kids01さて、多くの8020 達成者(80歳で20本以上の歯がある)以上に、80歳で28本以上(親知らずがあれば32本)の方々の育って来た時代背景を考えると、おそらくほとんどの方が矯正治療は受けていないはず。

そうすると、その歯が長持ちした「良い歯並び」は、持って生まれた骨格もありますが、呼吸、嚥下や食生活などが適切だったと思われます。
そして、最近の花粉症の蔓延(から口呼吸になりやすい)や、柔らかい離乳食や食事の内容から、骨格の成長に大きな影響が出ており、それが故に歯並びの問題を起こすことが考えられます。

とは言え、今更、過去の生活に戻ることはできません。
なので、それに近い成長発育を取り戻す方法として、機能矯正は有効ではないかと個人的には、考えています。