ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、もともと私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください(以前、友人のブログが、匿名コメントが発端となり、閉鎖に追い込まれたことがあるものですから)。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。


*注
プロフィールについては、設定を変更できないので、2015年5月1日現在で以下の通りです。

日本歯周病学会  退会
日本障害者歯科学会  退会
八南歯科医師会稲城支部長  任期満了
稲城市歯科医会会長     任期満了

日本臨床歯科CAD/CAM 学会 所属
有床義歯学会      所属

成長しない(から良いのか?)

4f5347db2b82267323d66cfa6bf4556f研修会に参加すると、知り合いの歯科医師に会うことも多々あります。

休憩時間などにお互いの近況を報告するのですが、昨年あたりから気になる言葉があります。

それは


「そんなにお金を遣って、元をとれるの?」




研修会に通う、新しい器材を導入する。
どれも費用がかかります。

その投資に見合う見返りがあるのかを心配するんでしょうね。
もちろん開業医も企業経営ですから考えなければなりません。

ところで私自身はあまりこの「元を取る」ということを考えないんですね〜。
もちろん、少しは考えますが、私の場合は

「これがあったら、診療が楽しくなるかな?」

が基準。

幼いころからいわゆる「欲しがり小僧」でしたが、その本質は全然変わっていないようです。

たまに、買ったはいいけどほとんど使っていない器材があるのですが、それに気づいた時は深く反省しているのですが・・・。





休診します

fdb8b374.jpg本日は、合宿研修会出席のため、休診いたします。

土曜日というのは、土曜日にしか来院できない患者さんが多いということでできるだけ休みたくないのですが、申し訳ありません。

今回は、長野県です。
休診してご迷惑をかける分、患者さんにしっかり還元できるようにしてきます。

ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ついに

DSC_0749昨日の休診日を利用し、新たな歯科用顕微鏡を設置しました。

今回は、かねてから欲しいけれども思い切りに悩みに悩んでいた Carl Zeiss 社のピコ・モラー。

とにかく顕微鏡を使い出すと、もうこれ無しでの診療は考えられません。
今年の1月に導入して以来、保険・自費に関係なくフル活用していましたが、さすがに1台では診療が滞ってしいます。

最初の顕微鏡はいわゆる「入門用」に近いシンプルなタイプでしたが、自分の臨床に顕微鏡が定着してくると物足りなさを感じてしまいます。

また、今年2回に渡って合宿研修を受けた結果、やはりこのピコ・モラーが良いとの結論に達し、思い切りました。

これで当診療室の臨床レベルが少しでも上がるよう、使い手の私のレベルアップも継続的に必要になります。
道具は導入すればオシマイではなく、それを使いこなさなければ意味がなく、まだまだ精進が必要です。

本も大切

spq5453_b~Keep-Calm-and-Carry-On-Postersふと気づけば、もう11月も半ば過ぎ。

ブログ更新をサボってしまいました。

ここのところ、休日といえば研修会という状態で、あまりにも「あれ、行きました。これ、行きました」ということばかり書いてもつまらないだろうな〜と考えていると、なかなか書けないものです。

ところで先日、そんな研修会の帰途に水道橋の歯科専門書店に寄ってきました。

新規出版案内は、メールやチラシなどでたくさん知らされるのですが、それ以外の本なども手にとって見ることができる書店訪問はとっても大切にしています。

毎回、たくさん(?)買い込むので宅急便送りにしてもらうのですが、年々感じるのが「専門書の価格が安くなっている」ということ。

私が歯科医師になった30年ほど前は、一冊2〜3万円という本は普通でしたが、昨今では少数派。
1万円以下の本が、本当に増えました。
一冊一冊が薄くなっているというのもありますが、情報量は十分。

いろんな理由が考えられますが、ひとまず過去の価値観が基準になっている私にとっては「安い」ことで舞い上がってしまい、ついつい・・・・・。

以前は著者名/監訳者名を見れば内容が推察できたのですが、この頃は知らない名前の名著が増えており、書店に長居してしまいます。

どこかで誰かが見ているのか?

Te94i一昨日の金曜日は、診療後に母校である東京歯科大学の学術講演会が19時から。そして、もう30年近く在籍している総武臨床研究会の例会が21時からというダブルヘッダー。

なぜかこの2つは結構重なるんですね〜。

ところで、今回の母校の学術講演会はクリッカーという機材を使って面白い試みが。

それは、例えば「こんな患者さんに対して、どんな治療法を選択しますか?」と出席者に問いかけし、出席者はそれぞれ4択を机に設置された機械(クリッカー)のスイッチを押して答えるというシステム。
30秒でその答えが大画面に表示され、いろんな意見がでるのが目に見えるんですが、見事なほど分かれるんですね。

それにしても、その設問がいちいち私が日常で悩むポイントを突いてきているんです。
悩むポイントは皆、似ているんでしょうね〜。

そして、今日の日曜日は、水戸市の歯科医師会の中での勉強会が主催した講演会に。

なんとここで、金曜日の講演会でも話題になった問題点が取り上げられ、びっくり!

いやぁ〜、どこかで誰かが私の悩む姿を見ているのかしら?

キモは懇親会

64ee6a6a.jpg今年は例年以上に聴きたい講演会が多く、日曜、祝日だけでなく、平日の診療後などにも出席しています。

ところで、多くの講演会でくっついてくるのが「懇親会」。

知り合いがいれば良いのですが、実は知り合いのいない懇親会は苦手にしています。
それでも、勇気を出して出席するようにしています。

それは、懇親会でしか聴けない話があったり、そこで知り合った人たちとの新たな出会いが新たな勉強に結びつくことが多いから。

基本的に休日に講演会に出席してくるような人たちは、概ね仕事に熱心な人ですから、まったく知らない人でもわりと話がしやすい人が多いんですね。
聞いたばかりの講演内容などで話題には事欠きませんし。

実は、学生時代の友人などよりも、そういった懇親会で知り合った同業者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士)との付き合いのほうが、はるかに濃厚で実のあるものになっています。


ですから、講演会だけしか出席しない人を見ていると、「もったいないな〜」と感じています。

技工所見学

DSC_0194一昨日の水曜日の診療を午後休診にし、福島県にある和田精密歯研、東日本加工センターにお邪魔してきました。

和田精密さんといえば、おそらく歯科技工業界ではトップクラスの規模を誇ります。

なので、あちこちに技工所があるのですが、私が主にお世話になっているのは、香川県高松と福島県鏡石の2カ所。

勤務医時代からそうなのですが、私は外注技工所さんには必ず顔を出し、所内を見学させてもらい、どんな人たちが作ってくれているのかコミュニケーションを取るようにしています。

そんな中、ここ福島だけはなかなかお邪魔する機会がなかったのですが、今回、所長さんや役員さんのおかげで見学&懇親会をセッティングしてもらったったんです。

なかなか技工所を見学する物好き(?)な歯科医師は少ないようで、過分な歓迎を受けました。

見学を終えてからの懇親会では、40名を越す技工士さん達が出席してくれ、大盛り上がり。

これだけの人数ですと、自分の席に座っていたのではお話できない人が多くなってしまうので、じぶんから動くしかありません。
久しぶりに「お酌してまわる」呑み会でした。

若い技工士さんが多く(ほとんどが20代)、素直に渡しの話も聴いてくれます。
なので、迂闊なことは言えず、結構責任重大です。

それにしても、自分の年齢を振り返ると、後進の育成という責任がのしかかってきているんだな〜と、しみじみ実感。
それと同時に、彼らが歯科技工士という職業に誇りを持ち、好きになり、一生続けることができる環境作りも歯科医師の責任なんだな〜と感じました。

機会を見て、またお邪魔したいと思います。


終わりはない

DSC03116DSC03115一昨日の土曜日は、診療後に歯科医師会主催の研修会。
昨日の日曜日は、知り合いの歯科衛生士さんが主催する研究会。

秋は、学術関係のイベントが目白押しです。

それにしても、勉強すればするほど新たな課題が立ちはだかり、自分の浅薄非才さに落ち込みます。

ところで、勉強内容もさることながら、昨日の研修の半ばで講師の先生が留学中に恩師に言われた言葉がこころに残りました。

・面白いことに、英語では " Do dentistry " ではなく " Practice dentistry " と言うんだよ。
・今まで一度も完璧な形成や印象をしたことがない。上手くいったと思っても、必ずどこかに小さな満 足のいかない点があるんだよ。
・一生 practice なんだよ。

凄いと言われている人でもそうなんですか。

一生、ゴールには辿り着けないのですね・・・・。

有床義歯学会定例会

7b4b4869.jpg連休最終日の昨日は、秋葉原で行われた「有床義歯学会定例会」に出席して来ました。

本当に義歯が好きなある意味「変態」の集まりです。

会員発表の後は、懇親会でいろんな先生とお話したのですが、皆さん、本当に熱心で遠くからお出でになっています。

おそらく、私が一番近いかな?

熱意は距離と関係ないとは思うのですが・・・・。

休日診療当番

DSC_0158昨日は、休日診療当番で多摩の休日応急診療所へ。

私が担当する日はいつもそうなのですが、絶好の行楽日和。

そんな日に、薄暗い控え室で1日を過ごすというのは、ちょっと辛いものもあります。

ところでここ数年、以前にも増して休日診療に緊張するようになってきています。

現在開業して25年目ですが、そうなると普段診療している患者さんは、ある程度信頼関係が築けている方ばかり。
初診の方でも長期間待っていただいた上での受診ですから、期待ほどではないことがあったとしても、少なくとも信用はされている雰囲気があります。

が、ここではそういう看板もありません。
なので、私に求められているのは応急処置とはいいながら、自分の診療方針で良いのか迷うことがあるんですね。
かかりつけの先生のある患者さんの場合、あまりにも違う処置方針だとどう思われるのかな?と考えたり・・・。

もちろん、患者さんもどんな歯科医師がいるのかわからないわけですから、非常な不安をもっての受診なはず。

お互いのそういう関係からのスタートですから、やはりお話を良く聴くことと、説明を丁寧にするということをいつも以上に意識してます。

幸い昨日は、ものすごく難しいという患者さんはおいでになりませんでしたが、連休の今日、あれで大丈夫だったかな?とちょっと心配にもなります。

あまり出席するのも・・・

e-469_b~-Posters昨日は、診療後に母校の東京歯科大学水道橋病院の医療連携報告会に出席してきました。

毎年、多くの出席者があるのですが、今年は例年よりも100人ほど多い340名ほどの出席ということで、会場は本当に満員。

演題が「新技術を用いた先端歯科医療」ということもありましたが、演題だけでなく内容も開業医にとって今いろいろと悩む分野でもあったことが盛況になった原因でしょうか?

特に私にとっては、今取り組んでいるスキルアップの課題に大きく影響する内容でもあったので、とても楽しみにしていました。

そして、その期待を裏切らない素晴らしい内容でした。

自分が講師を務めるようになってから余計にわかるようになったのですが、短時間にわかりやすく説明するというのはとても難しいものです。

だた、理解しやすいがために説明に出てきた新しい機材が欲しくなってしまいました。

う〜ん、知らなければどうってことないのですが、知ってしまうと・・・。

東海大学八王子病院病診連携の会

90dd5122.jpg昨日は、診療後に東海大学八王子病院で行われた病診連携の会に出席してきました。

2002年に同病院が開設されて以来、今回で8回目ということですが、私が所属する八南歯科医師会だけでなく、福生、昭島、北多摩などの先生方も集まる大きな会です。

ちなみに病診連携とは、病院と個人診療所との連携を言います。

冒頭の副院長の挨拶のなかでも触れられましたが(副院長は循環器専門)、他科でも行われる病診連携の会と比較すると、圧倒的に歯科は参加者が多いそうです。

また、ここ数年の口腔外科の実績をみても、来院患者の来院数だけでなく紹介率や逆紹介率も非常に高率で、総合病院の中でも口腔外科が重要な位置にあることがわかりちょっと誇らしい気持ちにもなりました。

今回は、抗生物質の効果的な使い方についてのレクチャーでしたが、なかなかこういう基礎的なトレンドに触れる機会が少ないので、とても有意義な時間でした。


誰を意識して書くのか

04543523.JPG生来のへそ曲がりな性格のせいか、私はネットの情報をあまり信用していません。

が、そんな中で意外に素直に信用するのが「同業者のブログ」。

もちろん、会ったこともない人や、書いている内容が自分の肌に合わない人のものは問題外ですが、ちょっとでも凄いな〜と感じさせる内容をキチンと書いている人のブログは必ずチェックします。
(ここで言う「キチンと」とは誤字脱字が少なく、おバカな言い回しや敬語を使った文章ではないという意味です)

どんな診療をしているのか?
院内のシステムにどういうポリシーで臨んでいるのか?
最近、どんな勉強をしているのか?
面白そうな講習会情報。

などなど・・・・。

先日、思わず笑ってしまったのが、家族から「あんたのブログは同業者にしかわからん。患者さんには不親切」と言われたというあるブログ。

確かにそうだろうな〜と。

でも、すごく参考になるんですよね。

ちなみに、そのブログが面白くてその先生の講演をわざわざ大阪まで聴きに行ったことも。

翻って、自分のブログはどうなんでしょう?

いつも患者さんの顔を思い浮かべながら書いているつもりなんですが・・・。


(今日の写真は、うちの医院を建て始めたころのもの。嬉しさ八分、不安二分という小心者のくせに、妙に開き直りが早い自分のことをすごく感じたころのものです)

悩んだら、習う

Fab448n昨年の12月に導入以来、どうもシステムとしてうまく機能しないな〜と感じていることがあります(内容は、ナイショです)。

自分なりにいろいろ考えたり、スタッフとのミーティングで話し合ったり。
さらには、スタッフにその研修を受けに行ってもらったりといろいやってみましたが、どうもかんばしくありませんでした。

かくなる上はと、私自身が研修会を再受講してみることに。

昨日、受講したのですが、受けて良かったですね〜。
自分になにが欠けているのかがよく理解できました。

さて、あとはそれをどうスタッフに説明し、理解してもらい、システムとして稼働できるようにしていくか?

理解できればうまくいくわけではなく、診療室全体での取り組み方法まで考えなければなりませんが、とにかく悩んだら専門家の教えを請うのは一番の近道ですね。

毎日

036_0002_main私が毎日行なっていることの一つに「爪を切る」ことが挙げられます。
いや、毎日どころか1日のうちでも数回やることも。

仕事中に、ちょっとでも気になるとすぐに切るんですね。
ヤスリで削っていたこともありますが、suwada さんの爪切りにであってからは、もっぱらこれ。

あくまでも「仕事がしやすい」ように切るので、私の指先は凸凹ですが・・・。

高ければ、安心?

07fbacdc-s前回、安価であれば良心的なのか?という投稿をしましたが、じゃあ、高価であれば安心なのか?というと、これがそうでもないのが歯科治療のやっかいなところでしょう。

人間の体という不確定要素の固まりを相手にするわけですから、予想外のことが起きうる可能性は常にあります。
また、歯科医師の考え方によってその診療方針や期間、術式などが異なるわけで、それに起因する価格設定もいろいろですし。

そもそも「治癒」という定義すら難しい医療で価格に見合いしかも誰もが納得する結果を担保することは、なかなか難しいと言えます。

とは言え、大方の歯科医師はある程度の予後を見込んで処置しているのですから、使い古された表現ではありますが、納得してもらえるかどうかは、お互いの信頼関係が大きいわけです。

良心的、とは?

07fbacdc-s歯科に限らず、いろんなところで「良心的」という文字を目にします。
しかも、ほとんどは価格が「安価」の時に・・・。

いったい、その業界に精通していない人が、何を根拠に良心的という表現を安易に使うのか、いつも疑問に感じています。
安ければ、本当に良心的なのでしょうか?

私個人が精通している「歯科」に限って感じていることを言うと・・・・。

例えば、自費の入れ歯の治療費の裏には、技工士さんへの技工料金というものが存在します。
正直、歯医者の腕前以上に技工士さんの腕前は、出来上がりに直結しますし、その料金も上から下まで物凄い幅があります。

当然ながら「上手」な技工士さんの料金は高額です。
なので、自分の腕前はともかく、こうした「料金の高い」技工士さんに仕事を依頼するならば、患者さんに請求する「治療費」も高額にならざる得ません(それ以上に、そうしたハイレベルな技工士さんに仕事を引き受けてもらえるような仕事をこちらがしなければならないという別のハードルもありますが)。

もちろん、歯科医師と歯科技工士の連携が出来てこそ「良い治療」に結びつくので一概には言えませんが、一方的に安価が良心的という考えは、その仕事に携わっている人たちの努力を否定しているような気がしてなりません。

少なくとも私が知っている多くの技工士さんたちは、驚くほど日々努力していますし、自分の技術への投資、設備投資なども積極的です。
そして、その投資の原資は技工料金なわけです(我々歯科医師は治療費ですね)。

自費のお話をすると、即座に「高い!」と言われることがありますが、少なくとも製作過程を知ってもらえれば決して「ぼったくり」価格でないことも、「非良心的」価格ではないことがご理解いただけるとは思っているのですが・・・・。


必要な「手取り足取り」

18871504_1317596641611628_1669287923_n何度か投稿している「手術用顕微鏡」のお話。

2回ほど講演会を聴いて導入しましたが、当初は想像を超えた「見える世界」にただただ驚き、見えにくいところの診療時にだけ使っていました。

が、4月/7月と実習研修を受けると、その使い方が一変しました。

座学ではどうしても身につかないことが、実習研修を受けるとまったく変わります。

私自身が昨年講師を務めた実習研修でも、ビフォー・アフターで受講生の皆さんのレベルアップがハッキリ実感できましたが(全員、事前に座学を受けている方だったというのもありますが)、やはり手取り足取りという経験は大切です。

そう言えば、8月に参加した機能矯正の合宿研修も半分は実習でした(これで相当理解が深まりました)。

我々の仕事は、頭だけでなく「手が動いてナンボ」。
道具があるだけじゃ、ダメなんです。

ちなみにこの写真は、研修を受ける前。

今見ると、欠点が一杯・・・。

(ちなみに処置内容がどうこうではなく、時間がかかるポシショニングなのと、自分の首と肩を痛める姿勢なんですね)

もっと欲しい

DSC03088先日、夏期休暇でアメリカに行った知り合いの歯科医師から「お土産」として頂いた診療用の帽子。

よく見ると、おでこの部分に汗止めが付いています。
それに、ひもの根元にゴムが入っているというきめの細やかさ。

これ、実際に帽子を使っている人でなければ気づかないところなんですね〜。

国内のメーカーでこんな工夫をしているところは見た事がありませんし、海外の製品でも初めて。


ちなみに汗止めは、ヘッドライトでおでこが痛くなるのも防いでくれますし、本当に重宝しています。
livedoor プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ