DSC_1549









今回のコロナウィルス問題で、感染対処は当然のことながらマスクやグローブの流通が滞るということから在庫の把握という課題が浮き彫りになりました。

今までは、セールの時などにまとめ買いし、不足しそうになったら買い足すという感じでした。
そして、在庫も段ボールに入れっぱなしで積み上げているだけ。

なので、この機会にいったい1日でどれくらいの消耗があり、どれくらい在庫があるのかを把握しどれくらいのストックを抱えておくべきか、と対応策をとっています。

その一つが在庫の「見える」化。

棚を購入し、必要な消耗品がどれくらいストックされているのかを一目でわかるように整理しています。
まだ途中ですが、見えるようにすることで随分と把握しやすくなりました。

これからさらに精度と確度を上げ、無駄なくしかし不安なく診療に支障のでない在庫管理を目指します。