Te23iここのところ、毎週日曜日は全て研修会。

昨年、49回も研修会に出席していたので、今年はセーブしようと思っていたのですが、やはり知りたいことが次々と出て来てしまいます。

ところで先週の日曜日は、私が自費の部分入れ歯の技工をお願いしている歯科技工士さんを講師に迎えての勉強会でした。
内輪の友人関係、先輩後輩関係ばかりの出席者だったのですが、ちょっと声をかけただけで20名ほども集まってくれました。

当日、いきなり講師から「先生もちょっとお話してよ」と言われ、急遽お話をしたのですが、私がお話したのは「ちょっとしたコツ」の「ちょっとした細かい気遣い」。

学校でも教わりませんし(いや、教わってもさほど重要と思われないんです)、教科書などでも気づかない程度の記載しかないのですが、とても重要なところ。

案の定、質問がいくつかでましたから、皆、知らなかったのでしょうね。

「神は細部に宿る」という言葉の出典は諸説あってハッキリしないそうですが、いくつかある説のうち私が気に入っているのは、ある建築家が教えた学生たちが細かいところを蔑ろにし勝ちなのを見て発した言葉という説。

木を見て森を見ずという言葉もあるように、全体を俯瞰することもとても大切ですが、歯科医療は小さなことの積み重ねもとても大切です。