ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、もともと私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください(以前、友人のブログが、匿名コメントが発端となり、閉鎖に追い込まれたことがあるものですから)。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。


*注
プロフィールについては、設定を変更できないので、2015年5月1日現在で以下の通りです。

日本歯周病学会  退会
日本障害者歯科学会  退会
八南歯科医師会稲城支部長  任期満了
稲城市歯科医会会長     任期満了

日本臨床歯科CAD/CAM 学会 所属
有床義歯学会      所属

自分のものにするために

Tpl00400p昨日は、村岡秀明先生の研修を大宮にて受講。

村岡先生と言えば義歯で有名ですが、それ以上に明るくざっくばらんな話方でも有名な方。
講演中もオヤジギャグ連発で、笑いにつぐ笑いという感じで実に楽しい研修会でした。

こんな人柄の先生だったら患者さんにも人気だろうな〜と思わされます。

とは言え、講演内容は至って真面目なもので、多くのヒントと気付きをいただけました。

そんなヒントだけでなく、私もかねてから感じていた事を何度も強調なさっており、改めて自分のひとりよがりでなかったことに安心しました。


それは、「採算を考すぎると、キチンと習熟していなければならない技術が身に付かず、肝心な時にできない」ということ。

例えば、自費診療で普段あまり使っていない手技をやろうとしてもなかなかできるものではありません。
却って普段の保険診療でやっているやり方の方が上手くいく事さえあります。
ですから、保険・自費の区別ではなく「必要と思われる処置に関しては、採算度外視でもやっておくことが大切」ということ。

最近、若手の歯科医師とお話する機会が多いのですが、採算を考えてしまいそれゆえに技術が向上しないという悪循環に陥っている人を散見するんですね。

私の世代では、「今採算が合わなくても、いずれ自分に信用と技術が身に付けば、ちゃんと辻褄が合う」という考えが多かったのですが、これも時代の流れなのかもしれません。

自分が勉強

_SY355_来週の14日(日)に、知人の歯科医院で実習研修を行います。
なので、今朝からシュミレーションを。

今回は、院長先生+勤務医の先生2名の3名の実習ですから、いままでの研修会に比べれば時間に余裕があるかな?と考え、普段でしたら「座学」と「実習」を2日間に分けていたのを、1日でやってしまうという盛りだくさん&濃厚な内容に。

う〜ん、大丈夫かな?

時間を計ってみると、あまり余計なことを話さず(私の場合、余談が多いので・・・)、いつも以上に要点を簡潔にまとめる必要があることは明白。

でもこれって、診療中に患者さんに説明するときに求められることと一緒です。

知っていることを全部伝えようとすると却って大切な要点がぼやけてしまいますから、自分の中で最も伝えたいことを削ぎ落として残すという作業が必要です。

結局、自分が理解しているかが問われるわけで、改めていろいろ考えさせられます。

かなりスッキリ

fi04n_0002907_b~-Posters以前の診療室では、23坪という面積にユニット5台という、歯科界ではちょっと非常識な配置だったため、当然ながら院長室などという洒落た物は無く、受付も狭く、スタッフルームは、「物置」兼「技工作業場」兼「休息スペース」という有様でした。
そのため、ちょっとでも使わないモノ、余計なものは置かず(置けず)、いつも必要か不必要か判断し、不要なものは即廃棄という感じでした。

が、今のところに移転してからは、スペースに余裕が生まれ、そのためか「いつか使うかも?」といモノが溜まるように・・・。


それに加え、なぜか粗大ごみの廃棄に苦労すことに。

ネットで見つけた業者さんに連絡したところ、1軒目は担当者が不在で後で連絡すると言いながら連絡なし。
2軒目は、メールで見積もり依頼をしたところ、何の反応も無し。
3軒目は、回収に来ると言いながら約束をすっぽかし。

で、ようやく連休前に整理がつき、その他不要な書籍を300冊ほど処分し、当面不要なモノも思い切って廃棄したので、かなりスッキリしました。

診療室を綺麗にするのは当然ですが、患者さんに見えない裏方も綺麗にというのが私の信条。

毎日の掃除。
一週間に一回の念入り掃除。
一ヶ月に一回の在庫等の見直しに加え、4ヶ月ごとに休日をまるまる使って整理しているのですが、この連休では本当にスッキリと整理&掃除ができました。

問題は、院長室が我が家よりも居心地が良いこと、でしょうか?



次から次へと

b18081ba.jpg昨日・一昨日と受講した研修会は、実は一連の治療方法の基礎編。

当然ながら中級・上級、さらに超上級までの道があります。
ただ、密かに人気という「知る人ぞ知る」という研修会なので2年前までまったく知りませんでした。
そして、2年前に知って申し込んだところ、ようやく受講できたわけです。

その時、わけもわからず中級〜も申し込んだのですが、昨日帰宅してメールをひらいたところ、7月の研修に空きがでたとの連絡が・・・。

速攻で確定申し込みしましたが、波が来ている時ってこんな感じなんでしょうね〜。

今年はいったい研修会にどれだけ費用がかかるやら・・・・。
すでに4月の時点で年間記録を記録更新していますが。

受けてみないとわかりません

spq5453_b~Keep-Calm-and-Carry-On-Posters今日は、診療室を休診し、土日2日間の研修を山梨県で受講しています。

ひとまず初日を終了し、ちょっと一息いれているところですが、心地よい疲労感とこれからの自分への課題への悩みの間で揺れ動いています。

疲労感というのは、研修会が実習だったのでやはり肉体的に若干疲れるというところ。
でも、それが心地よいというのは参加して良かったな〜という満足感があるからです。
やはり本で読んだだけでは理解しきれないところが、実習によってはっきりしたからなんですね。

講師の先生の著書を何度も読みましたが、ご本人からキチンと解説してもらい、実習で体験すると自分の認識の甘さがはっきりします。

「わかったつもり」は、所詮「つもり」なんですね〜。
当たり前ですが、実際に生の声を聴き、体験しないとわからないことを再認識しました。

ただ、すくなくとも自分が患者さんに対して提供していた治療方針に間違いはなかったことが確認できたことは、自信にもつながりました。

さて、これからの自分への課題をどう解決するか?

度胸と勢いで乗り切るしかないかもしれません・・・。

ちょっと違う学習

e596d023.jpg最近は、You Tube でひと昔前であれば講習会に大金を使わなければ知りえなかった情報をカンタンに知ることができます。

なので、ちょっと暇な休日の朝はほとんどパソコンの前でそんな動画を次々に観ています。

そうしたハイレベルな動画を見ていると、かつては本当に一部の「名人」と言われる人でしかできなかった手術や処置ができる人が増えたんだな〜と感じます。
動画で見ていると簡単そうにやっていますが、自分の過去の経験から相当習熟していなければできないことはすぐにわかりますからね。

しかし、そういったハイレベルな知識とテクニックが必須の処置を必要とする重症な患者さんの状態も、最初からそうだったわけではないはず。
もちろん、本人の体質・気質・生活習慣・生活環境の要素は大きいですが、初期の段階で関わった歯科医師の知識や技術。それに加え、患者さんへの歯科に興味を持ってもらうべき環境づくりなどがマッチすればそんなハイレベルな処置を必要とされる人はもっと少ないはず。

なので、ハイレベルな技術も知識も足りない私にできることは、今、目の前の患者さんが将来そんなハイレベルな診療が要求されるような状態に陥らないようにすることかな?と思いながらも見ています。

実際、そんな動画を見ていると、「あ〜、きっとこういう経過でこの患者さんはこの状態になってしまったんだろうな〜」とある程度は想像がつきます。

ちょうどフィルムを逆回転で見るような気持ちでしょうか?

なので、その患者さんの転換期とも言うべき大事な時期を見逃さないようにハイレベルな動画をみることは、実際にそんな処置ができなくても大切な勉強になります。

ちょっと穿った見方とは思いますけどね・・・。

今年は・・・。

016私は目標とかノルマというものがとても苦手。

もちろん、「こうなったら良いな〜」という漠然とした想いはありますが、それに向かって頑張るということができません。
でもなぜか、あるとき波が押し寄せてやらざる得ない状況に追い込まれます。

で、そんな波が昨年暮れから押し寄せて来ていまして、毎月追いつめられ行動しています。

1月には、念願の手術用顕微鏡が入り。
2月には、新しい入れ歯システム。また、顎関節に関しての新しい治療方法。
3月には、新型のCAD/CAM が入り。

と、まあいろいろと導入し、しかもそれに付随する勉強を一生懸命しなければならない状況。

2月・3月と続けて大阪府へお勉強へ。
そして今月は、今週末の土曜日を休診して山梨県へ新しい分野の勉強に。
5月は、義歯の研修2連発(東京・埼玉)。
さらには6月から半年間、長野県に。
あ、7月は、茨城県にも。

実は他にも長崎県や京都府・北海道にも通うかも?という状態。
勉強の場は、なにも東京ばかりではないのですが、こんなに東京を離れて勉強するのは、初めてのこと。

今年という年が、なにかターニングポイントになりそうな予感がします。


脱!紙芝居

cb7cceef.jpg4月に入って、最初の日曜日。

今日は午後から研修会ですが、午前中は暇です。
で、こんな中途半端な日は、自分のセミナーのための資料作り。

今までプレゼンはパワーポイントを使っていましたが、今年からキーノートでできないかと挑戦中です。

パソコンはMacなのに、なぜパワーポイント?とよく訊かれますが、以前の私の講演の主催は小学校や幼稚園・保育園といったいわゆる「研修会場」でないところばかり。
なので、なにかトラブルが起きた時に、ウインドウズでも使えるソフトを使用することはとても重要だったんです。

それにかれこれ10年以上使ってますから、下手でもそれなりに作ることができますし。


しかし、やはりキーノートを使ったプレゼンはカッコ良いんですね〜。
おそらく同じ内容を話しても、プレゼンのカッコ良さで受講者の印象は相当変わると思います。

今年は「脱!紙芝居」がキーワード。

イラつかないよう、自分を抑えながら朝から苦闘中です。

時代の要請

DSC_0578少し前の話になりますが、久しぶりに歯科医師会主催の講演会に出席してきました。

「全身的評価ができる総合歯科医を目指して」という表題のこの講演会は、内容が勉強になっただけでなく、多くのことを考えさせられました。

私が学生時代の頃から「全身を考慮した歯科治療」ということは言われ続けています。

例えば、高血圧や糖尿病。その他、脳血管障害や心筋梗塞に代表される循環器に問題を抱える患者さんは歯科治療の際に考慮しなければならないことが多々あります。

しかし、近年になってその知識と理解の必要性が年々高まっています。

その理由は、多くの新薬が用いられることにより、病気だけでなく病態を理解する必要が増した、ということ。
そして、高齢化が進んでいる影響で圧倒的にそういう「様々な医療機関に罹っている人が増えた」という2点が大きいと個人的には感じています。

病態というのは、同じ病名がついていても人によってその症状が様々ということです。

風邪を例にすると、熱が出る人、喉が痛くなる人、鼻水・鼻詰まりが主症状の人など同じ風邪でも症状の出方が異なるということです。
そして、市販の風邪薬でさえもその症状によって選択される時代です。

講演の冒頭で昨年の歯科医師国家試験の出題問題が提示されましたが、私が受験したころには影も形もなかったような分野の出題。

国家試験の問題は、厚生労働省が「必要としている歯科医師」を選抜する面もありますから、これから世の中に必要とされている人材になるために必要な知識を問われているとも言えます。

果たして自分はそういった「時代の要請」に応えられるのか?

う〜ん・・・、頑張らなきゃ。

即、行動

Taf2064me一昨日、ひょんなことから歯科医院専門のお掃除業者さんのブログを発見しました。
自分の行動だけでなく、いろんなお掃除のヒントが惜しげも無く書かれており、ついつい熟読。

うちも清潔さにかけてはちょっとばかり自信があったのですが、これを読んでしまうと、そんなものは木っ端みじんです。

昨日の朝のミーティングでその内容をおおまかにスタッフには伝えたのですが、これ以上スタッフの仕事を増やすのも気の毒なので、自分が実践。

早速今朝から始めたのですが、すでに汗だく。
でも、スッキリしますね〜。

全部は一度にできないので、一週間のローテーションを考えて続けていくつもりです。

日本歯科産業学会

DSC02979またまた間が空いてしまいました。お一人でもこのブログに訪問してくださる方がいらっしゃる限り、キチンと書くべきとは思っているのですが、毎日更新を課していない今、生来のモノグサな性格が顔を出しているようです。

さて、先週の12日(日)に、とある研究会に出席してきました。

大阪での開催だったので迷ったのですが、とある年下の先生が出席するというのでそれに負けまいと気持ちを奮い立たせて出席してきました。

自分ではまだまだ若手と思っていたのですが、どうやらそれは大きな勘違いで、もはや中堅を通り越している現在。
自分よりもはるかに若い先生に教わることが本当に増えています。

なので、尊敬する若手が興味を持っている、もしくは勉強の必要性を感じていることにはできるだけ積極的に関わろうと足掻いています。

基礎

featured_7月末・月初は、なにかと気ぜわしいのが保険医療機関。
ということを言い訳に更新しませんでしたが、2月26日の実習研修会も無事終えることができました。

直前に一人キャンセルがでてしまいましたが、公示前に満席となったので、それなりに気合いを入れて準備した甲斐があったと感じています。

受講者数は、バックアップしてくださる企業さんの希望では10名だったのですが、実は10名では行き届いた研修にならないことが予想できたので、私の希望で8名。
それでも、いっぱいいっぱいの忙しさでした。

今回はメインの私のほかに、ラボサイドからの講演の技工士さん。
それに応援の技工士さんが2名。
営業関係の方がお手伝いに4名という、7名の受講者に主催者側が8名という体制でしたが、それでもギリギリの忙しさ。

いかに実習研修というものが「人手」を要するかということですね。

そして昨日、受講者からのアンケートを受け取りました。
社交辞令もあるでしょうが、概ね好評で一安心。

でも、終了時の皆さんの顔を見た限りひとまず満足していただけたようです。

基礎の基礎というような内容ですが、ここを疎かにしては治療の成功は望めません。


私自身、ここの大切さを教わり重視するようになってから飛躍的に臨床成績があがりました。
患者さんのためにも、基礎の大切さを多くの歯科医師に知ってもらいたいと切に願います。

経験と工夫

e5260404.jpg19日の日曜日に、講演会の講師を務めてきました。
一昨年からシリーズで続いているものです。

部分入れ歯の製作過程において私がどのようなことをしているか?
それによってどんな結果が得られているのか?

という内容です。

演題は同じなのですが、すでに八回、すべて少しづつ内容を変えてきました。
そして、今回は全面リニューアル。

毎回の講演後にもらう出席者のアンケートや質問などから「こういうことが知りたいんだな〜」ということがわかるので、話す内容もそれをよりわかりやすくするために工夫するわけです。

経験してみて初めて工夫すべきことがわかるんですね〜。

さて、今週末も講演。
今度は実習もありますから、いろいろ内容を練っています。

これが結構楽しいんですね〜。

明日の休診日は、またいろいろとやることが山積です。

間接研修

8ed1aa0a.jpg昨日・一昨日の2日間、横浜で行われた総義歯関係の講演会に出席してきました。
2日間で7人の発表を聴いたのですが、改めて今の私のやり方の細かい詰めの確認ができ、有意義な2日間でした。

そして、それにも増して休憩時間に出席者のある先生(これまた、超優秀な歯科医師)にかねてからの疑問を質問したところ、明解な答えを頂きました。

ある意味マニアックな集まりだったのですが、だからこそ集まる人たちは皆さん真剣&情熱のアツさが尋常ではありません。
なので、休憩時間のちょっとした雑談の中に沢山の気付きがあります。

こういった講師からではなく、受講者からの研修もとても大切。
ただ、休憩時間が無くなるので少々疲労しますが・・・。

恐ろしい・・・

DSC02892朝から、先日の研修会の復習をしていたのですが・・・。

以前と違い、資料を配らずスライド(パワポ)を自由に撮影させるのが最近の傾向。

私自身の講演会の時もそうしていますが、受講者が手元の資料に目を通したり、ノートに書いていると、その時に伝えたいことが素通りしてしまうことがあるんですね。
なので、記録したいことはどんどん撮影して後で見てもらうようにし、その場では話に集中してもらうことを重視しています。

で、その撮影した画像の文章を読み返せば十分復習になるはず。

・・・・・なのですが、すでに記憶が飛んでいるところがちらほら。

まだ四日しか経っていないのに、この有様とは、我ながら記憶力の衰退ぶりに愕然とします。

恐ろしい・・・・。

自分はどうかな?

4eb3fbc6.jpg先日、とある医療機関を訪問したときのことですが。

事前に場所を調べるためにそこのHPを確認したところ、院長先生の中々感じの良さそうな写真を見て安心して行ったのですが、これが驚くほど感じが違いました。

感じが悪いとまでは言いませんが、写真から想像していたのと随分違った雰囲気だったんですね〜。

こういうとき、すぐに我が身を振り返るのが似たような職種の性。

果たして自分のHPやブログのイメージって、現実とギャップありすぎないでしょうか?

ちょっと心配です。

ゼロからのスタート

b18081ba.jpg土曜を休診にし受講した、土・日曜の2日間の研修会。

私にとってはエポックメイキングとも言えるような内容でした。

事前にある程度の情報は得ており、内容の予測はしていたのですが、そんな予測を嘲笑うような濃い〜内容でした。

研修会と一言で言っても、すでに自分が行なっている手法のレベルアップを計るためのもの、まったく知らない分野のことを知る為のものなど様々ですが、今回はその両方をミックスしたような内容でした。

一言で言えば、今までやっていた診療行為のなかでなかなか解決できなかったところを、新しい技術で補うという感じでしょうか?

ちなみに、その「新しい技術」を理解するのが大変で、これはもう「経験」などなんの役にも立たない領域。
とは言え、それを臨床に落とし込むにはやはり経験が必要。

つまり、今までの自分の臨床に対する姿勢と、さらなる「レベルアップに臨む情熱」の両方が要求されるわけです。

正直、道は険しいですが、ここでおめおめと挫折するわけにはいきません。

頑張らねばっ!

明日、休診いたします

01842d9d.jpg明日、2月4日(土)は、研修会出席のため休診いたします。
来週11日(土)も祭日で休診になるので心苦しいのですが、1年ほど前から受講したかった研修会なので、申し訳ありません。

その分、キチンとレベルアップして診療に役立てます。

よろしくお願い申し上げます。

在ることではなく、使いこなせていること

Tpa124m先週、久しぶりに借金してとある器材を導入しました。
借金するくらいですから、それなりの大型器材です。

いろんなメーカーの物を見て触って研修を受け、悩んだ挙げ句に導入しましたが、これが本当に良かった!
まさか自分でもここまで使えるとは予想もしていなかったのですが、だからこそ早くさらに使いこなせるようになりたいところです。

ところで、うちはHPにこういう器材についてはほとんど紹介していません。

それは、「器材があることが重要なのではなく、それを使った結果が大切」と考えているからです。
器材はあくまでも手段の一助。
それがあるから良い結果になるとは限りません。

患者さんは器材があるだけで凄いと思ってくださるようですが、そんなに簡単なものでは無いんですね。

今年は、4月からさらに本格的な研修も受講する予定になっていますので、私が「使っている」と言えるようになるのはそれからかも?

今は「使ってみている」程度ですね。
それでも無い時とは随分変わりましたが・・・・。

livedoor プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ