皆さん、ご自分の歯が何本あるか、ご存知でしょうか?

通常、乳歯は20本、永久歯は28本(親知らずがはいると32本)あります。
左右対称の歯はほぼ同じ形をしていますが、そのほかは全て形がことなります。

つまり、一本でも歯を失うと、その歯と同じ形の歯は、もうありません。
そして、その歯が担っていた役割は、他の歯で代用されます。比較的代用が容易な歯とそうでない歯がありますが、どんなに修復しても元通りというわけにはいきません。
さらに、その歯を失った原因がそのままであれば、やがて代用している歯も失われる傾向にあります。

8020運動(80歳になったときに20本歯がある状態)が始まって随分とたちます。
若い方には、80歳になったときのことは想像しにくいでしょうから、ご自分の5年後、10年後にどれくらい歯をしっかりした状態にしたいか、目標を持っていただけると、お手入れにも熱が入るのではないでしょうか?

そして、その目標設定のお手伝いを、私たちはしたいと考えております。