ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

2012年12月

一年間、ありがとうございました

大晦日の今日も、朝から診療室にて残務整理です。

特に、今回は年始の休みが長いので、その分あらかじめやっておかなくてはならないこともあり、意外にやることが多いのですが、さきほどようやく一段落。

後は、チューリッヒでの実習に持って行かなくてはならないものの制作と点検。
そして、懸案の院長室の整理です。

それにしても、事務仕事をしていると、本年も本当に多くの患者さんに来院していただいたことを、改めて感じます。

歯科医院が増え、相対的に患者さんの減少が言われている昨今、これだけ多くの方々に支持いただいていることは、とても幸運です。

そして、集計をしていると、沢山の患者さんの顔が思い浮かび、いろんな反省も。

ただ、それ以上に今年は義歯に関して大きなターニングポイントがあり、それが起爆剤となって多くの診療内容がレベルアップしたことが記憶に残ります。

もちろん、課題もまだまだ沢山ありますが、自分のレベルが上がったということは、そのまま患者さんの幸せに繋がることですし、それが学びの大きなモチベーションになります。

来年は、年始に念願の海外研修もあり、さらなるレベルアップを目指します。


本年一年、多くの方々のお世話になりました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末行事

昨日は、帰宅後に毎年恒例のパトロールへ(笑)

まずは、赤坂のバーを2軒。
そして、新宿のバー2軒にお邪魔した後、ひとり焼き肉で〆、帰宅。

電車はもの凄い混み方で、あ〜年末なんだな〜と、ようやく年末モードになってきました。

診療で感じる年末感とはまた違うんですよね。

そして今日は、診療室で事務仕事をした後に、これまた毎年恒例の忘年会。

これがなければ、年始は迎えられません(笑)


それにしても、昨日は帰宅後にこのブログを書いている途中でそのまま寝てしまいました。

呑み過ぎ注意ですね。

あっさり、が持ち味

今日で、年内の診療は終了です。

最後の患者さんまで、無事トラブルも無く終え、ホッとしました。

恒例の寿司の出前を皆で食べてから大掃除。

今年は、一番古株のスタッフが体調不良で欠勤するという初めての最終日でしたが、皆、テキパキと片付けてくれ、私が一番足を引っ張っていたような大掃除でした。

それにしても、FBなどを見ていると、どこの歯科医院も皆で忘年会などの写真を撮っていますが、うちは皆無。

先週の忘年会や、今日の仕事納めランチも誰ひとりとして写真を撮ろうとしません(^^;

そのアッサリ感が(私を含めて)うちの持ち味なんだろうな〜と、(他所と比べて)改めて感じます。

今日もまた・・・

今年も残すところ、明日の半日診療のみとなりました。

今日、今年最後の一日診療では、一日の来院者数の記録を更新。
診療終了後に集計を見てビックリ。

それほど多かったにも関わらず、診療はスムーズだったからです。

実は、10月下旬より、初診の患者さんを(原則)お断りしていました。
とにかく、通院中の方や、過去に通院履歴のある方の診療を優先しなければ、物理的にどうにもならなくなったからです。

今までも、出来うる限りの工夫をこらしてきましたが、やはり歯科医師一人の診療室ではおのずと限界があります。

我々の診療は、「診れば良い」わけではなく、何か「処置」をしなければならず、その時間を確保するために診療の質を落とすということをしたくなかったからです。

医療機関としてあるまじきことではないかと、ずいぶんと悩みました。

しかし、今日のように多くの方が来院なさっていても、通院歴があれば、どんな状態か比較的すぐに判断できますし、何より患者さんとの信頼関係が出来ていますから話も早く、だからこそスムーズだったと言える訳です。

すべての人に良い顔はできません。

うちの診療方針が合わない方も当然いらっしゃるでしょうし、こうしたやり方に憤慨する方もいらっしゃることでしょう。

でも、どこかで何かを犠牲にしなければ、どこまでも妥協の産物しか生まれないと思っています。

そうして、そういうことをご理解いただいている方々にうちは支えられています。

あと、半日。
気合いを入れて、診療に臨みます。

ラストスパート

今日は、朝から早起きし、ちょっと事務整理。
それから、久しぶりに自分の体のお手入れに。

最悪の時ほどではありませんが、かなり負担が来ていたのが、スッキリ。

その後、両替など。

考えてみれば、旅行と名のつくことは、まる2年振り?
しかも、海外なんて、10年振り。

旅行用品売り場って、商品を見ているだけでもウキウキしてきますね。


これで、明日・明後日の診療を乗り切り、気持ち良く年末を迎えたいところです。



準備と言っても・・・

年始のチューリッヒ行きを知った患者さんから、準備は大丈夫ですか?と訊かれ始め・・・。

え?
準備?

いや〜、白衣と、器材と着替えさえあれば、と思っていたら、両替は?緊急連絡の方法は?などと言われたのですが、実はサッパリわかりません。

なにしろ、今回のためにあわててパスポートを作ったくらい。


どうも、歯医者というと、海外にバカンスに行くのも珍しくないと思っている人が多いようですが、そんなの一部の裕福な歯医者さんだけですよ。

貧乏とは言いませんが、おしっこと煙になるものにばかり散財している私には、そんな余裕はありません(^^;

何を準備すれば良いのか、だんだん不安になってきています。

これがあると良いよ!という情報がありましたら、よろしくお願いします。

休みのしわよせ

年末なのに、連休。

が原因なのかどうかは解りませんが、今日の午前中の来院者数は、過去の記録を更新。
ずいぶんお待たせしてしまった患者さんもいらっしゃいましたが、年末モードで快くお待ちいただけました(^^;

祝日があると、その分平日の定休日にも診療する歯科医院がありますが、うちは断固として休診日は休診日。

患者さんには迷惑な話でしょうが、でも休診日にも仕事関係でやらなければならないことが一杯あるので、休診しないと事務が滞ったりするんです。



まったり連休

年末年始の休みも目の前なのに、休んでいていいの?と、毎年思う天皇誕生日。

今年は例年になくアポイントが混み合っているので、一層感じますが、でもしっかり休みます(^^;

週休2日とは言え、普段、連休に縁がないので、妙にウキウキしちゃいます。
昨日は、普段なかなか会えない友人達と、ゆったりお酒を楽しむことができました(お酒はいつも楽しんでますが)。

そして、今日は年末年始のお休みに備えた準備。

毎年ですが、本を買い込みます。
今年は、チューリッヒに行くこともあり、休みは長いのですが、自由時間は少ないので、ちょっと少なめ。

文庫本を8冊。

う〜ん、この安心感。

とにかく、手元にいつも「読みかけ」の本がないと落ち着かないんですね。

世間はクリスマスですが、私は一人でお留守番。

早くも、一冊目を読み終わりそう・・・.。

ゆる〜く、楽し〜く

昨日は、診療室の忘年会。

うちのスタッフは、家族持ちがほとんどなので、呑み会にはご家族の協力が必須。

と、言う訳であまり頻繁にはやりませんが、忘年会だけは欠かせません。


開業初年は、まだ2ヶ月しか経っておらず、スタッフ同士もよく解り合っていないということで、暗〜い忘年会だったことを、いまだに覚えていますが、今は本当に和気あいあい。

小難しい話も一切せず、楽しい話題だけで盛り上がります。
そう言えば、仕事の話もほとんどしなかったな〜。

堅苦しい挨拶なども一切なし、の只の呑み会ですが、スタッフが仲良く談笑しているのを見ると、幸せ感一杯です。


今期の忘年会は、これで7つ終了(^^

実は、まだまだ続きます(今日もひとつ)。

いつの間にか・・・(でも、ないんですが)

自分で言うのもなんですが、私の説明は解りやすいと患者さんによく言われます。

また、歯科医師同士で話をしていても、「自分は患者さんにこういう言い方で説明している」という話をすると、それは解りやすいね、と言われる事も。

自分の長所を謙虚に把握し、それを伸ばすことはとても大切と思っているので、うちの「うり」は、わかりやすい説明にしようと、他人の話でこれは上手な言い方だな、とか上手い例えだな、と思った事は、頭の引き出しにストックするようこころ掛けています。

で、そういう話をまとめて若手の歯科医師に話をしたりすると、「どこでそういう勉強をしたんですか?」と訊かれることが時々。

どこで、って訊かれても・・・・。

いつのまにか、としか言いようが無いのですが、でもボォ〜っとしたいつの間にかではなく、意識したいつの間にか。


でも、周囲をみていると、本(それも、マニュアル本やビジネス書ではなく、小説やエッセイなど)を良く読んでいる人は、話をしていて楽しいですし、そういう人の言葉が私の頭の中の引き出しにストックされる機会が多いと感じています。
livedoor プロフィール

fdo964

Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ