ホワイトニング術前ホワイトニング術後

ここ最近、うちで患者さんに喜ばれている処置があります。
それは、『ホワイトニング+CR』です。

CRとは、むし歯を除去したところを、コンポジットレジンという樹脂で修復する方法です。
CRの長所は、「歯質を削る量が少なくて済む」、「一回の処置で終われる」といったところが挙げられますが、反面、変色が起きてしまうという欠点があります。
この変色部分を気になさって受診される方が、意外に多いのです。

そういった変色部分を修復する際に、ただ詰め直すのではなく、ホワイトニングをしてから詰め直すと、とても綺麗に仕上がります。
特に、うちでは、ホワイトニングをした方には、ちょっと通常のコンポジットレジンではない素材を使用しています(つまり、サービスしているんですが)。

患者さん自身が評価しにくい他の処置と違って、誰にでも解りやすく、だからこそ見た瞬間にその効果が評価されるこの処置は、最近のうちの流行です。
そして、処置が終わって、鏡で確認してもらった時の患者さんの笑顔!
私の「魂のご馳走」です。