07fbacdc-s11月に入り、朝の冷え込みを感じるようになって来ました。

この季節、診療室内の温度管理がなかなか難しい季節です。
出勤してから暖房、午前中のうちにエアコンを止め、お昼過ぎからは冷房とエアコン君にも負担がかかります。

さて、今月もセミナーの講師をやる予定ですが、先月と違い、若手の歯科医師が対象の勉強会での講師。
なので、少しその辺りを意識した内容にすべく、パワポを作り、昨日完成させました。

私の演題は部分入れ歯についてなのですが、若手のうちはどうしても苦手意識がまとわりつきます。

とにかく、部分入れ歯となると患者さんはほぼ絶対と言って良いほど自分よりも年長。
様々な経験を経ていますから、技術だけでなく人間対人間として自分をためされるようなところもあるわけです。

それに、部分入れ歯は「人それぞれ」という言葉が当てはまる事例の多様性もあります。
同じように作っても患者さんからの評価は様々です。

私自身も「同じように作っているんだけどな〜」と随分と悩んできました。
そして、様々な経験を積んで今のスタイルがあります。

できることなら、私のようにあれこれ悩まないで早く自信を持てるようになってもらいたい。

経験や勘という「職人技」に頼らず、システマチックに「ある程度の結果」が出せるような内容にしたつもりですが、さて結果はいかに?