本で読んだ知識やお医者さんのアドバイスだけで対処していたからで、それが効果的なのかは知る術が定期検診しかなかったからなんですね。

血糖値を測る器械も買って測ったりもしましたが、痛かったり、信頼性に乏しかったりとあまり良い器械に出会わず、いつしか放置状態に。

ところが、今年の4月に FreeStyle リブレをあるお医者さんがブログで紹介しているのを読み、自分でもやってみました(やっています)。

そうすると、自分でも意外な血糖値の数値変動がわかり、それに合わせて対処方法も若干変わってきました。

面白いのは、仕事の日と休日で数値変動の仕方が随分と違うこと。

やはりリアルタイムでの数値測定は、気づきやヒントが多く、結構この器械は頼りになっています。



二次効果

DSC0364718871504_1317596641611628_1669287923_n現在、うちでは2台のマイクロスコープを使用しています。
メーカーが違うために使い方が若干異なってしまうので、治療部位で使い分けしています。

ただ、当たり前ですがどちらも「拡大して見る」その拡大率が、今までの拡大鏡とは次元の違う世界。

最初のころは、とにかく使いにくく、それでも頑張ってという感じだったのですが、キチンと研修を受けてからは無くてはならないものになっています。

そして、使い慣れてくると、今までとは違った視点が生まれてきます。

それは「今までであれば見逃していた小さなむし歯を見つけられる様になった」「今までであれば気づかなかった病変に気付く様になった」ということです。

拡大鏡でざっとお口の中を見ていても「あれっ?」と感じ、そこをマイクロで確認すると、ちゃんと(というのも変ですが)むし歯がある、ということが、ここ1年ほど本当に増えました。
もちろん、レントゲンにも写らないほど。

途中で「もしかしたら見間違いで、なんでもない歯を削っているのかも?」という不安さえ感じることがありましたが、実際そんなことは皆無で、的中率100%です。

しかも、それが削ってみると意外に大きいということも。

患者さんには、余計な疑念をもたれたく無いので、なるべく録画もしていますが、驚かれることがしょっちゅうです。

これは、自分でも意外な二次的効果ですね。


(ちなみに写真は3年まえのもの。現在の感染対策の服装とは異なります)



3年先を見据えて

medical_doctor_tablet_man目標設定とか、長期ビジョンという、「先の事を考える」ことが苦手なのですが、昨年から仲良くなった歯科医師や業界関係数人の人たちとの付き合いの中で、いろんなことを知ることができるようになり、先の事を考えることが楽しくなってきました。

そうすると、診療のシステムも変えなくていけないところが、次々と見つかります。

あそこをこうして、ここをああしてといろいろ考えていると、実現できるかどうかは別にして、楽しくて仕方がありません。

そうして、診療のレベルが上がり、ひいては患者さんの幸せに繋がれば、こんなに嬉しいことはありません。

幸い?明日明後日の連休は天気も悪いようですから、うちに篭っていろいろとシュミレーションですね。
livedoor プロフィール

fdo964

Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ