ふじもと歯科診療室BLOG

東京都稲城市の歯科医師の日記 

2019年11月

充実の連休

DSC_128522日(金)診療後、23日(土)、24日(日)と、週末はず〜っと勉強会。

まったく分野が異なる内容だったのですが、久しぶりに頭がパンパン。
さらに、今週、来週とさらに来年の予定も次々と連絡があり、なかなか慌ただしい状態でしたが、実はそんな慌ただしさが結構好き。

ところで昨日は、写真にもあるように稲城市立病院でおこなわれた医療連携の勉強会だったのですが、歯科だけでなく他科もいろいろと転換期にきているんだな〜と、実感しました。
朝、10時から始まりグループワークも含めた多職種連携のそれぞれの現在の課題を聞く内容だったのですが、本当に課題が山積。

3日間の研修で共通していたのは「今まで上手くいっていたから」という過去の経験に頼れる時代ではないということ。

研鑽に終わりはありませんね。

間に合いました

DSC_1282




















現在の建物に移転して、まる12年がすぎました。

いろいろと、機械類の故障が怖い時期です。
特にエアコンは、友人の店舗(飲食店ですが)の故障っぷりから10年を過ぎたあたりから危ないと聞いていたので、エアコン関係の話しがあるたびに見積もりを出してもらったり相談したりとしていました。

あまりにも選択肢が多いので決めあぐねていたところ、なんと先月、ついに故障。
しかも、部品取り寄せに1ヶ月かかるということで、実はここのところエアコン無しでの診療でした。

幸い、暑くもなく寒くも無い時期でしたが、それでも温度管理ができないというのは不安なもの。

それがようやく昨日、修理が完了しました。
ちょうど今日あたりから寒くなるということで、ギリギリ間に合ったようで、一安心。

それにしても、費用はかかるのに、それは現状維持のためって、ちょっとツライものがありますね・・・・。

大切なプランニング

85485312-男性看護師の白いスーツを着ている虫眼鏡の図
年末が近づくと、治療の続きは年明けに、という方が増えてきます。
中途半端な状態で年末年始のお休みに入るよりも、切りの良いところで中断しておいた方が安全だからです。

とは言っても、噛み合わせまで変更するような大がかりな治療途中の方の場合はとても迷います。

年々そういう患者さんは減っているのですが、それでも数人いらっしゃるので今朝もレントゲンやカルテを見ながらプランニング。

患者さんも中途では不自由ですし、私も心配で落ちつきませんので、お互いの平穏な日のためにも必須うの作業です。

同窓会シンポジウム

DSC_1266

















































昨日は、診療後に大学同窓会主催のシンポジウムに参加してきました。

高齢者の歯科治療に対する問題提議と、今後どう取り組むべきか?という演題。

これって、相当切実な問題で、私も日々悩むところなんですね。

一例を挙げると、今までは「自分の歯を大切にしましょう」「できるだけ歯は抜かずに残しましょう」と言っていたところが、いわゆる「不健康期」(介助や支援が必要な時期)に、その残した歯が原因で様々な問題が出てくるわけです。

先を見据えて早めの抜歯に踏み切るべきか、迷わない日は無いと言っても過言ではありません。

もちろん、それだけでなく将来の健康状態を想像して対応すべきことはいろいろあります。

また、そういう現場の問題だけでなく、増え続ける医療費の問題もかんがえなければなりません。

簡単に解決策が見つかるものではありませんが、一つの方向性だけは見えた気がしています。

東京デンタルショー

DSC_1262日曜日の昨日は、お台場の国際展示場で開催された東京デンタルショーに行ってきました。

大学卒業以来、東京や横浜で行われるデンタルショーには、ほぼ皆勤で行っています。
毎回新しい発見があるのと、世間のトレンドが感じられること。
それに多くの業者さんが多額の費用をかけて出展してくださっているわけですから、知らんふりはできません。

今回もちょっとした収穫がありましたが、なぜか知り合いにほとんど会わないという状態。

う〜ん、私が気づかなかったのかな?

誰に向けて?

14F5B157-8CC8-4399-8071-EC5A917ED59E先日、保健所から送られて来たポスター。

う〜ん、今どき診療所や歯科医院などで煙草を吸うなんて人はいるのかしら?
そんなご時世にこんなポスターをわざわざ作成し、送る費用が勿体ないと思ったのですが、ふと思いついたのが、ひょっとしてこれは医療従事者向けかも?ということ。

ちなみに私は、煙草の害は認めますが、禁煙指導なんてする気もありませんし、吸いたい人はご自由に。でもマナーは守ってね。というスタンスです。

それよりも、毎朝うちの前の道のポイ捨て吸殻をなんとかして欲しい…。

理論で説明できないと・・・

ロンドン先週末に受講した、ある研修会。

内容は、歯周病に関連することだったのですが、ちょっと初めて聞くような理論で、驚きました。
う〜ん、経験的には理解できるけど、誰も証明していないし・・・。

なので現状の説明には使えても、その根拠が脆弱。

医療の世界は様々な珍説が蔓延しているのですが、それでも「もしこれが本当だったら・・・」と思うと、簡単に笑い飛ばすことはできません。

とはいえ、自分の臨床に取り入れるわけにもいかず、当面は経緯を見守るしかありません。

livedoor プロフィール

fdo964

Profile
藤本 卓
東京都稲城市の歯医者、藤本 卓(たく)です。
出身地を訊かれると、とっても困る小学校5つ、中学校4つを渡り歩いた自称「転校王」。
「ここにきて良かった」と患者さんに言っていただけることを目標に、日々診療に取り組んでおります。
趣味は、仕事と読書と酒&パイプ。

好きな言葉が「真理は常に少数派とともにあり」の天邪鬼。

昭和38年1月 生まれ
昭和62年3月 東京歯科大学卒業
平成5年10月 稲城市にて開業
平成17年9月 現在地へ移転

日本歯周病学会会員
日本ヘルスケア歯科研究会会員
日本障害者歯科学会会員
日本臨床歯周療法集談会会員
総武臨床研究会会員
口腔感染症懇話会会員
南多摩予防歯科研究会会長
八南歯科医師会稲城支部支部長
稲城歯科医会会長

ふじもと歯科診療室
東京都稲城市東長沼3103-12
(京王稲城駅徒歩1分)

電話 042−378−7105
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ