04543523.JPG生来のへそ曲がりな性格のせいか、私はネットの情報をあまり信用していません。

が、そんな中で意外に素直に信用するのが「同業者のブログ」。

もちろん、会ったこともない人や、書いている内容が自分の肌に合わない人のものは問題外ですが、ちょっとでも凄いな〜と感じさせる内容をキチンと書いている人のブログは必ずチェックします。
(ここで言う「キチンと」とは誤字脱字が少なく、おバカな言い回しや敬語を使った文章ではないという意味です)

どんな診療をしているのか?
院内のシステムにどういうポリシーで臨んでいるのか?
最近、どんな勉強をしているのか?
面白そうな講習会情報。

などなど・・・・。

先日、思わず笑ってしまったのが、家族から「あんたのブログは同業者にしかわからん。患者さんには不親切」と言われたというあるブログ。

確かにそうだろうな〜と。

でも、すごく参考になるんですよね。

ちなみに、そのブログが面白くてその先生の講演をわざわざ大阪まで聴きに行ったことも。

翻って、自分のブログはどうなんでしょう?

いつも患者さんの顔を思い浮かべながら書いているつもりなんですが・・・。


(今日の写真は、うちの医院を建て始めたころのもの。嬉しさ八分、不安二分という小心者のくせに、妙に開き直りが早い自分のことをすごく感じたころのものです)