605200今日は、個人的にちょっとした記念日。

毎年この日が来るたびに、「あと、何年仕事ができるのかな?」と考えます。
それは、体が元気かどうかという問題だけでなく、ちゃんと時代に沿った内容の医療を提供できるのか?ということも考えるからです。

振り返れば、私が歯科医師になって30年(!)
歯科医師免許を取得した当時は、まさかこんなに歯科処置が変貌するとは想像すらできませんでした。
そして、その進歩は加速しています。

幸い、私の周囲には時代のトップランナーとして立派な友人が何人もいます。
歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士に加え、歯科知識のあるコンピューターの達人などにそれぞれ数人。

こういうネットワークのおかげで、現在の私もなんとか時流に乗れているのです。

せっかくのネットワークを生かせない化石とならないために、今日は自省の日かもしれません。