ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、もともと私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください(以前、友人のブログが、匿名コメントが発端となり、閉鎖に追い込まれたことがあるものですから)。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。


*注
プロフィールについては、設定を変更できないので、2015年5月1日現在で以下の通りです。

日本歯周病学会  退会
日本障害者歯科学会  退会
八南歯科医師会稲城支部長  任期満了
稲城市歯科医会会長     任期満了

これが罠?

Tyy9307rここ最近、You Tube に始まり、様々な動画サイトで歯科関係のレクチャーを見る事ができるようになりました。
この手の情報に疎かった私でも、今や2つのサイトを見るようになっています。

そして、それらのクオリティが高いことに驚いています。

一昔前であれば、研修会でしか聴けない内容。
しかも、それなりに高額な受講料を払わなければ聴けなかった内容が無料で視聴できるんですね。

もちろん会員登録が必要ですが、それすら無料。
最初は、何か罠があるのでは?と疑っていたのですが(笑)、それも大丈夫なようです。

ただ、これが罠なのかもしれませんが、やはりその動画に登場してくる先生方の研修を実際に受けたくなるんですね。

昨日も申し込んでしまったのですが、調子に乗って複数申し込んでから費用を計算してちょっと青くなってしまいました。

でも、結局のところその成果は患者さんの為になることだし、無駄遣いにはならない!と、自分に言い聞かせていますが・・・。

就寝時間で調整

R0013713「休みの日くらい、ゆっくり寝てれば?」と、家人に言われることがあります。

今朝もそうですが、仕事のある日も休みの日も、起床時間はできるだけ同じ時間にするようにしています(たまに呑み過ぎで寝坊することはありますが)

実は、寝坊は疲労回復どころか疲労蓄積にもつながりかねないと個人的には考えています。
ですから、ゆっくり睡眠時間を取りたい時は、早めの就寝。

昨晩も早めに床に着いたので、今朝はさわやかな目覚め。

さぁ、午前中のうちに事務仕事をやっつけます。

普段の姿勢が出ます

R0012688もう、何度もこのブログでも書いていますが、今年の2月から歯科医師向けの研修会の講師を務めています。

ひとまず関東サーキット(横浜、船堀、大宮、立川)は終了し、先月下旬には出張実習研修。
今月は一休みで、7月には2カ所。8月にも2カ所での講演(&実習)が決まっています。

自称研修会マニアな私の今までの経験から言えば、講師の先生が話す内容が、普段その人が日常臨床でちゃんとやっているのか?
はたまた研修会用に、ちょっとカッコつけているのか?
ということは、受講側は意外と感じるもの。

なので、今まで以上に一回一回の処置に気合いが入っています。

研修会は話す方が一番勉強になるとは良く言われる事ですが、まったくその通りどころか、一番勉強しなければならない状況に追い込まれています。

おかげ(?)で、ここのところ一日の診療が終わるとぐったりすることが増えて来た気がします。
いかに最近、気を抜いていたかということかもしれませんね。反省しなければなりません。

ちなみに今日の写真はずいぶん前の失敗例。

どんな材料を使えば良い結果に結びつくか、ということはある程度の試行錯誤の結果です。

来週末に予定されている講演のために過去のスライドを見ていて発見しました。
もちろん、この症例では見た瞬間にダメということがわかり、リカバリーの手段を講じ患者さんに迷惑をかけることにはなりませんでしたが、そういう経験が今の私の手技やシステム構築の基礎になっているわけです。

結局のところ、受講生の方々には、こういう余計な回り道をしないで済むようにするのが私の役目なんですね〜。



時間通りに行けば・・・・

_SL500_AA300_いつもであれば、火曜日の診療後というのは、結構な疲労感に襲われる時。
後一日、水曜日を頑張れば木曜日は休みだ、と自分に言い聞かせなければならない日も時々あるほど。

それがなぜか今日は元気一杯。全くと言って良いほど疲労感がありません。

で、自分でもなぜ?と考えてみたところ、今日は急患の方がほとんどいらっしゃらなかったんですね。

いえ、お二人いらっしゃいましたが、どちらも入れ歯の修理。
ほとんど時間もかからず、サッと終えましたから、他の患者さんの予約時間に食い込んだりという事も無く。

こういう日を経験すると、普段の自分の臨床に対し、改めて気合いも入ります。
だって、急患を作らないようにするには普段の診療をより丁寧にするしかありませんからね〜。

根拠の理解から

4f5347db2b82267323d66cfa6bf4556f今日は、恒例の月一ロングミーティングの日。

ちょうど一昨日、先日の研修会で習って注文した器材が届いたので、そのセッティングと説明を行いました。

こういう新しい器材を導入したときに大切なのは

「なぜ」それを導入したのか?

そして、それによって

「どんな」結果を期待しているのか?

ということを、まずスタッフ全員に理解してもらうこと。

やはり日常臨床のレベルアップのためとは言っても、スタッフにとっては「余計な仕事」が増えるという一面もあるわけです。
ですから、私が新しい器材を導入したその根拠を理解してもらわなければ、診療室全体のレベルアップには結びつきません。

スタッフの人手が少ない我が診療室ですから、余計にこういったことは大切。
とは言え、嫌な顔をされたことなど一回もないんですけどね。

閃きは、突然に

iStock_000003995270Large一昨日の日曜日に、とある研修会に出席してきました。

研修会に出席するのは、得意な分野をさらにレベルアップさせたい時と、苦手な分野の問題克服の二通りが多いのですが、今回は苦手分野の克服のため。

お世話になっている業者さんからの情報で出席したのですが、これが素晴らしい内容で、私が永年(って、ちょっとオオゲサですが)解決したいと思っていたところに光が差すような内容でした。

早速昨日、必要な器材を注文し(って、これだけでかなりの出費なのですが)、さらにそれをどうスムーズに自分の現在の診療スタイルに取り入れるか、今日の診療後にボ〜ッとしながら考えていました。

と、なぜかそこで、他の診療処置でも悩んでいたことに対する解決策も思い浮かび、ウキウキ気分に。

あまりやり過ぎると出費どころかスタッフの混乱も招くので、明日、スタッフとも相談しながら進めたいと思いますが、こういう閃きって突然降りてくるんですよね。

そんな日は、本当に翌日が待ち遠しい・・・・。

保育園の歯科健診の特徴

Th1336保育園と小学校の健診をしていて感じること。それは、保育園の歯科健診では、事前に保護者からの質問が寄せられる事です。

送り迎えを必ず保護者がするわけですから、保育園の職員さんに歯科健診でここを診ておいて欲しいという要望や疑問点を伝えやすいのでしょうね。

あまり難しかったり悩むような質問はないのですが、その内容を聞くと保護者の方のきめ細やかさ(愛情)が伝わって来ます。
また、それを保育園の職員さんたちが我が事のように気になさるんです。

保育園の職員なんてとても大変そうで、私には到底務まらなさそうに感じるのですが、そういった児童に対する気持を持っているからこそ務まるのでしょうね。

記録と治療の必要性の関係

b081fe58.jpg昨日の休診日も、小学校の歯科健診(&保育園の欠席児童の補健診)でした。

毎回、小学校の歯科健診で感じることのひとつに「記録としてムシバはあるけれども、治療の必要性は無い児童をどうすべきか?」ということが挙げられます。

もうすぐ抜けてしまうような乳歯にムシバがあると、記録はムシバとして記録しなければなりません。
でも、そのために歯科医院に行く必要があるのか?と問われれば、それは NO です。

そんな時は、児童に「ムシバはあるけど、歯医者さんに行っても治療はしないで良いっていわれるかもしれないよ」と耳うちすることにしています。

が、それをどこまで覚えてくれているのか?
そこが心配だったりして・・・・(^^;

遠隔研修

07fbacdc-sしつこいようですが、先週の岐阜県土岐市でおこなった実習研修の続きです。

実習研修というものを初めて行ったのですが、今さらながらに気づいたのは、やはり受講生の皆さんは不慣れなこともあり、なかなか上手に出来ないということ。
そして、あとは各自で頑張るしか基本的にはないのですが、怖いのは独りよがりになること。

当たり前ですが、実習前に比べれば「ある程度」は上手くなります。
が、そこが落とし穴で、自己満足に走り勝ち。

なので、アフター・フォローが必要と考え、受講生の皆さんから写真を送ってもらって寸評をするというサービス(?)もやっています。

やはり熱心&積極的な先生は、早速トライし、画像を送ってきてくれます。
もちろん、始めたばかりですからそうそう満点ということはありませんが、それでも研修前と比較するとかなり上手になっている事が解ります。

今月一杯と期限を区切っていますが、さて、何人の先生が何回トライし、その画像を送ってきてくれるのか?

私自身も勉強になりますし、楽しみです。

(ちなみに、失敗かな?と思う場合でも画像を記録し送ってもらうとさらに良い勉強になるんですけどね)

熟成期間

1e90b756.jpg先日の土岐市でおこなった実習研修が好評だったお蔭で、正式にシリーズ化されることになりました。

またそれだけでなく、他の方面からも実習研修依頼が・・・。

今回は、内輪のプライベート・セミナーでしたから、外部では話せない話もたくさんしちゃいましたが、公開講演となるとそうもいきません。

昨日は、健診後に新しいスライド作り。
しかし、こういうスライドは、何かの時にパッとヒントが浮かぶので、お披露目までに何百回も手直しします(オオゲサでなく)。

そうして改良を重ねても、終わってから「アレを入れれば良かった」「コレを話しておけば・・」という反省点が毎回出ます。

なので、オファーをいただいてから本番までの期間はある意味「熟成期間」。

ウイスキーと一緒で熟成が良い方向に向かえば良いのですが・・・・(^^;

小学校歯科健診

DSC00848今日の午前中は、学校歯科医師を担当している平尾小学校の歯科健診。

年々児童数が増え、今日も180名ほどのお口の中を覗いて来ました。
今日は1年生と6年生の一部でしたが、一人平均22本歯があると仮定しても、3690本もの歯をチェックするわけです(実際はもっと多いと思いますが)。

診る私もなかなかハードですが、記録係の方も相当大変。

それにしても、むし歯の多い児童と無い児童の差がどんどん広がっているような印象を受けました。
つまり、多い児童は本当に多く、無い児童はほとんどカリエスフリー。

相変わらず「むし歯大王」と「むし歯女王」が2〜3人いますが、この大王と女王を無くせないかいつも考えてしまいます。

一番勉強になったのは・・・

07fbacdc-s先週末の実習研修。
実は、10名もの受講者の前で見本のデモをしなければならないので、かなりプレッシャーがありました。

が、幸い普段以上に上手くいき、ホッとひと安心。

ところで以前、ある楽器を習っていたころ、講師の先生に

「自分の部屋で一人で練習して出来る度合いを100とすると、教室に来て披露した時にはせいぜい60。ライブなどでは30くらいしか出来ないもの」

と言われたことがあります。

で、実際ライブで演奏したところ、まさにそうでした。

これって、歯科の実習でも一緒。

なので、この実習研修が決まってからそれまで以上に真剣に臨床に取り組んでいたんですね。
決して普段手抜きをしているわけではありませんが、やはり心構えはプレッシャー次第。


で、今回好評を博したおかげで、この秋から実習研修全国巡業が決まりました。
う〜ん、絶対手抜きができませんね・・・(^^;


負けられません

DSC021265月28日(土)、29日(日)の2日間、岐阜県土岐市の「ふじもと歯科」さんで出張講演会を行ってきました。

ちなみにうちと同名、しかも平仮名なところも一緒ですが、分院やフランチャイズでもなく、また親戚でもない全くの偶然。

今回は、院長の藤本先生を始めとする30代の若手歯科医師に対して、日常臨床での大切なポイントの理解を深める講義と、それを実施するための実習という二本立て。

約10名の参加者は、皆さんビックリするほど熱心で、積極的。

こちらもその雰囲気に引きずられ、結局朝の8時半から夕方5時過ぎまで昼食に30分ほど休憩した以外はぶっ通しというハード、でも充実した一日となりました。

それにしても、久しぶりに「負けるもんか!」という気にさせられた皆さんの情熱。

おかげで、今日は体は疲れていましたが、気持の充実した一日でした。

研修受講効果を上げるために

Fgh1769rあまりエラそうなことは言いたくないのですが、それでも最近、ちょっと気づいたことを・・・。

何度も書いていますが、今年の2月から歯科医師向けの講演会の講師を務めました。
今までは受講側だったので、主催者側に回ったのは初めての経験(歯科衛生士向け、歯科技工士向け、一般の方向けの講演会は何度も経験していますが)。

で、受講者に対し、毎回もったないな〜と思うことがあります。
それは、「受講感想アンケートを書かないこと」。


例えば、大抵のアンケート用紙には参加して良かった内容について具体的に書く欄があります。
実は、この欄を読み手に解り易く書こうとすると、それを意識して講師の話に耳を傾けなければ、意外に書けないものです。
そして、それを意識して聴くという姿勢を持っているだけで、受講内容を自分のモノにできる度合いはグンと上がります。

なので、このアンケートに事細かく記入する人が少ない(幸い、ゼロではなかったですが)ことには、残念な気持になります。

良く言われる「アウトプットは最大のインプット」の第一歩なんですが、アンケートの選択欄に単純に○をつけるだけでは、残念ながら・・・。

基本

DSC_1885昨日で一段落の、私自身が講師の講演会。

ひとまず、無事終了してホッとしました。

今回の講演会は、和田精密歯研さんという大手の技工所さんとのコラボですから、目的は受講者の先生方が和田精密歯研さんに技工を発注する量を増やす事。
しかし、単に利益誘導に関わっているわけではなく、私自身が和田精密歯研さんの担当者に心から満足しているからこその、講師受諾です。

そして、大切なのは単に量を増やすだけでなく、その質の向上。

ともすれば独りよがりになりやすい開業医であるうえに、その臨床テクニックは多岐に渡るため、意外に簡単(だけど効果が高い)な方法を知らなかったり、材料の知識も少なかったりすることがあります。

今回の講演では、私のやり方をご紹介しましたが、これがベストではなく、私自身も進化中です。
が、ここ数年はこのやり方でトラブルが無いので、このテクニックの長所・短所を理解したうえで応用してもらえればなと思っています。

テキトーな手技で大切なところは技工士さんまかせ。
だけど患者さんからはしっかり集金となると、今日のイラストのように歯科医師は搾取者という皮肉を言われますからね。

人と人との距離

Tpl00400pさて、今日は和田精密歯研さんとのコラボ研修会。

2月から、横浜・船堀・大宮と続いた関東巡業(?)の最終回です。

初っぱなはかなり緊張しましたが、やはり場数を踏むことは大切で、毎回それなりに落ち着いて内容も吟味出来るようになって来ました。

もちろん、油断と慢心は禁物。
今朝も、頭の中でシュミレーションです。

毎回そうなのですが、前日に担当者の方々との懇親会を行っています。
私のギャラはいつもこれで無くなるのですが(笑)、普段、顔を合わせていてもなかなかゆっくり話す機会が無いので、とても貴重な時間になっています。

特に、昨晩は私の診療室を直接担当して下さっている立川営業所さんの面々だったので、いつになく盛り上がりました。

一緒に食事をし、お酒を呑むという行為は、人と人の距離を縮めてくれますね。

才能

498b1ce4.jpg昨日は、診療後にある大学の社会人講座に出席してきました。

歯医者ばかりやっていると、どんどん頭の中が固くなりそうで、一昨年より機会をみて他分野の講座に出ています。

昨日は、ホイチョイプロダクションの馬場達夫氏をゲストに迎えた講座。
もともとファッションを主とした講座のはずなんですが、世の中の流れとファッションとの関係ということでトークライブ的な講座となりました。

90分の短い時間でしたが、
その鋭い視点。
過去から現在への時代の変遷の捉え方、分析力。
そして、その表現力。

どれも「さすが!」と思わされる内容に、実に充実した時間でした。

やはり「才能」を感じさせる人の話は面白いですね〜。

ちなみにホイチョイプロダクションと言えば、私と同世代の人にはきっとおなじみの「気まぐれコンセプト」、「見栄講座」といった本や、映画「私をスキーに連れて行って」といったどちらかというと「軽い」イメージがありますが、実は私は写真の「エンタメの夜明け」という本が大好きです。
(もちろん、見栄講座なども好きですが)

結局、

16f7e511.jpgどんな商行為でもそうですが、提供側と受領側の信頼関係がすべての基本です。

そして個人的には、多少の不便よりも、それ以上の人間関係の構築が出来ていることが大切と考えています。

例えば、食事にしても、値段や品質が一定して長時間利用できる大手のチェーン店もあれば、定休日が不安定だったり味も日によって(限度はありますが)違ったりしても、信頼できる店主・店員のお店があります。
そして、こういう個人店は当然ながら人の体力や主義にその営業形態が左右され、最近の利便性を是とする見方をすれば欠陥だらけの商売かもしれません。


医療も同じようなことが言えると思います。
もちろん、救急対応をしなければならない大病院や救急医療センターなどは別ですが、個人開業医までもが同じような方向を目指さなければならないのか、ちょっと疑問を感じます。


しかし、歯科医師がたった一人という超零細歯科医院は、診療時間も短く、休日や昼休みもあり、急患対応に難があり、訪問診療にもなかなか対応できません。

今回の保険改訂を見ていると、やがてこういう超零細個人開業医は淘汰されて行くのかもしれないという気すらします・・・。




人対人

Fb1340iうちを受診する患者さんの多くが、それまで他院での診療を経験なさっています。

当然、今まで通院していた医院に不満があって転院なさっているわけですが、そのひとつに「担当医が通院の度に変わるために処置方針が一定しない」が挙げられます。


私が歯科大学を卒業して勤務していた歯科医院は、歯科医師が多い時で6人ほど在籍する比較的規模の大きい歯科医院でした。
が、完全担当医制でしたから、上記のような不満は少なかったと思います。

ただ、複数歯科医師がいれば、その全員の処置を受けてみなければ「お気に入り」の歯科医師の指名すら出来ません。

完全担当医制では、通院ごとに処置を受ける歯科医師が変わるということはありませんが、見方を変えれば当たり外れもあるわけです。

つまり、複数の歯科医師が在籍している歯科医院では、同じ看板の基で担当歯科医師による診療差がどうしても生じてしまいます。

当時、勤務先の院長もこの点についていろいろ気遣いしていた記憶があります。
そして、それは私自身も勤務医を雇用していたころは、気にした点でもあります。



livedoor プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
  • ライブドアブログ