DSC03571朝、出勤すると決まった仕事があるのですが、それを終えて、今朝は模型のマウント。

以前にもこのブログで書きましたが、噛み合わせに問題があると思われる患者さんは、型を採り、模型を起し、咬合器(噛み合わせを診る器械)にくっつけます。
このくっつける作業をマウントと言います。

うちでは、ダイナミック・フェイスボウという器械を使い、顎の運動記録を採って咬合器をセッティングします。

やるまでは面倒臭いのですが、一旦始めるとかなり面白く、真剣になります。

保険請求もできず、自費請求もしていないので、「趣味」かも?という領域ですが、だからこそ楽しいのかもしれませんし、患者さんが治って喜んでくださると嬉しいですので、ついついやってしまいます・・・・。

(あ、技工士さんみたいに綺麗な仕事ではありませんが・・・・)