今朝、出勤してきてメールをチェックしていると、ある歯科医院用アポイントソフト会社からのメルマガが来ていました。

あまりそういうメルマガは真剣に見ないのですが、タイトルが面白そうだったので読んでみたところ、いわゆるインターネット予約の良さを宣伝する内容でした。

うちで導入しているアポイントソフトもインターネット予約機能を備えたていますが、稼働させたことはありませんし、今後もよほどのことが無い限り使うことはないと思います。

実は、このソフトを導入したときに、いずれはインターネット予約もできるようにしようと考えたのですが、現実にはとても難しいことがわかり、今ではまったく考えておりません。



予約の取り方というのは、どこの歯科医院でもトラブルの原因となりやすいので、あの手この手で工夫していることのひとつ。

記入漏れやダブルブッキングなどは、その最たるもの。

また、それだけでなく、処置の内容によっては、時間の取り方や、並行しておこなう処置の内容にも注意が必要です。

ただ、時間が空いているからそこで時間を取る、というものではないんですね。

しかも、同じ処置でも人によって時間がかかる場合とそうでない場合があり、本当に「ケースバイケース」。

ですから、きめ細やかさが必要で、そういった対応をコンピューターに入力して対応させるというのは至難の技。

手前味噌ですが、現在のうちの状況で、あまり患者さんをお待たせしないでいられるのも、今までの数々の工夫の成果。

もちろん、まだ改善すべき点はありますが、それでもインターネット予約に追いつかれるのはまだまだ先でしょうね。