Tb1328i昨日の春分の日は、私が所属している勉強会の症例相談会でした。

医療関係者の勉強にはいろいろな方法があります。

学校の授業のように、一方的に話しを聞く講演会。
自分の治療について発表し、参加者に意見を求める症例発表会(もしくは検討会)。
現在治療中の患者さんについて、これからどうすべきかの意見を求める相談会。

その他実習を含めて様々な方法がありますが、それぞれに長所・短所があります。
が、いずれにしても、今の自分を客観的に判断してもらえ、自分の臨床能力があがれば目的は達せられるわけです。

昨日の相談会では、自分だけでなく他の参加者の症例相談も見学できたので、非常に中身の濃い、充実した内容でした。

自分はまだまだ、と落ち込んだり、意外と良いのかな?とうれしかったりと、アップダウンも激しかったのですが、治療に対する意欲が高められ、指導医の先生には感謝しかありません。