ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、もともと私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください(以前、友人のブログが、匿名コメントが発端となり、閉鎖に追い込まれたことがあるものですから)。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。


*注
プロフィールについては、設定を変更できないので、2015年5月1日現在で以下の通りです。

日本歯周病学会  退会
日本障害者歯科学会  退会
八南歯科医師会稲城支部長  任期満了
稲城市歯科医会会長     任期満了

日本臨床歯科CAD/CAM 学会 所属
有床義歯学会      所属

本日、休診

522cc7ec.jpg誠に勝手ながら、本日休診いたします。

「あったらいいな」、から「なくては困る」に

18871504_1317596641611628_1669287923_n今年の1月に導入した手術用顕微鏡。

うちのような保険診療主体の医院では、なかなか使う機会も少ないだろうけれども、あれば良いだろうな〜という位の感覚だったんですが・・・・。


慣れてくるにつれ、使用頻度はどんどん増え。
さらに4月と7月にトレーニングも受けると、これはもはや必需品に。

残念ながら1台しかないので、患者さんによっては使えない場合があったり、予約時間をお待たせしてしまったりと少々診療に混乱がでています。
どうしてもこれを使って処置したい患者さんが続くと、時間がおしてしまうんですね。

それにしても、こんなことになるとはちょっと予想していませんでした・・・。

おさらいの会

e37e3079.jpg昨日の日曜日は、お昼から先日受講した研修会のおさらいの会に出席してきました。

3人一組での実習だったのですが、お一人の先生の呼びかけでちょうどその3人の都合が合う昨日に。

場所は横浜山手デンタルクリニックさん。
院長の土肥先生は、偶然にも私の母校の先輩&部活の先輩。

研修受講時に見学に伺ってみたいと思っていたので、私にとっては一石二鳥(?)。

先生のフィロソフィとポリシーが隅々までいきわたった設計の医院は、さすがの一言。
研修会のおさらいだけでなく、多くのことを教わることができました。

そもそも、ご多忙にも係らず「集まっておさらいをしよう」と企画してくださるほどの勉強熱心さには脱帽です。

自分も気合いを入れ直しですね。

申し込みは、慎重に

0ee486ae.jpg学びの秋が近づくと、様々な研修会の案内が届き始めます。

毎日のようにDMが届きますし、ネットでも開催要項が配信されてきます。

そんな時にしでかしてしまうのが、「ダブルブッキング」。

人気のある講演会などはあっという間に満席になりますから、お知らせを受け取ったらすぐに申し込まなければ受講し損ねます。

が、やはり興味順位というものがあり、同日に2〜3つも講演が重なると、優先順位もあるわけです。

昨年も、一つに申し込んだあとにより興味をひかれる講演会があり、泣く泣く最初の講演を受講しなかったことがあります。
当然ながら講習会費が無駄になるわけですから、選択は慎重にならざる負えません。

この秋も、すでに受けたい講習会が重なっている日が3日も・・・。

体が2つ、いや3つ欲しい季節でもあります。

8月のお休み

ff481cac.jpg今日は、「山の日」でお休みです。

2016年から始まったこの祝日は、昭和の人間には馴染みが薄く、しかもアウトドアに縁がない私には不思議な日です。

ところで8月のお休みといえば、お盆休み。

毎年のように書いていますが、うちは開業以来、お盆休みはとっていません。
スタッフは交代で休んでいますが、診療室は平常通りの日程でした。

が一昨年より、とある「ご縁」で16日/17日はお休みすることに。
幸い今年は17日が木曜日なので、実質1日だけの休診です。

年末年始のお休みを除くと、私の趣味(娯楽)で休診するのは年にこの日だけ。
あとの臨時休診はすべて勉強会・研修会です(とは言え、これも趣味かもしれませんが)。


なお、今年は矯正の合宿研修会のため、25日(金)、26日(土)も休診します。

正直、あまり診療を休みたくないので今日のような祝日は少々困りものなんですが・・・。

最新よりも実績を

0953e6a7.jpg随分前に、ある患者さんに「先生のところの設備は最新式ですね〜」と言われたことがあります。

おそらく、しょっちゅう新しい器材が導入されているのでそう感じられたのだと思います。

でも、実は最新式の器材はうちにはありません。

新しくても1世代前。
場合によっては2世代前の製品を”わざわざ”購入します。

確かに最新のものですと、いろんな改良がなされていますから使いやすいことは解っています。
しかし、故障やメンテナンスに関しては未知数。
また、改良が改悪になっている場合もありますので、特に高額な器械を導入するときはかなり細かく調べます。

ここ最近も、ちょっと導入に悩んでいる器材があり、一昨日は展示会。
昨日は、その器材を使用している友人の医院に見学に行って来ました。

実は、その器材もモデルチェンジされることが決まっており、旧型を購入するタイムリミットが迫っているんですね。

私の方針通り、実績のある旧型か?
それとも、最新式か?

迷うまでもないということがこの2日間でわかりました。

あとは、度胸一発、決めるだけですが・・・。

不思議なことに

Te94i年に2〜3回ですが、ネット上でのうちの評価を検索してみることがあります。

最近は、口コミ評価のポータルサイトもいくつかあり、恐々見るのですが、なぜかうちの得意分野が「ホワイトニング」となっているサイトをいくつか発見しました。

ホワイトニング??

おそらくうちでホワイトニングを実施した患者さんは、過去数人という実績の低い分野なのですが、なぜそれが得意分野で標榜されるんでしょう?

不思議です。

ちなみにうちの得意分野は歯周病治療と部分入れ歯かな?と自分では思っているんですが・・・。

知る悲しみ

Fm811「知る悲しみ」という言葉があります。

例えば上質なモノを知ってしまうと、それまでは気にならなかったことに我慢できなくなったりすることなど、誰もが経験があると思います。

診療に関しても、勉強して頭の中がレベルアップすると、いろんな機材が欲しくなってしまいます。

知らなければ、借金することもなく。
知らなければ、その勉強のために時間を割くこともなく。
知らなければ、落ち込むこともなく。
知らなければ、現状に満足していたはずなんです。

でも、知ってしまうと・・・・。

と、いうわけで今日も狙っている機材の展示会。

もしかすると、知らなくても良かったことを知ってしまうかも?

機能矯正

7602b932-sここ3年ほど、予約の混雑を緩和するために、ひと月に受け入れる新規患者さんの数を制限しています。

医療機関ですから、困っている方に「待ってくれ」と言うのは本当に心苦しいのですが、新患の方を受け入れていると、通院中の患者さんの予約がキチンととれないため仕方が無くそうしています。

が、ここに例外の患者さんを設けることにしました。

それは、下の前歯4本が永久歯に生え変わっていて、歯並びに不安があるお子さんです。

今年の5月に機能矯正という、筋肉の力を利用した矯正治療の一認定を取得しました。
機能矯正と呼ばれるものはいくつかありますし、私もいくつか勉強してきましたが、私見ですがこれはうちに取り入れたいと思って認定を取得しました。

この方法は、ある限られた期間に始めなければその効果が期待しにくいので、そのタイミングを逃すとできなくなってしまいます。

なので、初診の方でもそういうお子さんに限ってはタイミングを逃さないようにするため、受け入れることにしました。
また機能矯正の場合、通院がそれほど頻繁ではないので、他の患者さんにも影響が少ないという理由もあります。

受診したら必ず治療を受けなければならないというものではありませんので、心配な方はご連絡くだされば早めの予約が可能です。

ピア・ラーニング

64ee6a6a.jpgピア・ラーニングという言葉をご存知でしょうか?

仲間とともに学習するという意味なのですが、単に教わるだけでなく、教わった仲間同士からさらに教わるという副次効果(?)を意味しています。

講習会に出席すると、時々妙に気の合う人に出会います。
そういった気の合う人に刺激を受け、仲間になると、さらに勉強に気合が入りそれが継続するんですね。

基本的に同じような志向を持っていますから、本当に刺激しあうことができ、私のような怠け者にはレベルアップのために助けられることが多いため、そういった「仲間」との付き合いを大切にしています。

で、つい先ほども、そんな仲間から「超」刺激的なメールが・・・。


ちょっと日和っていた自分を反省中・・・。

凡才にできること

28828924_1442063554s今年は、例年以上に各種研修会に参加しています。

もしかすると、その費用は歯科大学の年間授業料並みかも・・・・・?(^^;

ところでなぜか、今年受講した研修会の講師はいつもにも増して天才肌の人が多い印象です。

とにかく
「なぜ、そういう発想が浮かぶの?」
「どうして、そういう考え方ができるの?」
「どうやったら、そんな方法ができるようになるの?」
のオンパレード。

圧倒的な差を感じちゃいます。

それに加え、私よりも若い講師でそういう人に出会うと、自分は今までなにをやっていたんだろうと、ちょっとばかり落ち込みます。

しかし、考えるまでもなく私は凡才。
できることと言えば、学び続けること。

継続するしかありませんね・・・・。


さて、評判は?

DSC03075先々週、山梨で行われた研修会の実習中に講師の先生から「先生の帽子、格好悪いよ。今は、そんなの流行んないよ。」と言われました。

「君の顔立ちだと、もっとシュッとした形でちょっとふざけたような柄が良いんじゃない?」というアドバイスも。

確かに今までの帽子は古くさいというのは自覚していました。単に私の師匠が被っていたデザインを真似ていただけなんですが、考えてみればその師匠も70代後半。

で、ひとまず目についたメーカーのものを先週から使ってみています。

意外(?)に患者さんはすぐ気がつくのですが、なんだか笑っちゃっているんですね〜。

大抵、「どうしたんですか?」と笑いながら訊かれ、「似合ってますよ」とは誰も言ってくれません。


ところで、最近は白衣というよりもスクラブと言われる一昔前はオペ着のようなデザインが主流で、なおかつ派手な柄モノが増えています。

これはアメリカでの医療従事者の服装がどれだけ患者さんの精神状態(緊張状態)に影響するかという実験の結果、リラックス効果があることが解ったからなんだそうです(私自身は検証はしていませんが)。

なので、似合っているのかどうかは解りませんが、少なくとも「笑いながら訊かれる」ということで、目的は達しているのかな?と思っています。

今は帽子だけですが、そのうち白衣も・・・・?

午後、休診します

21971dd2.jpg7月22日(土)の午後は、休診いたします。

大変申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

情報不足の不安・情報過多の不安

19129_b~The-Marina-at-Argenteuil-1872-Posters以前に比べ、今やちょっとした疑問はインターネットでお手軽に調べられる時代。

なので、患者さんの知識や意識も以前とは比べ物になりません。
皆さん、実に良く調べていらっしゃるな〜と思わされるときが多々あります。

半面、その情報源が果たして信用できるのかどうかという不安をお持ちの方も多いように感じます。

特に医療は様々な情報があり、中には正反対のことがあったりもします。
しかもやっかいなことに、どちらも間違っているとは断言できないこともあるんですね。



うちも「前医の処置は正しかったのか?」という疑問を持っておいでになる患者さんが増えて来ています。

ここで私が強調したいのは、正しい・正しくないではなく、その歯科医師の考え方によって処置内容が異なるということなんです。

最終的には、患者さんの歯科医師にたいする信頼度合いが決め手になるとは思いますが、情報は多くても少なくても、ネットだけの情報ではなく、きちんと対診しないことには不安は払拭されないと思います。

すべては患者さんのために

016昨日、一昨日の連休は、またまた山梨県に泊まりがけで研修会に。

2日間、講義はほんのちょっとでずぅ〜〜〜っと実習という、かなりハードな研修会でした。

私が思うに歯科医師の研修には、それまでの知識や技術の延長上にあるものと、まったく発想を変えないといけないものとに分かれます。

それまでの知識や技術の延長であれば、通常座学で充分です。
でも、発想を変えなければいけないものは、手取り足取りの実習を受けないとなかなかできるようにはならないもの。

で、昨日は手取り足取りの集中コースでした。

でも実はこの内容。
研修を受けるまでは延長ものだと思っていたんですね。
ですからちょっと教われば、あとは練習次第だろうとタカをくくっていたんですが、受けてビックリ。

全然違いました・・・・。

とにかく、私の頭がいかにカチカチの固定概念に固まっているか?
本を読んだだけで解った気になっていた頑迷さと創造力の欠如を如実に思い知らされました。


それにしても連休ということで、行きも帰りも大渋滞に巻き込まれたのですが、知的好奇心が満たされると人間って疲れを感じないんですね〜。

通常1時間半の道のりに4時間もかかった(つまり往復8時間)にもかかわらず、元気いっぱいで帰宅できました。

で、今日も元気いっぱいです。

早速習ったことをやってみたのですが、あ〜ら不思議。
講師の先生の「これだけやれば、絶対上手くなるよ」という言葉に嘘はなく、自分でも驚くほどスムーズに診療が進みました。

おそらく患者さんもスタッフも気づかなかったであろう程のスムーズさ。
研修を受けた甲斐もあるってものです!

さて、今週末は茨城県日立市で泊まりがけで研修会(なので、土曜日午後は休診します)。
来月は、月末に3日間の泊まりがけ研修に長野に行きます。

休診して申し訳ありませんが、でももう、今から楽しみで仕方ありません。

霧が晴れて・・・

DSC_0050昨日の休診日は、歯科医師会主催の学術講演会に出席してきました。
講師は、母校の口腔外科学教授の柴原先生。

大学の教授の授業というのは私の条件反射か眠くなることが多いのですが、この柴原先生のお話はまったく眠くなることなく、実に充実した時間でした。

今回の演題は「 MRONJ/BRONJ 対策 〜予防・診断から治療まで〜」

骨粗鬆症やガン骨転移による骨折予防薬(BP製剤)の投与は、歯科治療に大きく影響し、様々な問題を提議しています。

しかも、年々その対策なども変化しており、第一線でその治療に当たっていない私のような一般開業医には様々な錯綜した情報もあり、なかなかハッキリとした対策をとれず、忸怩した思いでいました。

おそらくその様な思いをしている人が多いのでしょう、今回の学術講演会は用意された配布資料が足りなくなるほどの盛況でした。

柴原先生は、治療だけでなく医科とも連携してポジションペーパーの作成に直接関わった方なので、お話の内容は説得力のある、分かりやすい内容でした。

いやぁ〜、出席して本当に良かったです。
なにか霧が晴れる様な、清々しい気持ちで帰途につけました。

それにしても、母校の教授が優秀な方だと、関係ない私でもなぜか誇らしい気持ちになりますね。

悲しい

Tyy9308r先日、歯科医院でのタービン(歯を削る道具)を患者さんごとに交換し、キチンと滅菌している歯科医院が調査対象の半数近くであるとの報道がありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00050111-yom-soci

正直、私も驚きました。

意識の問題と言えばそれまでですが、私の周囲でこの滅菌を実施していない友人はいないからです。
ただ、一部の歯科医院ではそうだろうということは感じていましたが、まさか半数とは・・・。

私が歯科医師になった30年前は、このタービンを患者さんごとに滅菌するという習慣はありませんでした。
今から振り返れば信じられないかもしれませんが、グローブをして診療するということすら一般的ではなかったんですね。大学病院での実習時代など、たまにグローブをつけて診療しているのを見かけると「ああ、肝炎の患者さんを診ているんだな」という程度の認識でしたし。

かつては、それでも問題なかったわけです。
もっと言えば、感染症という概念がなかった時代では消毒・滅菌などしなくても医療行為は行われていたわけですから。

おそらく、未だに滅菌しないまま診療している歯科医師の意識というのは「そんな時代でも大きな問題は起きなかったじゃないか、何をそんなに騒ぐんだ?」というところかもしれません(私にはよくわからないので想像ですが)。

しかし、培養技術を始めとする医療技術の進歩によって様々な病因がわかるようになると、そんなことは言ってられません。

滅菌しない割合がこんなに高くてもそれが原因とされる病気が騒がれないということは、実際ほとんど起きないからだと個人的には推測します。

が、医療は常に確率論だけで語るべきではなく、滅菌不十分からの院内感染患者さんが一人でも出れば、それで大問題なはず。


そもそもこういった低次元の問題が取り上げられること自体、悲しく思います。
だって、患者さんは「綺麗なのが当たり前」と思っているわけですから。

ご迷惑をおかけします

b3ffa2ce.jpg7月3日(月)〜7月8日(土)、休診いたします。

予約が混み合っている中、大変申しわけありませんが、よろしくお願い申し上げます。

診方が変わります

a2e8ca78.jpg先週受講した研修会は、予想通り私の臨床姿勢を大きく変化させそうです。

受講してからのこの一週間。
小児の歯並びに対する診方が変わったな〜と、実感。
さらに、昨日の小学校の健診でも同じように診方が変わり、自分でもちょっと戸惑うほどです。

すでにその治療方針を数人の患者さんには説明しましたが、実際に動き出すのは少し先なので、今はさわりだけ。

でも、この治療法が定着したら、うちの診療は大きく理想に近づく予感がしています。
livedoor プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ