19129_b~The-Marina-at-Argenteuil-1872-Posters昨日の休診日は、私の治療のために、友人の歯科医師に診てもらいました。

と言っても、どこかに不具合があるわけではなく、どこかに問題がないかを診てもらうため。

まず採血を済ませ、軽く口の中をチェック。

自分では解らなかったのですが、右上の奥歯が欠けているそう(!)
恥ずかしながら、まったく気づきませんでした。

舌触りが悪い訳でもありませんし、当然しみるといった症状もありません。

もともと食いしばる癖はあるのですが、そのせいかかなり歯がすり減っているようです。
ちなみに私の歯は3カ所だけ詰め物をしているのですが、使っている材質は22K と 24K のゴールド。
この金属特有の「柔らかさ」で問題を回避できていると思っているのですが、友人も同意見でした。

いろいろ相談しているうちに、調整をしたほうが良いだろうという事になり、急遽、咬合調整を。

で、この結果にビックリ!
とっても楽になったんです。

いやぁ〜、こんなに変わるの?というくらい。
彼女の(女医さんです)師匠の教えを聴いたことはあったのですが、こんなにも実感できるとは!

ああ、また学ばなければならないことを見つけてしまいました・・・・(^^;