ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、もともと私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください(以前、友人のブログが、匿名コメントが発端となり、閉鎖に追い込まれたことがあるものですから)。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。


*注
プロフィールについては、設定を変更できないので、2015年5月1日現在で以下の通りです。

日本歯周病学会  退会
日本障害者歯科学会  退会
八南歯科医師会稲城支部長  任期満了
稲城市歯科医会会長     任期満了

間接研修

8ed1aa0a.jpg昨日・一昨日の2日間、横浜で行われた総義歯関係の講演会に出席してきました。
2日間で7人の発表を聴いたのですが、改めて今の私のやり方の細かい詰めの確認ができ、有意義な2日間でした。

そして、それにも増して休憩時間に出席者のある先生(これまた、超優秀な歯科医師)にかねてからの疑問を質問したところ、明解な答えを頂きました。

ある意味マニアックな集まりだったのですが、だからこそ集まる人たちは皆さん真剣&情熱のアツさが尋常ではありません。
なので、休憩時間のちょっとした雑談の中に沢山の気付きがあります。

こういった講師からではなく、受講者からの研修もとても大切。
ただ、休憩時間が無くなるので少々疲労しますが・・・。

恐ろしい・・・

DSC02892朝から、先日の研修会の復習をしていたのですが・・・。

以前と違い、資料を配らずスライド(パワポ)を自由に撮影させるのが最近の傾向。

私自身の講演会の時もそうしていますが、受講者が手元の資料に目を通したり、ノートに書いていると、その時に伝えたいことが素通りしてしまうことがあるんですね。
なので、記録したいことはどんどん撮影して後で見てもらうようにし、その場では話に集中してもらうことを重視しています。

で、その撮影した画像の文章を読み返せば十分復習になるはず。

・・・・・なのですが、すでに記憶が飛んでいるところがちらほら。

まだ四日しか経っていないのに、この有様とは、我ながら記憶力の衰退ぶりに愕然とします。

恐ろしい・・・・。

自分はどうかな?

4eb3fbc6.jpg先日、とある医療機関を訪問したときのことですが。

事前に場所を調べるためにそこのHPを確認したところ、院長先生の中々感じの良さそうな写真を見て安心して行ったのですが、これが驚くほど感じが違いました。

感じが悪いとまでは言いませんが、写真から想像していたのと随分違った雰囲気だったんですね〜。

こういうとき、すぐに我が身を振り返るのが似たような職種の性。

果たして自分のHPやブログのイメージって、現実とギャップありすぎないでしょうか?

ちょっと心配です。

ゼロからのスタート

b18081ba.jpg土曜を休診にし受講した、土・日曜の2日間の研修会。

私にとってはエポックメイキングとも言えるような内容でした。

事前にある程度の情報は得ており、内容の予測はしていたのですが、そんな予測を嘲笑うような濃い〜内容でした。

研修会と一言で言っても、すでに自分が行なっている手法のレベルアップを計るためのもの、まったく知らない分野のことを知る為のものなど様々ですが、今回はその両方をミックスしたような内容でした。

一言で言えば、今までやっていた診療行為のなかでなかなか解決できなかったところを、新しい技術で補うという感じでしょうか?

ちなみに、その「新しい技術」を理解するのが大変で、これはもう「経験」などなんの役にも立たない領域。
とは言え、それを臨床に落とし込むにはやはり経験が必要。

つまり、今までの自分の臨床に対する姿勢と、さらなる「レベルアップに臨む情熱」の両方が要求されるわけです。

正直、道は険しいですが、ここでおめおめと挫折するわけにはいきません。

頑張らねばっ!

明日、休診いたします

01842d9d.jpg明日、2月4日(土)は、研修会出席のため休診いたします。
来週11日(土)も祭日で休診になるので心苦しいのですが、1年ほど前から受講したかった研修会なので、申し訳ありません。

その分、キチンとレベルアップして診療に役立てます。

よろしくお願い申し上げます。

在ることではなく、使いこなせていること

Tpa124m先週、久しぶりに借金してとある器材を導入しました。
借金するくらいですから、それなりの大型器材です。

いろんなメーカーの物を見て触って研修を受け、悩んだ挙げ句に導入しましたが、これが本当に良かった!
まさか自分でもここまで使えるとは予想もしていなかったのですが、だからこそ早くさらに使いこなせるようになりたいところです。

ところで、うちはHPにこういう器材についてはほとんど紹介していません。

それは、「器材があることが重要なのではなく、それを使った結果が大切」と考えているからです。
器材はあくまでも手段の一助。
それがあるから良い結果になるとは限りません。

患者さんは器材があるだけで凄いと思ってくださるようですが、そんなに簡単なものでは無いんですね。

今年は、4月からさらに本格的な研修も受講する予定になっていますので、私が「使っている」と言えるようになるのはそれからかも?

今は「使ってみている」程度ですね。
それでも無い時とは随分変わりましたが・・・・。

発想の転換

Tm9783日前の木曜日に、学校歯科医を拝命している平尾小学校で歯科講話を行ってきました。

毎年、3年生を対象にもう20年近く行っています。

が、毎年毎年試行錯誤の連続。

世代というのもありますし、同じ年でもクラスによって雰囲気がまったく異なり、手応えに大きな差が生まれるんですね〜。
ある年のあるクラスで上手くいったからといって、同じ年の別のクラスではシラ〜っとしたりと、本当に難しいんです。

いろいろ経験を積んで人前で話すことが以前ほど苦にならなくはなっているのですが、それでも毎年この小学校の歯科講話の前日はちょっと憂鬱。

で、今年も直前までいろいろと考えたのですが、ふと気づいたのが「自分本位でしゃべってる」ということ。
工夫しているつもりでも、相手の事に対する考えが自分の価値観が基準になっていたんですね。

そこで、思い切って内容を変え、児童の発言を多くとりいれるようにしてみました。
しかもその場で変えたために時間がちょっと余ってしまったのですが、それも却って上手くいく要因になったのには、ビックリ。

結局3クラスともとても良い雰囲気で終えることができ、行きの気持とは正反対の気分で帰途につけました。

苦節20年。

やはり何事も続けるものですね。



年始早々

R0013713昨年暮れは、自分が休日診療当番だったのですが、なんと年始に自分が休日診療の受診者になってしまいました。

我が身が帯状疱疹を発症してしまったからなんですね。

自分で言うのもおこがましいですが、今まで来院者の帯状疱疹を見つけることが多々あり、しかも内科受診を勧めた結果担当医から「よくこの段階で帯状疱疹ってわかりましたね」と言われたこと数回の実績があったのですが・・・。

自分のことは解らないとつくづく実感しました。

いや、ひょっとして?という感じはあったのですが、忘年会・新年会と楽しみにしている宴席の魅力に判断が曇りました。

幸い周囲のサポートもあり、今のところ経過も順調で診療にも支障がないのでここで公開しますが、改めて気づかされることも多く、自分の慢心の故かと反省しきりです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

image当院は、本日1月6日より診療を開始します。

昨日、すべてのパソコンの動作を確認し、全ての医療機器の具合も確認。ユニット周り、タービンなどの水も流し、準備万端です。

私は、年が明けたからといって、格別目標設定などはしない主義。
とにかく、一日一日、目の前のことを一生懸命やるだけです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

本年もありがとうございました

9c36b15e.JPG自分の診療室における診療は、28日の午前中で終了。
そして昨日は、多摩市の休日応急歯科診療所での当番医での診療でした。

いつもそうなのですが、ここでの診療はとても緊張します。
もちろん、患者さんもこちら以上に緊張なさるんでしょうけどね。

幸い、来院者数も少なく、電話での相談も一件だけで平和に終えることができました。

毎年そうなのですが、やはり一年の区切りというのは無事終えると心からホッとします。
その反動でしょうか、昨晩は記憶をなくすほど呑んでしまいました。

とは言え、まだやらなければならない業務もあり、年内に一回、年明けに一回診療室に行かなければなりません。


それにしても、今年も本当に多くの方々に来院いただきました。
歯科医院過剰と言われている昨今、ありがたいことです。

この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました。


来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

年末年始の診療

wine-around-the-world今年ももうあとわずかですね。
なので、年末年始の予定を掲載しておきます。

年内は、12月28日(水)の午前中にて終了いたします。
年始は、1月6日(金)から通常診療です。

まる1週間の休診なので、ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い申し上げます。

これが波?

R0013712先月の静岡講演後も、所属している総武臨床研究会で講師を務めたり、その他休診日にもほとんど研修会に出席しつづけ、このところ充実した日々を過ごしています。
今までもそうだったのですが、なぜか出席したい研修会って、続くんですよね〜。
(無いときは無いのですが・・・・)

そして、それに連動するかのように器材が次々と買い替え時を迎えています。
新しい器材を入れたいな〜と考えると、それにタイミングを合わせるかのように、故障するんですね。

それと厄介なのが、パソコンなどのヴァージョンアップ。

研修会で気に入って購入しても、診療室のパソコンのヴァージョンが古いと使えないという事態が・・・。

いやぁ〜、参ります。
正直、散財続きのここ最近(いや、散財ではなく必要な設備投資ですね)。

処置がうまく行くような波は大歓迎なんですが、こんな波は・・・。

桜静会講演

DSC02655一昨日の16日(水)は、午後休診し静岡市で講演を行って来ました。

たまたま知り合いが静岡市歯科医師会のとある勉強会の学術担当ということで私がお呼ばれしたわけなのですが、さすがに歯科医師会会員の主催となると、プレッシャーも大きく、かなり緊張しました。

が、出席の先生方の温かい雰囲気のお蔭で無事終了。
懇親会も盛り上がり、お役目はなんとか果たせたかな?と一息。

事前に何度も練習したのですが、やはり人前でお話するということは、事前の練習量にその結果が左右されますね。
ちょっとパワポにトラブルが発生したのですが、なんとか無事終えることができたのも練習のお蔭と思います。

これって、診療と同じですね。

私は毎日事前に予約の患者さんの診療を予約簿をみながらシュミレーションするのですが、やはりちょっとでも事前にイメージしておくと診療もスムーズに行きます。

ぶっつけ本番は、メンタルが強い人は良いでしょうが、私のような小心者には難しい・・・。

好み

R0013713昨日の投稿で、私のコンセプトとの違いという一文を載せました。

もしかすると、コンセプトというよりもアプローチ方法と言った方が適切かもしれません。

圧倒的な知識と高度なテクニックの数々を見せられ、改めて演者の先生の研修を受けようかと考えたのですが、それを思いとどまったのはその研修会の序文を読んだから。

前後は略しますが、私が気になったのは「・・・欠損にたいする補綴処置の第一選択がインプラントになってから・・・」というところ。

いえいえ、私の第一選択は「入れ歯」なんです。

もちろん、インプラント処置も否定はしません。

しかし、私の方針としては第一選択にはならないんですね。

これはもしかすると歯科医師の「好み」という次元にすらなるかもしれませんが、処置の選択をするベースにはその歯科医師の得意不得意から始まって、最終的な医療目標がどこにあるのかが決定打になります。

あとは、そのコンセプトを患者さんが受け入れてくださるかどうかというところかもしれません。

たとえコンセプトは違っても

R0013713先日の文化の日(11/3 )には、「再生療法の今を語る」という講演会を受講してきました。

歯周病の治療方法には様々な方法がありますが、その一つである「再生療法」。
比較的歴史が浅く、また歯周病への深い理解と高度な手術テクニックが必要とされるので、あまり一般的ではありませんが、成功すればびっくりするほどお口の中は変わっていきます。

以前は私も随分と取り組んだのですが、いろいろ事情がありあまりやらなくなっていました(というかここ数年は全く)。
しかし、やらないから知らなくても良いというわけではなく、知識としては必須です。

案の定、ちょっとサボっただけで「そんな考えがあるのか!」「そんなテクニックがあるのか!」と、進歩の度合いを目の当たりにすることに。

やはり聴いて良かったな〜と実感しました。


とはいえ、私がこれを自分の診療に用いるかというと、かなり微妙なところ。
というのも、診療に対するコンセプトが違うから。
私がこの処置方法をやらなくなったのもコンセプトがだんだんずれてきたからなんですね。

ただ、かつては自分も最先端の知識を有していたと自負していた分野でも、ちょっとサボるとあっという間に置いていかれるということに改めて気付かされました。

やはり、研修&勉強は続けなくては・・・。

後は「腕」ですね・・・

DSC_0048私の臨床にとって欠かせない口腔内写真。
勤務医のころからその重要性を感じ、勤務先の院長のカメラを借りて撮影していたところ、あまりに使い倒すので「自分のを買ったら?」と言われ、購入したのがたしか卒業1年目の終わり頃。
当時、給料の半額くらいの価格だったので、随分と思い悩んで購入したものです。

そして、時代はデジカメに。

銀塩時代とは比べ物にならない簡便さと低コストにより、本当に楽になりました。

が、デジカメはデジカメならではの設定が必要でなかなかそれが理解できないでいました。
でも、自分で歯科医師向けの講演会の講師をやり始めると、そんなことは言ってられません。

で、新しく買い替えて使っていましたが、どうも今ひとつ。
でも、カメラも何が良いのかわかりませんし、ましてや設定となるとチンプンカンプン。

ところがひょんなことからレッスンプロの方と知り合いになり、さらに先日のブログにも記載したように世界的に活躍している方のセミナーも受けるチャンスに恵まれました。

当然ながら良い写真は器材に大きく左右されます。

早速教えていただいた器材を購入しました。

DSC_0051⬆まずは、市販のものを購入し、そのまま組み立てた状態。

DSC_0062⬆そして、講師の先生おススメのアダプターを取り付けた状態です。

あとは設定を含めた「腕」が問われるところ。

かなりの高額投資になりましたので、無駄にならないよう頑張らなければ・・・.

手取り、足取り

R0012396先週の日曜日(10/23)に、またまた写真撮影のセミナーに参加して来ました。

偶然2週続けて写真講座が続いたわけですが、それぞれ被写体と撮り方が全く違うので、それぞれに面白い体験でした。

実は今回の写真撮影セミナーの講師は、アメリカで歯科技工士として活躍されている方で、そのご高名はかねてより聴いていました。
なのでどうしても参加したかったのですが、さすがに申込者殺到と言う状態。
かろうじて滑り込めたのはラッキーでした。

アメリカでラボを開業なさっているのですが、顧客である歯科医師は全国です。
当然ながら患者さんの情報は写真に頼るほかなく、その分写真に要求される条件はシビアです。
そういった環境から「いかに、コミュニケーション手段として” 使える ” 写真を撮れる」かどうかということはとても重要です。

そして、ほとんど外注技工という業態が一般化している日本でもそれは一緒。

それにしても、全世界でご講演なさっているということで、さすがに教え方は上手。
手取り足取り、丁寧に教えていただき、大満足の一日でした。

受講の成果をだすために、早速器材を注文。

楽しみです。

異分野

4f5347db2b82267323d66cfa6bf4556f昨日の日曜日は、写真撮影のセミナーに。

歯科治療の中で、美しく、見やすい写真を撮ることの重要性は年々増しています。

私が歯科医師になった30年ほど前は、歯科の写真というと治療経過を撮影し、それを勉強会や研修会で発表することにより、自身の臨床レベルを上げるということが主な用途だったように思います。

しかし、デジタルが登場し、「撮ったその場ですぐ見ることができる」ようになってからは、患者さんの理解・協力を求めるにも有効な手段ですし、技工士さんなどとの意思疎通にももはや必須。

しかし、自己流でやっていたのではなかなか上手に撮る事はできないことを感じていました。

特に銀塩世代ですから(?)、デジカメならではのセッティングは、メーカーや詳しいアドバイザー任せ。

それがひょんなことから、デジカメ撮影のレッスンプロの方と知り合いになり、特別枠で教室を開催していただきました。

これがもう、目から鱗というか、まったく知らない世界の扉を開けてしまったような衝撃。

実は、偶然ながら来週も歯科の写真に特化した写真教室を受講します。

写真なんて、歯科医療と関係あるの?という違和感もあろうかと思いますが、今やパソコンスキルなども含め、かつては無関係と思われた異分野の知識や技術も必要とされる時代なんですね〜。

果たして・・・

IMG_4530このところ、20〜30代の若手歯科医師からの質問に答える機会が増えており、毎日のように数人の先生とメールのやり取りをしています。
メールやSNS といった私がその年代の頃には想像もしなかった手段により、より手軽に訊きやすくなったということが大きいのでしょうね。

そうして質問に答えながら時々ふと考えるのが、もしその年代の頃の自分が今の自分を見たらどう思うのかな?ということです。

昨今ほど質問しやすい環境にはありませんでしたが、それでも「この先生はすごい!」と感じた先生のところには、カルテやレントゲン、スライド(写真)などを持参し、ずいぶんと食いついたものでした。

納得できないといろいろと言いつのるので「いい加減にしろ!」と言われたことも・・・・。


でも、そういった先輩方のおかげで、今の自分があります。

果たしてあのころの自分が今の自分をみて質問しようと思ってくれるかな?
livedoor プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
  • ライブドアブログ