ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。



* プロフィール設定ができなくなっているので、現在は下記の状態です。

日本歯周病学会   退会
日本障害者歯科学会 退会
八南歯科医師会 稲城支部 支部長   任期満了
稲城市歯科医 会長          任期満了
有床義歯学会     会員




遅ればせながら

brain8_tmn2000-ta昨日、発注していた自動温度測定器が届きました。

基本的に、covid19 が収束したら不要になりそうなモノは極力導入したくないのですが、毎回患者さんを測定するスタッフの手間と時間を考えたことと、おそらく今後も当分必要だろうと考えたからです。

それに、価格もかなり安くなりましたからね。

今まで3台の測定器を使っていましたが、これでようやく開放されるかしら?

それにしても、見慣れているとは言えモニターは綺麗ですし、測定も速いしで、価格を考えるとちょっとびっくりです。

すでに

antenna_memo_man高齢化社会という言葉が言われて久しいですが、先日ある医療論文を読んでいたところ、「高齢化ではなく、すでに高齢社会」という認識で臨床に取り組んでいるという文面に出会いました。

自分の日常を振り返っても、照会状を書く頻度も以前とは比べものにならないほど増えていますし、お薬手帳のチェックは必須。
血圧測定の回数も増える一方です。

そして、常に「何かあるかも知れない」という疑念を持ちながら診断するようになってきています。

そしてそれは、高齢者だからというだけでなく、ひと昔前であれば成人病という認識だった疾患が若年層にも増えているので、油断はできません。

医療連携の安心感

banzai_sagyou_hakui_peopleいわゆる「持病」を持っている患者さんの治療は、当然ながら何もない方に比べて様々な気遣いが必要です。

特に、心臓・循環器系や脳血管系の既往歴を持つ場合、麻酔から始まって、そもそも歯科治療をしても安全なのか?という場合すらあります。

なので、かかりつけのお医者さんに照会するのですが、以前に比べてとても風通しが良くなってきています。
また、うちで使用しているカルテ用コンピュータが、先週ヴァージョンアップして照会状の入力/出力がスピーディにできるようになりました。

こうした「医科」からの返事があると、とても安心して処置ができます。

たまに面倒臭がる患者さんがいらっしゃいますが、安全・安心の治療への理解と協力をお願いしたいところです。

9月4日(土)、休診します

41sUOTjazKL._AC_UL320_本日、9月4日は、休診いたします。

予約がとりにくい中申し訳ありませんが、本年最初の臨時休診です。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

今日の写真は、先日、ある患者さんから「リラックスできるわ〜」と言われたアルバムです。

気付きにくいところですが

DSC_1361先日、歯を削る「タービン」(あの、キーンっていう奴ですね)の調子をメーカーの方に調整してもらいました。

写真は以前のユニットで撮影したもので、現在のユニットにしてちょうど一年半。

購入当初から、水が目一杯出るように調整してもらっていたのですが、わずかに水量が減っていたんですね。
ほんのちょっとのことですが、定期的に水量を測定していると、すぐに気づけます。

水垢が溜まったり、ホースの劣化などで変わってくるのですが、今回は思い切った対策を施してもらいました。

おかげで、実に満足する水量に。

思い切った、というくらいですから負担が大きくかかるところが出るのは承知の上。
でも、この水量って治療の予後に大きく影響すると考えているので、背に腹は変えられません。

水量の大切さを教えられたのは、卒業した年に、とある名人と言われる先生から。
それ以来、マメにチェックするようにしています。

苦手克服のために

5F99AD4F-248A-4350-9114-E1FEC392A5CF私の尊敬する先生達が出した新しい本が、昨日届きました。


ジルコニアという、今のトレンド(?)を代表する素材に関する内容です。

実は、このジルコニアにはあまり良い思いがなく、かなり苦手意識を持っています。
初めて使った患者さんで良い結果が得られなかったんですね。

自分の勉強不足が原因ですが、それにしても最初の印象というのは根強く残るもの。

セミナーも受講したのですが、とにかく気を遣わなければいけない所が多い上に、なかなか理解に苦しむところも。

まだ、昨日の診療後にパラパラっと見た程度ですが、「1から学ぶ」のタイトル通り、私が知りたかったことがQ&Aにしっかりと書かれていたり、失敗しないための勘所も記載されて、苦手意識もなんとか克服できそうです。

患者さんにお勧めする本ではありませんが、とても良い本だな〜と今朝も出勤して読んでます。

時代の要請?

pose_shock_girl先日、うちの滅菌器の一つが妙な音を立てていたので、すぐさま、業者さんに点検を依頼しました。

というのも、昨年、(予備も含めて)3台も備えておいた別の器械がなんと次々とすべて壊れてしまい、新たに買い換えるという事態になってしまったため。

幸い、今のところ使えていますが、昨年の経験からすぐに新しいモノを発注しました。

驚いたのが、納期。

今までであれば、遅くても2〜3週間程度だったのですが、数ヶ月かかるとのこと。

やはり、このご時世の影響でしょうか?

ちなみにうちが導入した頃は、導入する歯科医院が少ないということもあり数日だった記憶があります。

やはり、時代の要請なのでしょうね。

壊れてもなんとかバックアップはできますが、その手間を考えるとなんとか持って欲しい・・・。



今までの延長、ではありません

computer_doctor_manCOVID - 19 の影響で研修会やセミナーがほとんど全てオンラインになってしまったのですが、でもだからでしょうか、今までは考えられなかったほど無料や格安のセミナーが続々配信され、受講可能になってきています。

今までは「ちょっと興味がある内容だけれども、時間や価格を考えて受講を控えていた」ものもこれなら気軽に受講できます。

そしてここのところ、立て続けに受講して感じるのが「新製品情報の変化」です。

同じ系統の治療材料でも、その使い方には微妙(いえ、見方によってはかなり)な変化があり、その意味、術式を知らないで同じような手順で使用すると、所期の性能が発揮できないばかりか従前の材料の方がはるかにマシということにもなりそうです。

実は、今まで以上に良い材料となると、ほとんどの場合、価格も高いですし手順も複雑化します。

残念ながら、保険診療では価格が一定ですから、その中で敢えて高価な材料を使い、時間もかけるということは当然ながら利益は下がります。
それでも良い材料を正しく使えば結果は良いわけで、そう思って使う以上、正しく使うということがとても重要です。

そういう意味で、安価なセミナーなどでそういう「今までの延長でつい使ってしまいそうな製品情報」などは大助かりですね。

livedoor プロフィール

fdo964

Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ