ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

2012年06月

ブログに何を書こうか考えている時に、どんどんアイディアが出てくることがあります。 そうした時に、一気に大量に書くことがあるのですが、あまり長文になると読む方も嫌になると思うので、なるべくパソコン画面でスクロールせずにおさまる長さに小分け(?)にしておきま ...

昨日で、5月から始めた勉強会もひとまず終了しました。 総入れ歯に限定した内容でしたが、それでもそのおかげで普段の詰め物や被せ物のレベルも上がったのは、うれしい誤算。 改めて振り返ると、とにかく基礎を徹底的に突き詰めるというところに行き当たる気がします。 ...

学生時代に経験したことなのですが・・・。 学生時代の病院実習というのは、指導医の先生と医局員の先生の助手をしながら患者さんの診療に関わるというのが、私のころのスタイルでした(今は、ずいぶんと違うようですが)。 ある時、総入れ歯の患者さんで、指導医の先生が ...

どこの歯科医院でも、重点的に注意を払っているところがあると思います。 うちの場合、いろいろあるうちのひとつに「予約時間を守る」ということがあります。 予約制を標榜している以上、できるだけ予約時間通りに治療を開始(終了)したい。 とは言え、急患の方があったり ...

ここ数年、連日のように歯科医師会関係や勉強会関係の会合や委員会で、診療後にゆっくり出来る日が少なく、それが当たり前のような生活が続いていました。 が、今日は診療後にじっくりと模型を観察。 明日いらっしゃる患者さん(2名)の模型と睨めっこしつつ、どういう方 ...

あまり、忙しいという言葉は使いたくないのですが、今年に入ってからの生活は、本当に忙しく、自分自身でこんな日々が来るとは思ってもいなかったほど。 その状態にようやく慣れて来たのですが、その慣れのひとつに「スキマ時間を有効に使う」ということが挙げられるかな? ...

昨日の、東海大学八王子病院の講演会に出席し、思ったこと。 大学病院というところ、それも口腔外科というところは、我々開業医には手に負えないと判断された患者さんが多く受診なさるわけで、その症例の紹介や治療方法の紹介は普段馴染みのないものばかり。 もちろん、基 ...

患者さんのお口の型を採り、模型を起こし、その模型から様々な情報をいかに読み取るか? いわゆる「診査」という行為には、通り一遍(というと語弊があるかもしれませんが)のものと、推理や想像を駆使して読み取るということも求められます。 以前、ある歯科医院の見学に ...

今日の休診日も、勉強会。 相変わらず5時前には目が覚めてしまい、先週欠席した分を補おうと、友人に送ってもらったDVDを見てから出発。 ただ今回は、教わるだけでなく、実際の自分の出来具合も診てもらおうと、うちの患者さんの模型を持参。 これがまた、本当に勉強にな ...

学生時代の部活。 体育会系だったせいもあり、大学生にもなって、何で部活でこんなキツい思いをしなきゃいけないの?と、思うことがしばしばありました。 でも、そういう思いをしていると、試合などでの気合いの入り方が違うんですね。 同列に考えるのはこじつけかもしれ ...

↑このページのトップヘ