ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

2011年12月

ありがとうございました

p_george

昨日は、久しぶりに映画鑑賞。

マーティン・スコセッシ監督の "George Harrison "。

御存知、元ビートルズのジョージ・ハリソン氏を題材とした内容。
ただのミュージック映画ではなく、ドキュメンタリーに近い内容です。

しかし、さすがそこはマーティン・スコセッシ監督。
本当に見て良かったと思える見応えのある作品でした。

そして、実にいろんなことも考えさせられ・・。

今年一年だけでなく、自分の人生/生き方まで考えさせられました。

そう言えば、映画の中である人が、ジョージ・ハリソン氏が通っていたパブリックスクールは、まるでディケンズの教育のようだという表現を使っていましたが、そこから「大いなる遺産」の一文が蘇ったり・・・。

それは、
"In a word, I was too cowardly to do what I knew to be right, as I had been too cowardly to avoid doing what I knew to be wrong." 
(「つまり私は、臆病なあまり正しいとわかっていることがおこなえず、臆病なあまり間違っているとわかっていることを避けることができなかったのだ」)
というもの。

今年(だけではありませんが)の私の生き方を評価されているような・・・。

とまあ、・・・。が多い文章になってしまいますが、こういうところに自分の弱さが出ているような気が・・・。

それにしても、2011年も今日で終わり(まだ終わってはいませんが)。

今年ほど、いろんな意味で記憶に残る年は無かったのではないかと思える、苦しくも楽しい一年でした。

本当に多くの方々に支えていただき、この場を借りて、感謝申し上げます。

そして、皆さん、良いお年をお迎えください。

今年一年、ありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

休んでいるから、見えて来るもの

夏季休暇のない私にとって、仕事から離れるのは、久しぶり。

一日だけの休みと違って、「連休」ともなると、お休み感(仕事離れ感)がまったく異なります。


そうなると、なぜか普段以上に自分の診療スタイルが気になり、あれこれ考えてしまいます。


現在のうちの診療の最大の課題は、予約を始めとする診療システムの見直しが必要ということ。

ひらたく言えば、予約がとりにくく、診療がバタバタしている、ということです。

実は、昨日統計をパソコンから出力してみたところ、私自身(やスタッフ)が感じているほど患者さんの延べ来院数は増えていないんですね。

それにも関わらず、このドタバタぶりは何?

今まで何度もこうした経験はありますが、今年は6月くらいからかつて無いほどの状態に。

だいたい、患者さんに「いつも忙しそうですね」などと言われるようでは、およそ私が理想とする「落ち着いた診療」とはほど遠いわけで、何度も何度もミーティングもし、いろいろ対策を考えてきました。

もしかして、歯科医師一人ではここが限界なのか?と思うこともありますが、自分の経験から限界と思ったらそこで全てのことが終わってしまいます。

このお休みの間に、なにか効果的な対策を考えつかなければ・・・。

と感じている、休暇2日目の朝です。

思い切ってやってみると・・・

本年の診療も、今日の午前のアポイントで終了(とは言っても、やはり午前中では終わりませんでしたが)。

お一人だけ心配な患者さんがいらっしゃり、基幹病院をご紹介したところ、すぐに受診なさり、こちらの診たてが正しかったことにホッと一息。

毎年そうですが、年末の最後の診療が終わると、もの凄い虚脱感に襲われます。
図に乗るわけではありませんが、「精一杯やりきった」という感慨というか、気分というか・・・。

そうして、感謝を込めて大掃除。


今日は、今までやろうやろうと思いつつも、手を付けずにいたところに思い切って挑戦。

なんと、そこだけで48Lのゴミ袋5つ分のゴミが。

以前の狭い診療室では無駄なものは一切保管できなかったのですが、今の診療室はちょっと余裕がある分、油断するとあっという間に余計なものが溜まります。

それにしても、掃除って、気持ち良いですね。

さぁ、これで明日は事務仕事。

その他、休みは7日間あっても、実質休めるのは2〜3日という、雑用の山&山。

正月明けの連休は、休日診療当番医ですし、その他、休診日の木曜日に休めるのは年明けしてから3月8日まで一日もないというスケジュールがすでに決まっています。


今までの人生を振り返ってみても、今年ほど働いたという実感がある年はなかったと断言できるような一年でしたが、来年はもっと???

でも、今日のゴミではありませんが、チャレンジあるのみですね。

いつも以上に

今日も、予想通りというか、例年通りというか、やはり急患の方が多い一日でした。

おそらく、普段でしたら電話してこないだろうな〜という程度でも、お休み前ですと、気になるのでしょうね。
実際に緊急性の高い、しかも重症という方は少なく(とは言っても、一人でもいらっしゃれば、とても気になるのですが)、そのせいか来院数は多くても、それほど時間がかかる処置は少ないので、ほぼスムーズに一日が終了しました。

実は、こういう休み前の時の急患の方には、帰りがけにできるだけ笑わせるように意識的に心掛けて居ます(ネタをバラすようですが)。

普段でも、患者さんの帰りがけの表情はとても気になるのですが、長期休暇の前となると、いつも以上に気になります。

私は以前、ある患者さんに「先生は、気にし過ぎるから、いっそのこと手も足もでない海外にでも出かけてノンビリする時間を作った方が良いですよ」と言われたこともあるくらいの小心者。

たしかに、思い切って遠くへ行くというのも良いかもしれませんが、根がケチなので、わざわざ割高&激混みの年末年始に出かけようという気にはなりません。

とにかく、自分ができることは、「誠心誠意、できることをやる」しかありません。


あと半日。

気合いあるのみです。

不思議な一日

今日は、今年最高数の予約状況でした。

昨日から、アポイント状況を見ながら、頭の中でシュミレーションまでして備えていたのですが、蓋を開けてみれば、忙しいことは忙しいのですが、なぜか妙にダンドリ通りに診療が進み、食べられないと思っていた昼食にもありつけ、診療も残業かと思いきや、意外なほど時間ピッタリに診療終了しました。

しかも、なぜか途中に患者さんが一人もいない時間さえ。

でも、結局いらっしゃった患者さんは、キャンセルもあったとは言え、今月最高数。

なんだか、妙なリズムの不思議な一日。

でも、あと2日。

やすらかな休暇を迎えるためにも、気を抜けません。

記憶は当てになりません

昨年、一昨年のこの時期のブログを読み返したところ・・・。

一昨年の天皇誕生日の祝日のある週の木曜日は診療していますし・・・。
急患の方が多くて対応に苦慮したことも・・・。
そして、毎年同じようなことの繰り返し・・・。

毎年、「今年は前に比べて・・・」という思いでいたことが、全然変わっていなかったことに気づかされ、ちょっと愕然。

いかに私の記憶が当てにならないかということが、我ながらあきれるほど。

でも、それに気づけたこのブログ。

続けて良かった?(^^;

ドキドキの一日

年内の診療も、今日を含めてあと4日。

例年であれば、患者さんのアポイントはどんどん来年に取っていただくので、比較的年末は急患対応もスムーズに(?)できていたはずなのですが、今年は、なぜかきっちきち。

今日も、朝から電話が鳴りっぱなしで、多くの急患の方がいらっしゃいました。

その中でも、激痛を訴える方がお二人。

ともに、歯の根に膿みが溜まった状態で、おそらく歯科疾患の中でもトップクラスの痛い病変。
幸いにして、歯を削って歯髄(いわゆる歯の神経)のところまで到達した途端に膿みが出てくれました。

膿みさえ出れば、一安心。
膿みが出ない時には、本当に対処に苦慮するので、私もホッとするところ。

その他、土曜日は通常よりも診療時間が若干短く、スタッフも少ないにも関わらず、平日よりも多い来院数で、途中で「今日は終わるのかな?」と思うほど。

多くの患者さんに支持されているのはうれしいことですが、そういう数ではなく、いかに急患にならないよう、皆さんのお口の健康管理の部分で貢献できるかということを、こういう忙しい日が終わると感じます。

今年は、寒い?

毎年、気温が下がって来ると、診療室の暖房をタイマーで設定しないと診療開始時刻に間に合わないのが、安普請のうちの診療室。

概ね、12月下旬から設定するのですが、今年は12月に入ってすぐから。
しかも、時間設定も早めに。

ユニット(治療イス)や、診療器材まで暖めるには、どうしても時間がかかります。
温度計で暖かいからそれで良い、というわけではないんですね。

ただ、それでも私自身は寒くて寒くて・・・・。

考えてみれば、昨年の同時期よりも体重が7キロも減っていますから、皮下脂肪もなく、保温性に欠ける体になってしまっているのかも?(笑)

ちなみに、体重減は自分でも心配になり、かかりつけのお医者さんに診てもらっていますが、以前よりも数値上は健康とのこと。

自分でも、体が軽いだけでなく、無理が効くような感触です。

ただ、診療室内の気温は、明らかに以前よりも高め。

患者さんがおでこにかく汗は、冷や汗ではないと思うのですが・・・。

何年ぶりでしょうか

本日、22日は木曜日ですが、午前中のみ診療いたします。

開業して数年は、祭日がある週には木曜日に診療をしていましたが、却って定休日が曖昧になり、一部の患者さんに混乱させてしまったり、スタッフや私の「木曜は休み」という前提の行動に支障を来したり(木曜日って、研修会などが意外に多いんですね)ということがあり、祭日に関係なく休診にしていました。

しかし、年末のこの時期。
しかも、御陰様でうちのアポイントはきっちきち。

すでに、年内の予約枠はまったく空いておらず、先月半ばから急患予約はお昼休みをつぶすという形でしか確保できない状況です。

そんな状況で、のんびり連休なんて取っていられません(私の精神衛生上も)。

でも、明日の祝日は、お休みします。

うれしい話

10月27日に私が行った「親と子の教室」での歯科講話。

この親と子の教室は、市が主催で様々な分野の専門家の話を聞いて、若いお母さん方の育児を支援しようという事業。

私は、昨年に続いて2回目のお呼ばれだったのですが、毎回講演後にその内容について様々なアンケートを取るそうです。

そんなアンケートの結果で、私の講話は好評だったというお話を昨日教えていただきました。

しかも全員の方が、来年も(講師として)呼ぶべきと答えてくださったそう。

いやぁ〜、うれしいですね。

実は、私は元々人前で話をするのが大の苦手。

足は震えるは、声は上ずるはで、本当に苦痛だったのですが、12年ほど前に歯科医師会の仕事で渋々やったところ、ちょっとした快感を感じてしまい(笑)、それ以来、自分でも驚くほど話好きに。

それ以来、幼稚園/保育園や市の施設などで数回やってきましたが、内容はともかく、自分ではとても楽しいんですね。

そこへ持って来て、好評と聞くと、ますますやる気が湧いて来ます。

今から、来年の企画を考えたりして・・・・(笑)

なぜか?

毎年、この時期になると患者さんから確認されるのが「年内に終わりますか?」ということ。

12月に入った途端に訊かれることが多いのに、今年はなぜかほとんど訊かれません。

うちの診療スタイルに対する理解が深まったのか?(予約がなかなか取れない、診療に時間がかかる、etc)


それとも、何か他の理由?

図に乗っているわけではありませんが、ここのところ診療していて、「あ〜、うちのことよく解っていただけているな〜」と毎日のように感じます。

例えば、診療の流れを説明している時。
なかなか治療結果が思わしくない時。
などなど、ちょっと文句を言われても仕方が無いかな?とこちらが思うような場面でも、皆さん快く聞いてくださいます。

でも、それに甘えず、「一分一秒でも早く治癒に導く」を信条に、気を引き締めていきます。

連携力

昨日は、東京都が行っている摂食・嚥下機能支援推進事業のひとつである評価医養成研修に出席してきました。

歯科だけでなく、医科の先生も一緒の研修会で、なおかつ講師陣も、様々な職種の方々。

これからの高齢化社会では、まずまちがいなく必要とされるであろう、様々な地域社会での医療について、考えさせられることの多い研修です。

たとえば、ある患者さんに対し、連携が必要な職種をざっと挙げただけでも、
医師
歯科医師
看護師
管理栄養士
ヘルパー
ケアマネージャー
薬剤師
介護支援専門職
言語聴覚士
理学療法士
訪問入浴サービス
など、実に多岐に渡ります。

こうした多職種との連携が必要とされてくるわけですが、一口に連携と言っても、それぞれの職種の特質、職務内容も理解しなければなりません。

お互いの専門領域の相互理解が必要なわけです。

口のことだけ知っていれば良いという時代ではなくなってきたんだな〜と感じます。

経営者的歯科医師、職人的歯科医師 3

件名がこれで適切なのかどうかわかりませんが、もう少しこの話を続けたいと思います。

経営者的歯科医師というと、なんだかお金儲けに走っているようなイメージかもしれませんが、結果的にそうなっていても、私はとても大切なことと思っています。

どんな企業(歯科医院も零細ですが企業ですから)でも、存続するためには利益が必要です。
歯科医師自身の生活もありますし、スタッフの給与はもちろん、利益がでなければ器材も購入できませんし、医院の存続そのもができません。

そのためには、患者さんに支持される医院でなければならず、それは一般の会社や商店が多くのお客さんに利用してもらおうとすることと、なんら変わりません。

経営者的歯科医師の友人の中でも多くの患者さんに支持されているところは、それはもうキメ細やかな気配りと、多くのスタッフの質の維持に多大な労力を使っています。
また、院長自身が楽をしているかというと、空いた時間を自己研鑽の時間に当てている人ばかり。

つまり、直接患者さんの目に触れないところでの努力がスゴいんですね。

ただ、内情を知らない人からは、楽をしているように見られたり、歯科医師として腕が悪いから経営者に職種変更(?)したような言われ方をされたりと、ちょっと気の毒な場合もあるようです。

経営者的歯科医師、職人的歯科医師 2

明日へ続くと一昨日書きながら、昨日は投稿出来ませんでした。

これで、ブログを始めて以来、2度目の投稿切れ。

でも、これこそが今回私がこの話題を取り上げている理由のひとつなんです。

ここ最近は、お昼休みもほとんど取れず、診療後は会議や忘年会の連続。
朝は、日の出が遅くなったため、私の起床時間も遅くなり勝ち。

要するに、私一人の時間管理がうまくできていないんですね。

もし、ここで診療を任せられる勤務医がいれば、私の時間にもう少し余裕が生まれるはず?

ある異業種の友人は、多店舗展開しながら、自分はほとんど店頭に立ちません。
そうして、いくつかの店舗を巡回しながら、昼過ぎには自分の時間を余裕で持っています。

そして、同業者でも同じような友人が・・・。

しかし、羨ましいと思いつつも、私には向いていないのかな?とも感じています。

やはり私は患者さんと直接接して、自分の腕前(診断力)で勝負しながら生きていきたい。
それに、どうも私は人を育てるのが下手。

うちの現在の予約状況を聞いたある後輩歯科医師に、勤務医を雇用すべきだと何度も言われていますが、踏み切れないのはそういう理由があるから。

ですから、予約が取りにくく、通院に忍耐が要求されるであろうことを解っていながらも、劇的な改善手段が見当たらないんですね。

でも、なんとかならないか?

模索中です。

経営者的歯科医師、職人的歯科医師

歯科医師同士が集まって話をする時に、勤務医を雇って手広く(?)やるべきか、自分一人でやるべきか?という話題がよくでます。

どちらも、長所短所があり、一概にどちらが良いと言えるものではありませんが、性格的な向き不向きはあると感じています。

私自身、開業してからしばらくし、自分のやり方だけでは治療の質を維持できないかも?と悩み始めた頃、ある先輩に勤務医を雇うよう強く勧められました。

自分の技術さえ完璧とは言い難い(いまでもそうですが)のに、そんなことして良いのかな?と躊躇しましたが、「お前一人で沢山の患者さんの要求に応えられるのか?一人の患者さんの治療をしている時に急患の方が来た時、お前は断るのか?」と言われ、決心した覚えがあります。

その当時、どう勤務医に接すれば良いかも解らず、大学の後輩に来てもらい、試行錯誤の連続でした。

ですから、私自身も成長させてもらった感がいまだに強く残っています。(明日へ続きます)

バランス

昨日、久しぶりに早起きしたので、買ってはいたものの観ていなかったDVDを観ました。

アルマーニ。

ジョルジョ・アルマーニ氏のドキュメンタリーです。

寿命の短いファッション界で、長い間活躍し続け、しかもその規模は大きくなる一方。

そのパワー、その考え方、生き方。


私自身は、アルマーニのファッションは趣味ではないのですが、だからこそ敢えて観てみました。

一言で言うと、仕事の鬼ですね〜。

いつもいつも、考えていることは仕事のこと。

しかし、それについて行かねばならない周囲は大変。

お客の満足、スタッフの満足、自分の満足。

その全てをバランス良く作り上げるその過程では、多くの失敗もあったようですが、それをさらに糧にしての現在。

やはり、一大帝国を築き上げるような人は普通じゃありません。

見習うべきところ?

う〜ん・・・・(^^;

場数を踏む

昨日は、多摩・稲城歯科医会の合同忘年会でした。

毎年、12月に行われるこの忘年会は、市長さんや、行政の方々、都議会議員さんや市議会議員さんなどもご招待するなかなか盛大なイベント。

学術講演会も同時に開催するので、担当者はいつも大変ですが、それなりにちゃんと人が多く集まってくれます。

そこで毎年私がしなければならないのが「挨拶」。

稲城市歯科医会の会長になって、4年目ですから、昨日で4回目の挨拶。


最初のころは、緊張して足が震え、声も上ずっていましたが、4回目ともなると、自分でもびっくりするほど落ち着いて話せます。

昨日は、〆の挨拶担当だったのですが、宴会途中に挨拶に伺った先輩数人から「先生の去年のスピーチ、良かったから、今年も楽しみにしてるよ」と声をかけていただき、ビックリ。

私自身、申し訳ありませんが、あまり他人のスピーチで記憶に残っていることって案外少ないんですね。
ですから、覚えてもらえているなんて思ってもいなかったので、ちょっとプレッシャーに。


でも、臨床もそうですが、場数を踏むことって、結局一番上手になる方法。

苦手なことでもなんとかなってくるものですね。

原点に戻るべきか?

先日、ある友人からブログを始めようと思うんだけれども、何を書けば良いかわからないという相談を受けました。

何を書けば良いのか解らないのに、なぜブログを始めるの?と訊いたところ、周囲がやっているからとのこと。

異業種の友人なのでよく解らない部分もありましたが、目的もなく書いても意味がないんじゃないの?というお話をしたところ、どうも時代に乗り遅れている感からやりたいだけのようなんですね。

しかし、時代はもっと進んでます(笑)
私などは、もはやついて行けてない感じ。

でも、ここで彼と話ながら考えたのが、この私のブログ。

診療時間中に、患者さんに伝えられないことや、自分の考えを表示する場として始めましたが、最近の投稿を読むと、何を言いたい(伝えたい)のか????のものも多く、他人のことをとやかく言える場合ではないなと反省。

あまり教科書のようになってもつまらないとは思いますが、ちょっとここらで原点に戻り、目的をハッキリさせた方が良いかもしれませんね。

計画的な方(かた)

今朝、いつもよりも早めに出勤し、来年のスケジュールを予約ソフトに入力していたところ、もっとも先の予約がいつ入っているのかの表示がでてきて、6月18日とか・・・。

うちの定期健診は、基本的に3ヶ月に一回。
状態が良い人は、半年に一回をオススメしていますが、それにしてもこんな先の予約をきっちり取っていらっしゃるとは・・・。

どなたかな?と思って名前を確認したところ、やはり!と思い当たるとっても真面目で几帳面な方。

それにしても、比較的行き当たりばったりの性格を自認する私から見ると、驚異的な計画性。

見習わなければ・・・(^^;

平尾小学校歯科講話

今日の午前中は、学校歯科医を担当している稲城市立平尾小学校で歯科講話を行って来ました。

毎年3年生を対象に行うのですが、保護者への講話と違い、どうすれば児童の記憶に残るのかがわかりにくく、10年以上もやっているにも関わらず、毎回試行錯誤です。

今回は、話の途中、飽きて来たかな?というところで咬合力診断ガムで中休みを入れてみました。

これが予想以上に好評で、普段はざわつきが消えないと担任の先生がおっしゃっていたクラスの全員が最後まで私語も出ず聴いてくれました。

後日、感想文が送られて来る予定ですが、静かに聴いてくれたこともさることながら、何が記憶として残ったのかが知りたいところです。

ここ数年、こうした講演を引き受けるようになって、時間ピッタリに話を終わらせる技術もだんだんついてきて、やってて楽しいものです。

そして、少しでも他人様のお役に立てれば、こんなに嬉しいことはありません。

やる前は、なんども推敲し、リハをやりと、結構面倒なものですが、終わった時の達成感は格別です。
livedoor プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ