ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

2019年06月

images333昨日は、午後の診療をお休みにして、研修会に出席してきました。

実は、何年も前から出席したかったのですが、土日の2日間を2回の都合4回コースなので、なかなか日程が合わずようやく受講。

午後1時から8時半までの研修会でしたが、文字通り「あっという間」。

今までも研修を受けていた科目ですが、今回のように系統立って教わると、まったく違います。

まさに「目から鱗」の連続。

月曜日に業者さんに発注しなければならない材料が次々と・・・。
そして、変えなければいけないシステムも次々と・・・・。
さらに、うちの診療ポリシーを根本から変えていかなければという想いが・・・。


さぁ、今日はつづいて丸一日の研修会。

そして、8月3日4日も続きます。

65e93a85.jpg本日は、研修会出席のため、午後休診いたします。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

Ff753r昨日の休診日は、福島で開業している後輩の診療手伝いに行ってきました。

難しい入れ歯の患者さんの対応に困っているという事だったので、その応援です。
私自身もまだまだ学ばねばならないことも多いのですが、こうして相談されることは、とてもうれしいことですし、その期待に応えなければならないプレッシャーは自身も成長させてくれるので、極力断らないことにしています。

実際に診療してみると、たしかに難しい症例ばかり。
ただ、彼の人柄のお蔭か患者さんとの人間関係は極めて良好なので、私も非常にやり易く、楽しい一日でした。

ただ、こうした応援で私が心がけているのは、依頼してくれた先生の立場を立てることと、いわゆる
「魚を釣ってあげるのではなく、釣り方を教える」
ということ。

私の担当患者さんではないわけですし、私が今後も診る事ができるわけではありません。

ある程度経験が必要な分野ですが、いかに回り道をしないで済むように導いてあげられればな〜と考えています。

T20551iうちに通院してくださっている方はお気づきと思いますが、ここのところ、かつてないほどに予約が混み合っています。


こういう状態では、私は淡々と目の前の仕事をするだけですが、経営者としてはスタッフの疲弊が心配。

でも、毎日お昼休みは笑い声が聞こえますし(話の内容は聞こえませんが)、帰宅時も笑顔で挨拶して帰ってくれます。

ホント、スタッフには恵まれています。

改めて感謝ですね。

605200良く言われるのですが、私はパソコンを得意にしているように見えるそうです。
ブログなんかを書いているせいもあるでしょうが、実は本当に苦手。
このブログも設定だけで2日間かかりましたし、それにブログなんて文章を書くだけですから、パソコンスキルは必要ありません。

昨日、新しい i-Pad が到着し、早速設定を始めたのですが、案の定、上手くいきません。
スタッフにサポートセンターに連絡してもらい、ようやく8割方設定完了。

さて、残りの2割は、これから設定に詳しい友人に訊いてやるしかないかな?

パソコン関係は、毎回新しい器材を入れると、設定に手こずります。

image11今でこそ当たり前になりましたが、患者さんの治療のためにお口の中の写真を撮るのは、以前ではかなり珍しいことでした。

私の場合、たまたま入った勉強会で写真の有用性を教えられ、勤務医だったので自腹でカメラを購入。
さらに自腹で撮影もしていました。

30年も前ですから、アナログでいちいち現像に出し、上がってこなければ出来不出来が解らないので用心のためワンカットを数枚撮るということをしていたので、結構な費用がかかっていました。

今ではデジタルで簡単。その場ですぐに出来不出来もわかりますし、コストもかかりません。

デジタルに移行していったい何枚の写真を撮ってきたのかわかりませんが、その整理をするソフトも随分いろいろ試しました。

結局、今のソフトに落ち着いて17年ほどでしょうか?

そして先日、そのソフトをさらに使い易くしてもらったので、さらにこれからも患者さんがお出でになる限り増え続けるわけです。

その整理方法もそのうち変えなければいけないようですが、整理整頓はスムーズな診療のために絶対必要。

しまっちゃうだけでなく、必要な時にすぐに出せる体制作りの大切さを強く感じています。

10027944a_b~-Posters写真を掲載すると、ちょっとグロテスクなので、敢えて載せませんが、ブラッシングが良いのに歯ぐきが腫れているという患者さんは、意外に多く見受けられます。

先天的な要素もありますが、ほとんどは口呼吸の影響が疑われます。

もともと鼻疾患があったり。
スポーツや、吹奏楽器などの影響もあります。

対応策は、歯並びなども勘案しなければならないので一概にこれ、という感じではいきません。

ブラッシング時に必ず出血するというわけでもないので、自覚が無い方が多いのも特徴かも。

定期健診で、結構見つかりますよ。


DSC_1060昨日から、機能矯正の勉強会に参加しています。

子供の成長は、本当に人それぞれ。

同じようにやっても効果があったりなかったりなので、勉強は継続しなければなりません。

参加者も熱心な方ばかりなので、楽しく学べています。

4e757a14.jpg6月も終盤に入って、先日スタッフから「冬休みの日程はどうしますか?」と訊かれました。

そう、熱心な患者さんは半年先の健診の予約を決めるので、すでに12月の予約が入っているんです。
年末は、どうしても治療を年内に終わらせたいという方が増えるので、12月の健診はなるべく上旬に集中させるのですが、それでも年末でないと来院できないという患者さんがいらっしゃるんですね。

たった今確認したところ、12月はすでに33人の患者さんの予約が入っています。

なお、今年の年末年始の休診は、

12月28日(土)の午前中で診療を終わり。
新年は、1月6日(月)から診療開始です。

19129_b~The-Marina-at-Argenteuil-1872-Posters昨日の休診日は、午前中に小学校の健診。

午後は、コンピューターの入れ替えと水道工事と、なかなか充実した一日でした。

患者さんの写真や検査データを管理しているパソコンを、不具合ではなく古くなって入れ替えを勧められたのですが、私の感覚では「ちょっと古い?」くらいなので、少々複雑な気分。

それでも担当の方には「長く使いましたね〜」と言われ、そういう世界なんだな〜と実感しました。

私は良いモノを大切に手入れして長く使うというスタイルが好きです。
靴などは、30年以上履いているいるものもありますし、歯科器材でも20年以上のものは結構あります。

しかし、コンピュータの世界ではそういうスタイルでは無いんでしょうね。

今朝もちょっと動作確認しましたが、サクサク動きますし、画面は綺麗。

機能が変わるものは、短期でも交換が必要なんですね。

その上、昨日は担当の方からいろんなヒントをもらい、今後の展開が楽しみになってきています。


あ、そうそう、この担当者のかたとの付き合いももう20年近いかな?
こちらは、長いお付き合いのおかげで、安心です。

↑このページのトップヘ