ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

ようこそ

似顔絵

ふじもと歯科診療室BLOGへ、ようこそ。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

このブログは、私(ふじもと たく)の考えや、診療室全体でどのように日々の歯科診療に取り組んでいるかを知ってもらい、うちを受診なさった方が、少しでも安心して診療を受けていただける手助けになればと思い、始めました。

しかし、投稿数が増えるにつれ、本来の目的とは異なる内容のものも増えてしまい、肝心の読んでいただきたい内容については、探すだけでも大変になってしまいました。

そこで、うちの診療について、ぜひとも読んでいただきたい内容を、ブログからピックアップして構成したホームページを平成18年7月に立ち上げました。

ふじもと歯科診療室ホームページ http://www.fj-dental.jp/

こちらもよろしくお願いします。


↓最新の投稿は、この次から始まります↓

コメントは大歓迎ですが、匿名(または、ハンドルネーム)でのコメントにたいしてはお返事をいたしませんので、あらかじめご了承ください。
当診療室の来院者の方で、コメントいただける方は、診察券番号でいただけると幸いです。
また、当然ながら、私が存じ上げていない人もいらっしゃるでしょうが、せめて名前を名乗っていただきたいと考えています。

↓最新の投稿は、この次から始まります↓

なお、ここに書かれている内容は、筆者の個人的意見です。「ご利用は計画的」に、お願いします。


*注
プロフィールについては、設定を変更できないので、2015年5月1日現在で以下の通りです。

日本歯周病学会  退会
日本障害者歯科学会  退会
八南歯科医師会稲城支部長  任期満了
稲城市歯科医会会長     任期満了

日本臨床歯科CAD/CAM 学会 所属
有床義歯学会      所属

神は細部に宿る

Te23iここのところ、毎週日曜日は全て研修会。

昨年、49回も研修会に出席していたので、今年はセーブしようと思っていたのですが、やはり知りたいことが次々と出て来てしまいます。

ところで先週の日曜日は、私が自費の部分入れ歯の技工をお願いしている歯科技工士さんを講師に迎えての勉強会でした。
内輪の友人関係、先輩後輩関係ばかりの出席者だったのですが、ちょっと声をかけただけで20名ほども集まってくれました。

当日、いきなり講師から「先生もちょっとお話してよ」と言われ、急遽お話をしたのですが、私がお話したのは「ちょっとしたコツ」の「ちょっとした細かい気遣い」。

学校でも教わりませんし(いや、教わってもさほど重要と思われないんです)、教科書などでも気づかない程度の記載しかないのですが、とても重要なところ。

案の定、質問がいくつかでましたから、皆、知らなかったのでしょうね。

「神は細部に宿る」という言葉の出典は諸説あってハッキリしないそうですが、いくつかある説のうち私が気に入っているのは、ある建築家が教えた学生たちが細かいところを蔑ろにし勝ちなのを見て発した言葉という説。

木を見て森を見ずという言葉もあるように、全体を俯瞰することもとても大切ですが、歯科医療は小さなことの積み重ねもとても大切です。

もやもやが(ちょっと)スッキリ

DSC03335一昨日の木曜日、久しぶりの休みだったので、神田の古本屋街を彷徨ってから、水道橋のシエン社さんに。

ここは、東京で一番歯科関係の本が揃っている本屋さん。

新刊の案内などは出版社や材料屋さんから沢山お知らせが来ますが、やはり手にとって内容をパラパラッとでも見ないと、なかなか(知っている本は別にして)買えないもの。

写真の本の著者の山本先生は、うちの歯科衛生士の勉強会でもテキストとして永らく使いましたし(沢山著書があるので)、先月も講演を聴きに行ったばっかり。

著名な先生の講演を聴く度に、新しい知識が増える悦びと、自分はこの年まで何をやっていたんだろうという虚無感を感じるんですが、まあ、それで良いんだな〜とちょっと心が救われる内容でした。

「知らない」ということを「知る」大切さとでも言いましょうか?

自分は「できる」と思ったら、人間終わりですしね〜。

難しい季節

_SY355_すでに桜も散り始める季節になりましたが、まだまだ朝晩は少々冷え込みますね。

この季節は、秋と一緒で診療室内の気温の調節が難しい時期なんです。

朝、出勤してから暖房を入れ、室温が21℃を越える辺りで暖房を止め、23℃を越え始めると、冷房を入れ、常に室温に気を配らなければなりません。

それは、患者さんに快適な空間を提供するというだけでなく、処置上の理由です。

歯科材料は、ほとんどが室温23℃でその性質が発揮できるよう作られています。
なので、それが変化すれば取り扱いも変化します。

幸い、材料の進歩で以前よりも室温に影響されるモノは随分と減りましたが、それでも大切なところ。

エアコンの自動設定では上手く対処できないので、マメに温度計を見て手動で調節です。

追い風?

T1205-15307eu先々週あたりから、自分の中である企画を温めていました。

ただ、新企画というのはなかなか最初の一歩が難しいですし、「絵」がなかなか描けません。

どうしようかな〜と考えていたところ、先日の症例相談会で一緒に参加した先生からホットな情報をいただけました。
なるほど〜と思ったところで、似たような企画のセミナーDVDを発見。早速購入。

で、この企画はスタッフの協力も必要なので、どう段取りをしようかな?と考えていたところ、まさにうってつけのセミナー案内が、スタッフに説明する10分前にメールで着信。

なんでしょうか、このタイミングの良さは?
まるで、診療室を移転するときに感じたような「誰かだ応援してくれている?」という雰囲気。

上手くいきそうな予感です。

今でも毎日出会う

9fd2539b.jpg歯科医師になって30年。開業して25年目ですが、未だに毎日のように「初めて」の体験をします。

どこが原因なのかわからない。
なぜ痛いのかわからない。

我ながら情けないと思いますが、一つ一つ「糧」にしていくしかありません。

できることは、「わからないことはハッキリ患者さんに伝える」こと。
そんなところで格好つけてもなんの解決にもならないどころか、却って患者さんに不利益をもたらしますから。

患者さんの不安を煽るような言い方は謹んでいるつもりですが、曖昧なまま治療を進める方が不安が増大しますので。

症例相談会

Tb1328i昨日の春分の日は、私が所属している勉強会の症例相談会でした。

医療関係者の勉強にはいろいろな方法があります。

学校の授業のように、一方的に話しを聞く講演会。
自分の治療について発表し、参加者に意見を求める症例発表会(もしくは検討会)。
現在治療中の患者さんについて、これからどうすべきかの意見を求める相談会。

その他実習を含めて様々な方法がありますが、それぞれに長所・短所があります。
が、いずれにしても、今の自分を客観的に判断してもらえ、自分の臨床能力があがれば目的は達せられるわけです。

昨日の相談会では、自分だけでなく他の参加者の症例相談も見学できたので、非常に中身の濃い、充実した内容でした。

自分はまだまだ、と落ち込んだり、意外と良いのかな?とうれしかったりと、アップダウンも激しかったのですが、治療に対する意欲が高められ、指導医の先生には感謝しかありません。

物理的な限界

Taffo164me3月も下旬に入り、年度末感を感じています。

特に、引っ越しや転勤。
卒業や新入学の話が出てくる季節ですから、余計に感じるのでしょうね。

特にこの時期は、「〜までに治療を終わらせて欲しい」という要望が激増します。

状況やお気持ちはわかりますが、現在のうちの混雑状況では対応に限界があります。

電話でお話しを伺って期限までの対応が無理とわかればその時点で他院の受診をお勧めしますし、実際に診察してからお応えできないとなることもあります。

私としては、数多い歯科医院のなかからうちを選んでくださったことだけでも大変感謝しておりますが、だからこそ私の精一杯の仕事でお応えしたいと考えております。

なので、他院への紹介を始め、うちでの診療をお断りする場合がありますが、中途半端な処置が一番歯の寿命を縮めると考えていますので、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

普段の姿勢

r9585_b~-Posters先日、とある勉強会の隙間時間の雑談で私のやり方を話ししたところ、「保険でそこまでやるの?」と驚かれました。
別に私が保険診療を丁寧にやっていることを自慢したいのではなく、保険診療でやっていなければ絶対に自費診療でもキチンとできない分野だったので、私の方がとても驚きました。

保険診療は制限診療ですから、やったほうが良いと解っていることでもできないということがありますが、それは材料だったり(使えない材料があるので)コスト(保険の診療報酬では賄いきれない)、時間(多少は仕方がないのですが)といった部分で、それ以外のところでやらなければ、それは「手抜き」と言われても仕方がないと思っています。

そしてそれ以上に、普段、キチンとやっていなければ高額な自費診療の時だけ気合いを入れてもできるものではないことがたくさんあります。

以前、ある楽器を習っていた時に先生から

「自宅の練習で出来た内容を10とすると、教室で出来るのは6か7くらい。本番(人前での演奏)では2くらい発揮できれば良い方」と言われたことがあります。

まさに診療もそれと一緒。
本番だけ上手くやろうとしたって、そんなこと・・・・。
livedoor プロフィール

fdo964

Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ