入れ歯を作る目的はいろいろありますが、歯並びを維持安定させるためというのもそのひとつ。

特に、対合歯と呼ばれる噛み合う相手の歯が伸びてこないようにすることは、とても大切です。

入れ歯を作ってはみたものの、具合が悪くて食事ができずイヤになって外しっぱなしになるのが実はもっとも避けたいパターン。

それよりは、食事の時は外し、それ以外の時間に入れてもらっては並びを安定させる方が重要と考えてます。

もちろん、入れ歯で美味しく食事ができればベストですが、初めての場合はなかなかそうもいきません。

それと、なぜか不思議なことに(って、理由はあるんですが)ひとつ目の入れ歯が具合悪くても、二つ目ではピッタリという場合が意外に多いんですね。

その時に、噛み合わせが変わっていると、それもうまくいかなくなってしまうので、とにかく入れておくという習慣をつけてもらうことがとても大切です。