D7QcsU9Whrwx歯科治療の進歩は、使用材料の進歩とリンクしている部分が非常に大きいと感じています。

特にここ数年は、私が歯科医師になった30年(!)前には想像すらしなかった方法や材料が当たり前のようになってきています。

今日の写真のコンポジット・レジンという樹脂系の詰める材料もそのひとつ。
材料の進歩という事で言えば、おそらく最も変化が著しいものではないでしょうか。

以前であれば、ムシバの処置で削って型を採って次回に銀歯(保険の場合)をセットという流れだった処置が1回で終われることが本当に増えました。
私が歯科医師になったころは、奥歯の治療にはとても使えるシロモノではなかったのですが、今やなくてなならない材料です。

見た目にも白く(治しているように見えないという意味で)、削る量も少なく、通院回数も少なくて済むというメリットは本当に大きいですね。

とは言え、ムシバの形によっては適応できない場合もありますし、耐久性については個人的には食生活の影響が大きいように感じています。