DSC03378今更ですが、宅急便が発達したおかげで、歯科業界も業態自体が大きく変化しました。

それは、「遠くの技工所さんにも仕事を頼める」こと。

かつては、医院内に技工士さんが常駐していたか、近所にある技工所さんとの連携しかなかったものですが、宅急便のおかげで場所を問わず仕事ができるようになったおかげで、腕が良かったり、特殊な技術を持っているところとも自由に仕事ができるようになりました。

でも、その影で梱包用の箱(&クッション材)が多量に必要に。

なので、ついつい箱を溜め込んでしまうのですが、それがいつのまにかご覧の量に・・・。

気にはなっていたんですが、「いつか使うかも」と思ってしまってなかなか整理ができなかったんですね〜。
それを昨日スタッフが整理してくれました。

写真は、これでも一部。

ひとまず必要な量って、整理してみるとそんなに多くないんですね〜。