歯科医院という狭い世界に生きていると、どうしても井の中の蛙状態になってしまうことは、ある程度は避けられません。

それを打開するのに良い方法は、とにかく研修会に出たりして、外の空気を吸う事。

勉強会も良いのですが、だんだんと「なあなあ」のところがでてきてしまい、「ま、これくらいで良いか」という姿勢になり勝ちです。

しかし、研修会では、そういった甘えは許されません。

自分の狭い世界だけにいると、自分のレベルって、なかなか良い方かな?などと思い勝ちなのですが、もっともっと上のレベルの人からみれば、噴飯物かも?という気付きがいつも必要です。


以前、ある先輩のところへ見学に伺った時、「うちでは、こんなところまでやっているんだよ」という自慢(?)をされたことがありますが、へっ?その程度のことって普通じゃないの?と思ったことがあります。
別にうちがハイレベルというわけではなく、その先輩ですら、ものによってはそういう(自分のところはキチンとやっている)錯覚に陥ってしまうわけです。
(ちなみに、わざわざ見学に行くくらいですから、やはりレベルは高い歯科医院なんですよ)

下を見て満足するより、上を向いて、いつも不満でいたい。

そう考えています。