学生時代に経験したことなのですが・・・。

学生時代の病院実習というのは、指導医の先生と医局員の先生の助手をしながら患者さんの診療に関わるというのが、私のころのスタイルでした(今は、ずいぶんと違うようですが)。

ある時、総入れ歯の患者さんで、指導医の先生がずっと診ていた方を(指導医が急用のため)医局員の先生が診ることになりました。


こう言ってはなんですが、腕前は指導医の先生の方がはるかに上手。
普段、横で見ている私ですら、医局員の先生の手つきは心配になるほど。
当然、患者さんも不安になると思いきや・・・・。


その次の来院時に、患者さんから「いつも診てもらっている先生でなく、前回診てくれた先生に診てもらいたい」との要望が。

要するに、指導医の先生は手際が良いので、さっさと終わってしまうんですね。
ところが、医局員の先生は、手際が悪いので、何度も何度も細かい修正が必要なわけです。

そこを患者さんは、「手際がいい」を「そっけない」と取り、「手際が悪い」を「一生懸命熱心に丁寧にやってくれた」と、受け取ったわけです。


もちろん、人柄もあるでしょう。
腕前さえ良ければ良いというものではないんだな〜と、強く印象に残ったできごとでした。