開業して18年も経つと、お付き合いの長い患者さんもそれなりに多くなってきます。

マメにずっと定期健診に通っていただいている方もいらっしゃる一方、困った時だけ来院という方も(むしろ、その方が多いですが)。


そういう方のなかで、最初の頃に、歯周病が進んでいることを警告しておいたにも関わらず、自覚症状がないということで全然来院なさらなかった方が、いよいよ自覚症状を訴えて来院なさった時、私の方は「ついに来たか」という感じを持ちます。

来たか、は来院なさったことを指すのではなく、歯周病がそこまで進行したかという意味。

実は、こうなってからの来院は、かなり治療が大変なんですね。
ところが患者さんは、それほどたいしたことはあるまいという感じでいらっしゃる方がほとんど。

そもそも、その自覚症状さえうまく取れるかどうかわからないほどまで進行している方もいらっしゃることを考えると、最初の時にもっと強く言っておけば良かったと悔やむことも。

出来れば皆さん、私の最初の警告時に理解して通院していただければ一番良いのですが・・・。