ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

2016年08月

掘り下げると

07fbacdc-sここのところ、毎週末はなぜか研修会づくめ。
先週は、横浜で義歯の研修会に出席(というか、お手伝い)し、久しぶりに自分の臨床のルーツを検証でき、現在の自分の手法に誤りがないことが改めて確認できました。

そして、昨日は浜松にあるとある歯科医院にお邪魔し、私が講師となっての研修会(&実習)。

実は、もの凄くハイレベルな歯科医院ということを伺っていたので、内心「自分なんかが話すことあるのかな?」という気持もあったのですが、さすがそういう医院は院長を始め勤務医の皆さんも謙虚で熱心です。

終了してから「また聴きたい」と言ってもらえ、ホッとしました。

ここのところ、人前で話をするだけでなく、デモもやってみせるという機会が増えて来ているのですが、改めて感じるのは「付け焼き刃は通じない」ということ。

やはり普段からキチンとやっていないと、絶対ボロが出ます。

さて、来週末は、大阪に研修(今度は受講)です。

今年は、自分の中でちょっとした転換期のように感じています。
なので、今までになくいろんなことを掘り下げて考えたいんですね〜。


ここで波に乗って、診療のレベルをもっともっと上げて行きたいところです。

先入観には、勝てません

iStock_000001701818XLarge
開業して最初の数年は、スタッフのこともありお盆休みをとっていましたが、その後一昨年までお盆に休むということはありませんでした。
おそらく、20年近くお盆に休むということをしなかったにも関わらず、多くの患者さんが「お盆は休み」と思い込んでいらっしゃっており、いつもお盆開けには急患ラッシュという状態に・・・。

昨年、とある友人に誘われ16日、17日と連休しましたが、ほとんど初めて休んだ感覚のあった私のドキドキ感などどこ吹く風状態で、それについても何も反応もなく・・・。

と、いうわけで昨年と同じイベントに参加すべく、今年も16日、17日と休診します。
18日は木曜日なので、いつもの定休日です。



できる事から

ダニエル・フィル-ブリオニア先日見学させてもらった後輩の歯科医院ですが、工夫のヒントが山盛り。

早速教わった器材を購入し先週の水曜日から使い始めましたが、予想以上に具合が良く、早く他のところもパクろうと、いろいろ模索しています。

こういうことを考える時間は、とても充実していますし、なにより楽しいですね〜。

直接患者さんやスタッフにその違いが解らないことも多々ありますが、いいんです、ひとまず自分が満足できれば・・・・。




解りやすく➕楽しく

印象2お口の型を採ると一言で言っても、実はいろんな方法があります。
そして、その中でも基本中の基本である「概形印象」と呼ばれる手法が、実はあまりにも一般的であるがゆえに意外に雑に行われる傾向があります。

でもこれがキッチリできなければ、その後にどんなに細かい気遣いをしても余計な仕事が増える要因になります。

この「概形印象」をいかに正確に無駄なく採れるようにするかという実習研修を、五月に行いました(写真はその時の受講生が採った印象)

これが思いの外好評で、その話を聞いた別の方面からも講師依頼をいただきました。

やることが単純なだけに、キチンと伝えることが意外に難しく、研修会用のパワーポイント作りに四苦八苦していたところ、面白い作り方と、美しい作り方を教わりました。

で、やってみるとこれが実に楽しいんですね〜。

今までは「どう作れば受講者にとって理解しやすいか?」という視点だけで作っていたのですが、「どう作ればびっくりされるか?」という視点も加わったことで、制作作業の幅が広がりました。

それにしても、おそらく全ての職種がそうなんでしょうけれど、今やパソコンスキルがなければ本来の仕事のレベルが左右される世の中になってしまいましたね。

サボるために動く

DSC02408先週末の高知講演の際、折角の機会だからと、とある後輩の医院見学にお邪魔してきました。

私が開業する直前のほんの数ヶ月ですが、お世話になった先輩の医院を手伝った時に知り合った「コダワリの男」です。
いろいろと噂は聞いていたので、ぜひ一度どんな医院か見てみたかったので、とっても楽しみにしていました。

そういえば会うのも23年ぶり。

噂には聞いていたものの、まずは外観からそのセンスの良さに半分ノックアウト。

さらには独自の診療スタイルを普遍的に継続できるようにと、ありとあらゆる工夫がなされているのには驚きを通り越え呆れるほど。

凄い医院はどこもそうですが、見学して院長にその凄さを褒めると「面倒だからいろいろやりたくないんですよね〜」という答えが返ってくることが多いのですが、ここもそう。

そう、実は面倒なことをいかにしないで済むようにするか、凄いところは皆頭を使っているんですね。

面倒なことって、結局突き詰めるとミスに繋がることが多いですから「サボる」=「ミスがない」というのが私の持論。

もちろん、やるべきことをやらずにサボるのであれば、これは論外ですけどね。


無事、終了

DSC02433昨日の高知講演を無事に終えて、ホッと一息です。

毎回そうですが、どんな先生方が出席なさっているのか解りませんから、どんな質問が飛んでくるかわかりませんし、そもそもこの講演はあくまで私の考えややり方の紹介のような内容なので、批判しようと思えばいくらでも出てきそうな気もして、かなり緊張するんですね。

ただ、今回も受講者の皆さんは、とても熱心に聞いてくださり、質問も多く、そういう意味ではまあ上手く終えることができたかな?という感じです。

縁の下の力持とも言える和田精密歯研の営業の方々も細かいところまで気遣ってくださり、とても気持ち良く臨めました。

さあ、今日はまた気持ちを切り替えて、診療に取り組みます。

高知講演会

fcff3729昨日から、高知県高知市に来ています。
研修会講師を務めるためです。

今年の2月から始まった和田精密歯研さんとの企画も今季は、今日で最後。
来年は、2月の予定が決まっていますが、気持ち良く一区切りつけたいので、気合いを入れて臨みます。

毎回、受講者からの質問を参考に内容を変えているのですが、今回は5月におこなった実習研修のムービーも新たに入れましたから、時間がギリギリです。
朝に予行練習しましたが、なんとか時間通りに行きそう。
あとは、余計な余談を入れないように気をつけるだけでしょうか?

それにして、街はよさこい祭りの前夜祭のような雰囲気。
さらにお天気の良い休日にわざわざ出席してくださる方々に少しでもお役に立てれば嬉しいのですが・・・。

livedoor プロフィール

fdo964

Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ