ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、もともと私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください(以前、友人のブログが、匿名コメントが発端となり、閉鎖に追い込まれたことがあるものですから)。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。


*注
プロフィールについては、設定を変更できないので、2015年5月1日現在で以下の通りです。

日本歯周病学会  退会
日本障害者歯科学会  退会
八南歯科医師会稲城支部長  任期満了
稲城市歯科医会会長     任期満了

自分の基本

d7f54c3d-sこの2〜3ヶ月で、稲城市には3軒もの新しい歯科医院ができました。

私自身は歯科医師会の中枢から退いたこともあり、ほとんど患者さんからの情報で知るのですが、それにしてもすごい勢いですね〜。

私自身が開業したのは23年前ですから、すでにひと昔。

う〜ん、改めて振り返るとそんなに経っているんですね。
多くの患者さんに支えられて今があるんだな〜と、改めて来院者の方々に感謝です。


ところで、私の診療方針が正しいものかどうかはわかりませんが、すくなくとも大きく間違っていなかったのかな?という出来事がつい先日数件続きました。

私は、師匠の教えもあり「1日でも早い治癒を」と考えてはいるのですが、臆病な性格と、バリバリ数をこなせないというスタイルから自分でも焦ったくなるほど患者さんに通院を強いてしまっているところがあります。

今までも「そんなに深く考えずに、どんどん治療を進めてしまおうか」と考えたことが何万回とあります。

が、それを思いきれなかったがゆえに大事にいたらならなかったという事例が立て続けにありました。

やはり、自分が危ないと思ったことはやらないのが正解なのかもしれません。
もちろん、私よりも優秀な歯科医師ならばもっともっと手際良く治療するのでしょうが、自分の現状ではこれがベスト。

力足らずは自覚し、決して無理はしない。

自分の基本には妥協しないことは、なによりも大切なのかもしれませんね。

客観視

R0012396先日のブログでちょっと触れた、「本業には直接関係しないけれども、本業のレベルアップに結びつく勉強」を、休診日の今日は朝からず〜っとやってました。

それほどもったいぶったものではないのですが、実はパソコンでのプレゼン、つまりパワーポイントの作成です。

先日、国際的な講演会でも発表している人に指摘され、あまりにも自分のプレゼンが貧弱なのを思い知らされました。
私に気を遣ってやんわり言ってくださったのが、余計に身に沁みたこともあり、最新バージョンを購入し、アドバイスいただいた通りにつくろうとはするものの、なかなか上手くいきません。

もう、忍耐力を試されているような状態で、悪戦苦闘してきましたが、なんでも「慣れ」というのは大切で、いろいろやっているうちになんとか形になってきました(まだまだですが)

いろいろな特殊効果も覚え、それをどこにちりばめようかと考えるのも楽しくなってはきたのですが・・・。


やはり、基本は内容のレベルとわかりやすさです。

11月に2回予定されている講演ですが、幸いどちらも持ち時間が一緒。

そして、その前月の10月に、それと関係する研修会を2回受講する予定になっており、きっとさらにパワーポイントが充実するかな?と、自分なりに楽しみにしています。


ちなみに、講演会の講師になるということは、自分の臨床を人様に晒すわけで、当然ながら欠点をできるだけ少なくし、客観視できるようにしなければなりません。

と、いうことは自分の普段の姿勢が問われるわけで、それが普段の診療のレベルアップに少なからず影響していることをヒシヒシと感じています。

日々、学習

c396de1d.jpg初めて読んだのは、確か高校1年生だったと思いますが、未だに好きな小説ベスト3に入るアーサー・ヘイリー「最後の診断」。
アメリカのとある中核病院の人間ドラマですが、主人公の一人である病理学の医師の最後のセリフが、未だに私の心に影響している一冊です。

一言で言えば「何があっても、勉強(&研究)を怠るな!」ということなんですが・・・。

で、この本に出てくるような崇高なことではありませんが、ちょっとした本業には直接関係しない、でも本業のレベルアップには欠かせない勉強をしています。

最初は「我慢、我慢」と自分に言い聞かせながらやっていたのですが、これがある一定時間を過ぎると自分の上達振りがハッキリ判って楽しくて仕方ありません。

知的満足という言葉がぴったりのこの勉強。
ちょっとハマっています。

掘り下げると

07fbacdc-sここのところ、毎週末はなぜか研修会づくめ。
先週は、横浜で義歯の研修会に出席(というか、お手伝い)し、久しぶりに自分の臨床のルーツを検証でき、現在の自分の手法に誤りがないことが改めて確認できました。

そして、昨日は浜松にあるとある歯科医院にお邪魔し、私が講師となっての研修会(&実習)。

実は、もの凄くハイレベルな歯科医院ということを伺っていたので、内心「自分なんかが話すことあるのかな?」という気持もあったのですが、さすがそういう医院は院長を始め勤務医の皆さんも謙虚で熱心です。

終了してから「また聴きたい」と言ってもらえ、ホッとしました。

ここのところ、人前で話をするだけでなく、デモもやってみせるという機会が増えて来ているのですが、改めて感じるのは「付け焼き刃は通じない」ということ。

やはり普段からキチンとやっていないと、絶対ボロが出ます。

さて、来週末は、大阪に研修(今度は受講)です。

今年は、自分の中でちょっとした転換期のように感じています。
なので、今までになくいろんなことを掘り下げて考えたいんですね〜。


ここで波に乗って、診療のレベルをもっともっと上げて行きたいところです。

先入観には、勝てません

iStock_000001701818XLarge
開業して最初の数年は、スタッフのこともありお盆休みをとっていましたが、その後一昨年までお盆に休むということはありませんでした。
おそらく、20年近くお盆に休むということをしなかったにも関わらず、多くの患者さんが「お盆は休み」と思い込んでいらっしゃっており、いつもお盆開けには急患ラッシュという状態に・・・。

昨年、とある友人に誘われ16日、17日と連休しましたが、ほとんど初めて休んだ感覚のあった私のドキドキ感などどこ吹く風状態で、それについても何も反応もなく・・・。

と、いうわけで昨年と同じイベントに参加すべく、今年も16日、17日と休診します。
18日は木曜日なので、いつもの定休日です。



できる事から

ダニエル・フィル-ブリオニア先日見学させてもらった後輩の歯科医院ですが、工夫のヒントが山盛り。

早速教わった器材を購入し先週の水曜日から使い始めましたが、予想以上に具合が良く、早く他のところもパクろうと、いろいろ模索しています。

こういうことを考える時間は、とても充実していますし、なにより楽しいですね〜。

直接患者さんやスタッフにその違いが解らないことも多々ありますが、いいんです、ひとまず自分が満足できれば・・・・。




解りやすく➕楽しく

印象2お口の型を採ると一言で言っても、実はいろんな方法があります。
そして、その中でも基本中の基本である「概形印象」と呼ばれる手法が、実はあまりにも一般的であるがゆえに意外に雑に行われる傾向があります。

でもこれがキッチリできなければ、その後にどんなに細かい気遣いをしても余計な仕事が増える要因になります。

この「概形印象」をいかに正確に無駄なく採れるようにするかという実習研修を、五月に行いました(写真はその時の受講生が採った印象)

これが思いの外好評で、その話を聞いた別の方面からも講師依頼をいただきました。

やることが単純なだけに、キチンと伝えることが意外に難しく、研修会用のパワーポイント作りに四苦八苦していたところ、面白い作り方と、美しい作り方を教わりました。

で、やってみるとこれが実に楽しいんですね〜。

今までは「どう作れば受講者にとって理解しやすいか?」という視点だけで作っていたのですが、「どう作ればびっくりされるか?」という視点も加わったことで、制作作業の幅が広がりました。

それにしても、おそらく全ての職種がそうなんでしょうけれど、今やパソコンスキルがなければ本来の仕事のレベルが左右される世の中になってしまいましたね。

サボるために動く

DSC02408先週末の高知講演の際、折角の機会だからと、とある後輩の医院見学にお邪魔してきました。

私が開業する直前のほんの数ヶ月ですが、お世話になった先輩の医院を手伝った時に知り合った「コダワリの男」です。
いろいろと噂は聞いていたので、ぜひ一度どんな医院か見てみたかったので、とっても楽しみにしていました。

そういえば会うのも23年ぶり。

噂には聞いていたものの、まずは外観からそのセンスの良さに半分ノックアウト。

さらには独自の診療スタイルを普遍的に継続できるようにと、ありとあらゆる工夫がなされているのには驚きを通り越え呆れるほど。

凄い医院はどこもそうですが、見学して院長にその凄さを褒めると「面倒だからいろいろやりたくないんですよね〜」という答えが返ってくることが多いのですが、ここもそう。

そう、実は面倒なことをいかにしないで済むようにするか、凄いところは皆頭を使っているんですね。

面倒なことって、結局突き詰めるとミスに繋がることが多いですから「サボる」=「ミスがない」というのが私の持論。

もちろん、やるべきことをやらずにサボるのであれば、これは論外ですけどね。


無事、終了

DSC02433昨日の高知講演を無事に終えて、ホッと一息です。

毎回そうですが、どんな先生方が出席なさっているのか解りませんから、どんな質問が飛んでくるかわかりませんし、そもそもこの講演はあくまで私の考えややり方の紹介のような内容なので、批判しようと思えばいくらでも出てきそうな気もして、かなり緊張するんですね。

ただ、今回も受講者の皆さんは、とても熱心に聞いてくださり、質問も多く、そういう意味ではまあ上手く終えることができたかな?という感じです。

縁の下の力持とも言える和田精密歯研の営業の方々も細かいところまで気遣ってくださり、とても気持ち良く臨めました。

さあ、今日はまた気持ちを切り替えて、診療に取り組みます。

高知講演会

fcff3729昨日から、高知県高知市に来ています。
研修会講師を務めるためです。

今年の2月から始まった和田精密歯研さんとの企画も今季は、今日で最後。
来年は、2月の予定が決まっていますが、気持ち良く一区切りつけたいので、気合いを入れて臨みます。

毎回、受講者からの質問を参考に内容を変えているのですが、今回は5月におこなった実習研修のムービーも新たに入れましたから、時間がギリギリです。
朝に予行練習しましたが、なんとか時間通りに行きそう。
あとは、余計な余談を入れないように気をつけるだけでしょうか?

それにして、街はよさこい祭りの前夜祭のような雰囲気。
さらにお天気の良い休日にわざわざ出席してくださる方々に少しでもお役に立てれば嬉しいのですが・・・。

相性?

07fbacdc-s先日、私が自費の総義歯の技工をお願いしている技工所さんを訪問してきました。

なかなか数少ない自費の総義歯なので、あまり「お得意様」でもない私の診療室ですが、いつもとても大切にしてくださいます。

ところでその技工士さんともジョイントで研修会をすることになり、その打ち合わせが訪問の目的だったのですが、久しぶりに訪れたラボの設備や人員の充実振りにびっくり。

ちょっと最近日和っていた私の行動が恥ずかしくなりました。


なので、そのとき教えてもらった器材(特に、パソコン関係)を即導入したのですが・・・・。


なぜか、まったく使えません。
サポートに電話して少しずつ助けてもらいながら進めていますが、私の場合、いつも新しい器材を入れると、説明書通りにいくことがほとんど(全くと言って良い程)ありません。

こんなブログを書いているとパソコンが得意なように思われ勝ちですが、むしろ「超」がつく苦手分野。


これって相性なのでしょうか・・・?

全てオーケー

image私が人前でいわゆる「講師」としてお話するようになってから、15年ほどになります。

当初は、歯科医師会の会員が順番に市民講座などでお話するその順番が来ただけというものでしたが、その後地域の若い(1歳児〜3歳児の子育て中など)お母さん方を対象としたカルチャースクールなどや、老人会、歯科衛生士校、歯科医師の内輪の勉強会など様々。

そして今年は、歯科医師対象にとある技工所さんとのコラボであちこち巡業しています。
年内はなんだかんだと、あと6回は決まっていますし、その後もスケジュールを調整中です。

で、私のスタイルとして当初から一貫して続けているのが「写真撮影・録音・録画」はすべてオーケーということです。

意外にそれらが許可されない講演会や研修会は多いのですが、私が全てオーケーしているのには、もちろん理由があります。

一つには、わざわざ私のような者の講演会に出席していただいたわけですから、ぜひそれが有意義なものであるようにしたい。
それには、すべてを曝け出し、持ち帰ってもらうことが大切と考えているから。

もう一つは、禁止しても必ず破る人がいるからです。

先日もデンタルショーでセミナーを受講したところ、「撮影禁止」の張り紙があるにも関わらずスマホなどで撮影している人のなんと多いことか!
タイトルだけ撮影してSNSなどに投稿しようということなのかもしれませんが、それにしてもそのマナーの悪さには唖然とします。

なので、最初から解禁してしまえば呆れる事も、腹の立つこともありませんからね。


でもやはり、後での復習にぜひ役立てていただきたいのが、最大の理由です。

(今日の写真は、私自身の講演後のお楽しみ、です)

解っている人の話を聴く

Ff956rブログ(日記)は油断すると、あっという間に間が空いてしまいますね。

前回、デンタルショーへ行ったと投稿しましたが、その前にも医科歯科大学で行われたセミナーに出席してきました。

講師は、池袋で開業なさっている先生で、実は私自身が歯が悪くなったら診てもらおうと秘かに思っているある先生。

得意分野がハッキリしており、その得意分野での講演でした。

私自身も臨床に取り入れてはいますが、さすが全国で研修会の講師をやっている人は違います。
そして、そういった「解っている」人の話を聴くのが一番の近道であることを再認識。

自分自身も講師をやるようになり、果たして受講者の皆さんに理解できる内容を提供しているのか?
解っていると思ってもらえているのか?

ちょっと心配だったりします・・・。

情報収集

DSC02295昨日は、東京ビッグサイトで催された日本デンタルショーに行ってきました。
何度も書いていますが、関東でのデンタルショーは、大学卒業以来ほぼ皆勤。

そんな中でも、今回の盛り上がりは凄かったように感じました。
来場者はどれくらいだったのでしょうね?
やはりこういったイベントが盛り上がるというのは、1業界人としてもうれしいことです。


今回も収穫が多く、帰りの電車の中でいろいろと今後のことを考えると(妄想?)、楽しくて仕方がありません。

費用ももちろんかかりますが、自分の臨床レベルを上げる手段が見つかったときの嬉しさは、この職業の楽しみのひとつでもあります。

基礎の大切さ

F8800128p昨日の日曜日は、久しぶりに基礎系のお話の講演会に出席してきました。
基礎系というのは、直接日常の臨床の技術的なところではないけれど、しっかりとベースとして押さえなければならないところ。

今回は、微生物のお話。

その道では有名な今回の講師の先生は、実は元私の母校の教授。
定年退官なさっても、精力的に講演活動を行っていらっしゃいます。

基礎系の勉強会は機会が少ないのですが、やはり基礎と言われるだけあって、聴くとその内容を自分の臨床に応用できるところ、または導入しなければならないことが出て来ます。

また今回は、自分の中でグレーゾーンだったところが少しばかり明確になったところもあり、改めて基礎の大切さを痛感しました。

早速、早出出勤し、応用。

患者さんにはまったく見えないところですが、自分の中では一段レベルアップしたような気分で、診療の内容までレベルアップしそうです。

「清潔」のために

o0800108012651929581写真は、ずいぶん前に診療中の私を友人が撮ってくれたものですが・・・。

私は、診療中には必ず帽子を被ります。
歯科医師になり、勤務医を始めた当初は無帽でしたが、ある高名な先生の医院見学をしてから被るようになりました。
その先生に何か言われたとか教えられたというわけではなく、その医院の清潔さに感銘を受けたからです。

ある寿司職人さんに聴いたことがあるのですが、どんなに気を遣っても、抜け毛が落ちることは防げません。
だから、職人さんは帽子を被るか、剃るかして清潔ということに気遣いをしているそうです。

それに対し、歯科医師は、インプラントに代表される手術時には別として、普段は無帽の方が多いと感じます。


ところで先日、とある友人のブログでその友人のお父さん(歯科医師)の写真を見て、「あ〜、やっぱりさすがだな」と改めて思わされました。
昔の襟付き白衣にキチンとネクタイを締め、その上で帽子も被ってらっしゃる姿に、臨床にたいする心構えが伝わって来ます。

もちろん、帽子を被っていない歯科医師をどうこう批判するつもりはありませんが、清潔というのはなにも器具の滅菌・消毒だけではないと思うんですが・・・。


念願かなって

fcff3729昨日から、香川県高松市に来ています。
私が自費の金属床入れ歯の技工をお願いしている技工所さんの所在地です。

勤務医時代から、外注先の技工所さんには必ず顔を出し、どんな人が私の技工を担当しているのか。
また、技工士さん側にも「こんな歯医者ですよ!」というインフォメーションのためにもと思って訪問することにしています。

しかし香川県となると、そうそう気軽に訪問できるところでもない(遠いですからね)ので、なかなか実現できませんでした。
それが、念願かなって昨日は技工所さんで簡単な講演をし、担当技工士さん達とも夜遅くまでいろいろお話できました。

現代の歯科医療の問題点の一つに外注技工が当たり前になってしまったことによる「歯科医師と歯科技工士のコミュニケーション不足」が挙げられると思っています。
もちろん、充分にコミュニケーションがとれている歯科医院もあるでしょうが、一般的にお互いに顔もしらないというケースは珍しくありません。

人間関係は、顔を知っているというだけでも大きく進展しますが、これでうちのレベルも少しは上がるかな?


さて、今日は歯科医師向けの講演会です。

気合いを入れて・・・。


都合って?

image11本日7月2日(土)は都合により休診いたします。

ドアにも張り紙しましたし、留守電にも同じ文言で入力してありますが、時々「都合って、なに?」と訊かれることがあります。

今回は、香川県高松市で研修会の講師をやるための休診です。

遊びのために休むわけではないことをご理解いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

これが罠?

Tyy9307rここ最近、You Tube に始まり、様々な動画サイトで歯科関係のレクチャーを見る事ができるようになりました。
この手の情報に疎かった私でも、今や2つのサイトを見るようになっています。

そして、それらのクオリティが高いことに驚いています。

一昔前であれば、研修会でしか聴けない内容。
しかも、それなりに高額な受講料を払わなければ聴けなかった内容が無料で視聴できるんですね。

もちろん会員登録が必要ですが、それすら無料。
最初は、何か罠があるのでは?と疑っていたのですが(笑)、それも大丈夫なようです。

ただ、これが罠なのかもしれませんが、やはりその動画に登場してくる先生方の研修を実際に受けたくなるんですね。

昨日も申し込んでしまったのですが、調子に乗って複数申し込んでから費用を計算してちょっと青くなってしまいました。

でも、結局のところその成果は患者さんの為になることだし、無駄遣いにはならない!と、自分に言い聞かせていますが・・・。
livedoor プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
  • ライブドアブログ