Ts1377

同じ疾患でも、歯科の領域と医科の領域が重なるものがあります。

例えば、耳鼻咽喉科、形成外科などは、歯科と重なるところが多い科です。

中でも、上顎洞を始めとする副鼻腔の問題は、症状が歯に出ることが多いので、歯科を受診なさる方が多い病気。

ここ2週間で、いったい何人の方がいらっしゃったか?というくらい、ここのところ集中していらっしゃってます。


耳鼻咽喉科の受診を勧めることもありますが、ほとんどはお薬の服用で治ります。


それにしても、ここ最近の副鼻腔炎の患者さんの多さは、ちょっと今までに無いほど。
いつまでも暖かくならず、雨が続き、朝晩の冷え込みが厳しいここのところのお天気が影響しているのでしょうか?

ちなみに症状としては、

1、体を動かすと、目の下あたりが、なんとなく響く。
2、頬のあたりに痛み/違和感を感じる。
3、硬いものを噛んだ時だけ、痛み/違和感を感じる(通常の食事ではそれほど支障なし)。
4、鼻がつまる(かならずしも出ませんが)。
5、中等度以上になると、熱が出る。
5、重症になると、かなり痛みをともなう。

といった感じでしょうか?

早めに抗生剤を服用すれば簡単に治りますが、慢性化してしまうとややこしくなることがあるので、早めの受診をおススメします。

食事に大きな支障がなければ、まずは耳鼻咽喉科の受診がよろしいかと思います。