私のキライな言葉の一つに、「少々、お待ちください」があります。

「少々」ってどれくらい?と思うのと、どこへ行って間髪を入れず、オウム返しのように使われることが多いからです。

と、言うわけで、自分自身ではできるだけ使わないようにはしています(そうは言っても時々、使ってしまうこともありますが)。

そのかわり、「○分待ってくださいね」と、いう言い方をするよう心がけています。

例えば、詰め物などを噛んでいてもらいたいとき。
セメントの硬化待ちのとき。
レントゲン写真の現像待ちのとき。
などなど。

だいたい、操作に要する時間というのは決まっているわけですし、「あと○分頑張れば(待てば)良いんだ」と、思ってもらえれば、多少なりとも気が楽になるかな?と、勝手に思っています。

ちょっとした身近な目標とでも言いましょうか・・・。