05cecc09.jpg数えてみると、現在うちの診療室には15台ものパソコンが稼働しています。

開業した15年前には、一台もなかったことを考えると、いったい歯科治療の進歩とは何か?ということすら考えさせられますが、患者さんのデータの保管管理・カルテ管理・予約管理など、今やパソコンなしでは、どうにもなりません。

そんなパソコンが、ダウンしたら?と考えるとゾッとしますが、昨日、起きてしまいました。

何の前触れもなく、朝からインターネットは繋がらない(予約システムは、ネットを利用しています)、LAN も正常に繋がらない、といった状態。
朝礼もそこそこに、原因を探し、復旧を試みても、なかなかわかりません。

以前、ハブが原因でダウンしたことがあったので、予備のハブに接続してみましたが、まったくダメ。

仕方がないので、片っ端から再起動。
幸いなことに、診療開始直前に直りましたが、もし間に合わなかったら、予約も確認できない、口腔内写真も見られない、といったことになり、(私にとって)ちょっと前の信金組合のオンライントラブル並みの状態になるところでした。

昨日は、わざわざうちの診療を見学に、岡山の友人が来てくれたのですが、よりによってそんな日にこんなトラブルが起きるなんて・・・。

おかげで、パソコン音痴の私でも、原因追及のノウハウが身に付きつつありますが、便利な分、ダウンしたときのお返しには、キツいものがありますね。