DSC_1750


今日の写真は、技工士さんから送られてきた写真です。

緑色のワックスで作られている歯をこれから製作するのですが、このたった3本の歯を作るためには、失われた部分の歯並びを最終的にどう作るかを把握しなければならず、その結果によって大きさ、形がまったく異なってきます。

患者さんは型さえ採れば出来上がり、と思っていらっしゃるのですが、その過程で様々な相談を技工士さんとやらなければこういう患者さんの治療はうまく進みません。

実はこうした「最終歯並びを予測しながら」被せ物を作るこの手間は、時間がかかりセンスを問われ、とても大切なプロセスなのですが、保険診療では全く評価されません。

でも、こうして丁寧に作業してくれる技工士さんに仕事をお願いし、それに応えてくれる腕前の方と仕事をしているというのは、私がとても大切にしていることです。。