3c72d928.jpg昨日、同じ勉強会に所属していた仲間から、今年はその勉強会が中止になったという話を聴きました。

私は、過去4年ほど参加していたのですが、今年は申し込みませんでした。


内容が、自分の求めているものと路線が違ってきたというのが大きな理由です。
もともと友人の誘いで参加し、違和感を感じながらも続けてきました。

違和感を感じるからこそ、自分にないものを得られるだろうと考えたからです。
実際、このブログもその勉強会の宿題でした。
おそらく、宿題で出なければ、いまだにブログなどやっていなかったでしょう。

また、その会のお陰で初めてとも言えるほど、多くの歯科医師の友人ができました(学生時代から友人が少ないので)。



今までにも、いくつかのスタディーグループや勉強会に参加してきましたが、勢いがある時、落ちて行く時、様々です。

特に、トップのカリスマ性が失われる、もしくはカリスマ的なトップが抜けるとガタガタになります。

ずーっと続いているのは、総武臨床研究会だけかしら?
ま、ちょっと特殊な勉強会なのですが、あまり肩肘張っていない、ユル〜イ会だから良いのかもしれません。

しかし、今までもお客さん(カッコ良くいえばオブザーバー)として参加した勉強会もありますが、歴史があるところはやはり何かがあります。

「継続は力なり」とは良く言ったものです。

何事も流行り廃りでなく、継続できるようにしなければ・・・・・。