ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、もともと私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください(以前、友人のブログが、匿名コメントが発端となり、閉鎖に追い込まれたことがあるものですから)。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。


*注
プロフィールについては、設定を変更できないので、2015年5月1日現在で以下の通りです。

日本歯周病学会  退会
日本障害者歯科学会  退会
八南歯科医師会稲城支部長  任期満了
稲城市歯科医会会長     任期満了

研修受講効果を上げるために

Fgh1769rあまりエラそうなことは言いたくないのですが、それでも最近、ちょっと気づいたことを・・・。

何度も書いていますが、今年の2月から歯科医師向けの講演会の講師を務めました。
今までは受講側だったので、主催者側に回ったのは初めての経験(歯科衛生士向け、歯科技工士向け、一般の方向けの講演会は何度も経験していますが)。

で、受講者に対し、毎回もったないな〜と思うことがあります。
それは、「受講感想アンケートを書かないこと」。


例えば、大抵のアンケート用紙には参加して良かった内容について具体的に書く欄があります。
実は、この欄を読み手に解り易く書こうとすると、それを意識して講師の話に耳を傾けなければ、意外に書けないものです。
そして、それを意識して聴くという姿勢を持っているだけで、受講内容を自分のモノにできる度合いはグンと上がります。

なので、このアンケートに事細かく記入する人が少ない(幸い、ゼロではなかったですが)ことには、残念な気持になります。

良く言われる「アウトプットは最大のインプット」の第一歩なんですが、アンケートの選択欄に単純に○をつけるだけでは、残念ながら・・・。

基本

DSC_1885昨日で一段落の、私自身が講師の講演会。

ひとまず、無事終了してホッとしました。

今回の講演会は、和田精密歯研さんという大手の技工所さんとのコラボですから、目的は受講者の先生方が和田精密歯研さんに技工を発注する量を増やす事。
しかし、単に利益誘導に関わっているわけではなく、私自身が和田精密歯研さんの担当者に心から満足しているからこその、講師受諾です。

そして、大切なのは単に量を増やすだけでなく、その質の向上。

ともすれば独りよがりになりやすい開業医であるうえに、その臨床テクニックは多岐に渡るため、意外に簡単(だけど効果が高い)な方法を知らなかったり、材料の知識も少なかったりすることがあります。

今回の講演では、私のやり方をご紹介しましたが、これがベストではなく、私自身も進化中です。
が、ここ数年はこのやり方でトラブルが無いので、このテクニックの長所・短所を理解したうえで応用してもらえればなと思っています。

テキトーな手技で大切なところは技工士さんまかせ。
だけど患者さんからはしっかり集金となると、今日のイラストのように歯科医師は搾取者という皮肉を言われますからね。

人と人との距離

Tpl00400pさて、今日は和田精密歯研さんとのコラボ研修会。

2月から、横浜・船堀・大宮と続いた関東巡業(?)の最終回です。

初っぱなはかなり緊張しましたが、やはり場数を踏むことは大切で、毎回それなりに落ち着いて内容も吟味出来るようになって来ました。

もちろん、油断と慢心は禁物。
今朝も、頭の中でシュミレーションです。

毎回そうなのですが、前日に担当者の方々との懇親会を行っています。
私のギャラはいつもこれで無くなるのですが(笑)、普段、顔を合わせていてもなかなかゆっくり話す機会が無いので、とても貴重な時間になっています。

特に、昨晩は私の診療室を直接担当して下さっている立川営業所さんの面々だったので、いつになく盛り上がりました。

一緒に食事をし、お酒を呑むという行為は、人と人の距離を縮めてくれますね。

才能

498b1ce4.jpg昨日は、診療後にある大学の社会人講座に出席してきました。

歯医者ばかりやっていると、どんどん頭の中が固くなりそうで、一昨年より機会をみて他分野の講座に出ています。

昨日は、ホイチョイプロダクションの馬場達夫氏をゲストに迎えた講座。
もともとファッションを主とした講座のはずなんですが、世の中の流れとファッションとの関係ということでトークライブ的な講座となりました。

90分の短い時間でしたが、
その鋭い視点。
過去から現在への時代の変遷の捉え方、分析力。
そして、その表現力。

どれも「さすが!」と思わされる内容に、実に充実した時間でした。

やはり「才能」を感じさせる人の話は面白いですね〜。

ちなみにホイチョイプロダクションと言えば、私と同世代の人にはきっとおなじみの「気まぐれコンセプト」、「見栄講座」といった本や、映画「私をスキーに連れて行って」といったどちらかというと「軽い」イメージがありますが、実は私は写真の「エンタメの夜明け」という本が大好きです。
(もちろん、見栄講座なども好きですが)

結局、

16f7e511.jpgどんな商行為でもそうですが、提供側と受領側の信頼関係がすべての基本です。

そして個人的には、多少の不便よりも、それ以上の人間関係の構築が出来ていることが大切と考えています。

例えば、食事にしても、値段や品質が一定して長時間利用できる大手のチェーン店もあれば、定休日が不安定だったり味も日によって(限度はありますが)違ったりしても、信頼できる店主・店員のお店があります。
そして、こういう個人店は当然ながら人の体力や主義にその営業形態が左右され、最近の利便性を是とする見方をすれば欠陥だらけの商売かもしれません。


医療も同じようなことが言えると思います。
もちろん、救急対応をしなければならない大病院や救急医療センターなどは別ですが、個人開業医までもが同じような方向を目指さなければならないのか、ちょっと疑問を感じます。


しかし、歯科医師がたった一人という超零細歯科医院は、診療時間も短く、休日や昼休みもあり、急患対応に難があり、訪問診療にもなかなか対応できません。

今回の保険改訂を見ていると、やがてこういう超零細個人開業医は淘汰されて行くのかもしれないという気すらします・・・。




人対人

Fb1340iうちを受診する患者さんの多くが、それまで他院での診療を経験なさっています。

当然、今まで通院していた医院に不満があって転院なさっているわけですが、そのひとつに「担当医が通院の度に変わるために処置方針が一定しない」が挙げられます。


私が歯科大学を卒業して勤務していた歯科医院は、歯科医師が多い時で6人ほど在籍する比較的規模の大きい歯科医院でした。
が、完全担当医制でしたから、上記のような不満は少なかったと思います。

ただ、複数歯科医師がいれば、その全員の処置を受けてみなければ「お気に入り」の歯科医師の指名すら出来ません。

完全担当医制では、通院ごとに処置を受ける歯科医師が変わるということはありませんが、見方を変えれば当たり外れもあるわけです。

つまり、複数の歯科医師が在籍している歯科医院では、同じ看板の基で担当歯科医師による診療差がどうしても生じてしまいます。

当時、勤務先の院長もこの点についていろいろ気遣いしていた記憶があります。
そして、それは私自身も勤務医を雇用していたころは、気にした点でもあります。



一般開業医という業態

Fb1341i開業したころ、多くの先輩から「院長のお前がいなくてもまわる歯科医院にした方が良いぞ」と言われました。

つまり、勤務医を雇用し、複数の歯科医師で医院をまわせということです。
確かに、マンパワーが豊富であれば、不測の事態にも柔軟に対応出来ます。

それに、私一人であれば、私の体調次第で医院経営は簡単に破綻してしまいますから、企業として考えれば当然合理的です。



今回の保険改訂ででてきた多くの「施設基準」は、一人の歯科医師で運営されている歯科医院ではなかなか要件を満たすことが難しく、ここに個人的にはジレンマを感じています。

確かに、複数の歯科医師が在籍していれば、多くの来院者に対応できますし、当然ながら診療時間も長くできます。
また、訪問診療にも対応しやすく、受診者の「利便性」で言えば非常に良いことが多いのですが・・・。


今年の保険改訂

Fb1343i何度か書いていますが、2年に一回の医療保険改訂が今年もありました。

もちろん、歯科医師になって何度も経験している保険改訂ですが、今年ほど将来のことを考えさせられる改訂は初めてではないかと感じています。

かねてから予想はされていましたが、来るべき超高齢化社会を見据えた改訂とは思いますが、今後の「一般開業医」の業態すら変えてしまうかもしれないと個人的に思えるからです。

今年のキーワードは施設基準。

つまり、一定の要件を満たす診療所でなければ、同じ医療行為をやっても満たしていない診療所とは保険点数に差がつくのです。
しかし、この一定の要件というのが曲者(?)。

確かに、患者さんにとっては「便利」になるかもしれませんが、私の目指している医療形態とは異なっているように感じられてなりません。

知りたい「使い方」

28828924_1442063554s予々感じている事なんですが、日本の歯科医師は技術追求に余念がない方がホント多いのではないでしょうか?

実は私がここのところ購入しようか迷っている器材があります。
大抵のものはポンポン後先考えずに購入してしまう私ですが、この器材に関しては未だ迷っています。

少し前にメーカーの方に伺ったのですが、なんとこの器材の昨年一年間の国内売り上げ台数は、EU圏の売り上げ台数より多いそうなんですね。

えっと、EU圏って何カ国でしたっけ?
なんと日本一国だけでそれよりも多いって、さすがコンビニよりも歯科医院が多い日本!

というのは冗談ですが、これを導入したからと言って保険診療では増収にはほとんどなりません。
さらに言えば、ちょっと前までは二次医療機関が備えていればいいのでは?とすら思っていたくらいです。
そんな器材がそんなに沢山売れているなんて、医科のCTみたいな感じなのでしょうか?

しかし、私の周囲でも導入している歯科医院は珍しくありません。

確かに高価ではありますが、実はそれが導入を迷わせている訳ではなく、私の診療システムにどう取り入れると良い結果に結びつくかが見えないんですね。

皆さん、どうしているんでしょう?

と、いうわけで導入歯科医院の見学ツアーを計画中です。

購入した器材がオブジェになってしまっては困りますからね・・・。

休息のサイクル

iStock_000001701818XLarge診療が週休2日とはいえ、実際は歯科医師会の仕事やセミナーなどで、実質自分の時間として休みが取れるのは、せいぜい月に1〜2日という生活。

慣れているので、却って休みがあると妙な疲れが残るくらい。

とは言っても、だんだん澱のように疲労が溜まってくるのが、自分でもわかります。
そして、なんだか溜まって来たな〜と自分で思う頃に、GW やお盆、年末年始の休みなどが見事に来てくれます。

人間の体のリズムは、地球の自転と公転の影響を受けていると言われていますが、年に3回の長いお休みというのは、過去の経験からできたサイクルなのかもしれませんね。

やはり、必要

image11今日は普通の日曜日。

ですが、GW中とあって、妙にまったり感があります。
で、兼ねてからの予定通り、院長室の大掃除。

いつもよりも早い午前7時前に出勤し、溜まったDMの廃棄から始まり、積み上げた書類を整理し、不要なものをどんどんゴミ袋へ。

なんと、48l の袋4つ分も出ました。
さすがに、スッキリしますね〜。


それに、今月末の講演で使えそうな資料がバンバン見つかります。
これは、神の啓示か?と、思う程(^^;。



振り返ってみると、昨年の9月以来ですから、約半年振り。
やはり、定期的な大掃除は必須ですね。

とは言え、細かい引き出しの整理までは時間が足りず、これは後日に持ち越しです。


その他、床のタイルの目地の補修や、外装の清掃までやれましたから、ほぼ予定のところは完了。

充実の休診日でした。



予想通りではあったのですが・・・

_SL160_AA115_連休の谷間の今日。
きっと忙しいことになるんだろうな〜と出勤したのですが、その予想をはるかに上まわる急患の数。

もう、診療開始とともに電話は鳴りっぱなしで、しかも全員が今日の受診を希望という状態。

久しぶりに患者さんを30分以上も待たせるという(もちろん、予約の患者さん優先で)、
大荒れの一日でした。

でも、終わってみれば、私自身は意外に元気。
昨日、たっぷり寝たからでしょうか?

いえ、やはり患者さんがホッとした顔で帰宅するのを見たからでしょうね。

スケジュールを詰め込むと

_SL500_AA300_昨日は、このブログに投稿する時間がなく、またまた途切れてしまいました。
スケジュールがたて混むと、ついつい・・・・。




GWは、診療はお休みですが、どこへでかけても混みます。
その混雑がイヤで、街中にでかけなければならない予定を全部入れてしまったんですね。

しかし、予定をキッチリ終えると、とてもスッキリした気分。

「お休みはどこかへお出かけですか?」と患者さんからよく訊かれますが、毎年診療室の整理で終わっています。
だいたい年に3回程大掃除しないと、診療室のとある場所がまるでゴミ溜めのようになってしまうんですね。

それに、今年は自身の講演会の準備もあり、今日のような行楽日和でも部屋に篭っています。

ま、面倒くさがりやというだけなんですが・・・。

患者さんよりうれしいかも

4a0ad84e.jpg急に痛くなった、もしくは急に腫れたということで来院なさる、いわゆる「急患」さん。

痛みが激烈だったり、顔が変形(?)するほど腫れていたりすると、ご本人も不安でしょうが、こちらも一刻も早くなんとかして差し上げたいという気持ちになります。

ところが、その原因がすぐに解る場合とそうでない場合があります。

解る場合は、何の問題もありません。
すぐに処置に取りかかれば良いだけなのですが、問題は原因が今ひとつハッキリしない場合。

歯科診療は、多くの場合やり直しがききません。
ですから確信が持てない限り手をつけるということにはどうしても勇気が入ります。

そうして悩んだ結果行った処置がドンピシャだった時の嬉しさは、格別です。
患者さんも楽になって喜んでくださいますが、もしかしたら私の方が喜んでいるかも?と思うくらいです。

予習・復習は欠かせません

b18081ba.jpg以前から何度も投稿していますが、毎日、診療前の予習が私には必須です。

天気図を見るところから始まって、当日の予約状況を見ながら頭の中で診療のシュミレーション。
用意する器具やその患者さん固有の注意点など、スタッフと共有すべきことを確認してから朝礼。

診療が終わったら、一日を振り返り、反省点や忘れたことがないかのチェック。
時間があるときは(というか、作らなければならないのですが)技工関係も。

でも、習慣化しているのでどちらも大して時間を取ることでありません。

とは言え、うっかり忘れたりすると何かが起きます。

で、こんなことを書くというのは、今日、その何かが起きたんですね〜(笑)

明日はいつもよりも早めに出勤しなきゃ・・・・。

GWが近づくと・・・・

b493e5bf.jpg年末年始やGWの時期は、うちもお休みするので、診療内容に気を遣う時期です。

ほとんどの方がなにかしらお出かけしますし、3日以上も休むと必ずと言ってよいほどなにか問題が起きます。

型を採ったり、抜歯したりという処置も、お休み前にはなるべく避けるように。

本当は、一日でも早く患者さんを治癒に導きたいのですが、トラブルを避けるためには仕方がありません。

じゃあ、診療すれば?

いえいえ、私も普通の人間ですから休まないと倒れちゃいますので・・・。

時間感覚のズレ

17f2f07e一昨日の勉強会の雑談の中で、出た話題です。

そこにいた全員が同意したのが、患者さんと我々(術者)の時間感覚の違い。

例えば、以前自医院で処置した歯に何か問題が起きたとき。
ほとんどの患者さんは、「治したばっかりなのに」という感覚を持ち勝ちです。

「これ、去年やったばかりでしょ?」と言われた処置をカルテで確認すると3年以上経っていたりするなんていうのはザラ。
10年以上経っていても「2〜3年前ですよね?」なんてことも。

ま、気持もわからないではありませんが・・・(^^;

やってみなければ、わからない

iStock_000000467702Large昨日は、診療後に所属している勉強会で、再び保険のお勉強。

この4月1日から改訂になった保険診療の内容は、かつてないほど複雑な印象があり、改訂部分をちゃんとやろうとすると、相当な労力が必要な気がしていました。

が、実際診療をやっていると、意外にそうでもなく、あまり混乱はしません。
それでも、どこか間違っているんじゃないかと、カルテ記載の際に気になります。


昨日は、そんな「ちょっと経験したからこそ感じる」部分を解説してもらえ、非常に有意義な時間でした。

でも、できることなら、こんな制度の勉強よりももっと臨床的な治療に直結した勉強に時間を使いたいものではあるんですが・・・。

やはりその場で

R0012565昨日訪れた「雄勝歯科診療所」。
震災から5年も経つのに、未だに仮設です。

ユニットは2台ですが、震災後に人口が激減してますので、これで足りているのでしょう(月一しか行かないのでよく解らないのですが)。
ただ、高齢化が著しいので、訪問診療が多いようです。

昨日も、とある施設の訪問診療へ同行しました。

で、どうしても白衣で移動というのが出来ないので、患者さんのお部屋に入ってから白衣を羽織ります。

普段着でお邪魔すると「何モノ?」という目つきで周囲から見られるのですが、白衣を着ると安心なさるのが手に取るように感じられます。



なので、白衣で訪問するのは相手を安心させる上では必須なのかもしれませんね。
livedoor プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
  • ライブドアブログ