子どものむし歯予防の重要性は、誰もが認めるところだと思います。
しかし、熱心に取り組む方がいらっしゃる一方で、ほとんど関心をはらわない方もいらっしゃいます。

「わかってはいるんですけど、なかなか・・・・」といった保護者の答えを聞くたびに、どうやったら歯の健康に価値観を持っていただけるか、頭をしぼります。

毎年、小学校で歯科検診を行なっていますが、順番をまっている子どもさんの間で、必ずむし歯自慢が始まります。「俺、絶対むし歯あるよ」「穴あいてる歯があるんだよね」「ちょっと前まで痛かったけど、今は平気」などといった会話が耳に入ります。
しかし、そういった自慢をしている子どもも、目の前でむし歯ゼロの子がいると「スゲー」と言いながら、うらやましそうに見ています。

「できれば、むし歯はないほうが良い」くらいではなく、「むし歯があると恥ずかしい」くらいの気持ちを持っていただけるようになると、むし歯自慢もなくなりますし、本当にむし歯は減っていくのではないかと思っています。

そういった価値観の構築も、我々歯科医の仕事のひとつではないでしょうか?